2010/3/22  13:14 | 投稿者: 江夏亜希子

始まりましたね、春の甲子園。
今、第2日目第2試合が終了!
初出場、宮崎工業高校、初戦突破です。

義姉(兄嫁)である「きょうみちゃん」のお父さんは、
宮崎工業高校野球部の前監督なんです。
だから、今回の甲子園は特別思い入れがあります。

きょうみちゃんのお父さん「かつよしお父さん」(子供たちは「Kじい」と呼ぶ)は、
今日、父の帽子とジャケットを着て甲子園に行ってくださったとか。
アルプススタンドのどこかにいらっしゃるのでしょうね。

甲子園出場が決まって、野球大好きだった父も楽しみにしていたみたいです。
3年前、父の母校・泉ヶ丘高校が春の選抜に出た時も大騒ぎでしたからね。

そういえば、大学1年から2年生に進級する春休み。
父が車(会社で扱いはじめたばかりの「キャロル」)を買ってくれ、
陸送を心配して、一緒に鳥取まで乗って行ってくれたことを思い出しました。
宮崎港から大阪南港までフェリーに乗り、
高速に乗らずに地道で鳥取まで向かう途中で、
「そういえば、今、甲子園やってるがね。
 お父さんは行ったことがないから、行たっみろかい!」
と、甲子園に寄り道。
今みたいにカーナビもない時代。
地図を見ながら球場にたどり着き、近くでなんとか駐車場を見つけて停め、
短時間でしたが二人とも初めての甲子園での高校野球観戦を楽しみました。
どこの高校の試合だったかも忘れるくらい、地味な試合でしたが、
お父さんは、「すごい!」「すごい!」「やっぱりよかね〜!」と、
終始大興奮! 
少年のように目をキラキラさせていたのを昨日のことのように思い出します。
(もう、ちょうど20年前だ・・・)

今日も、かつよしお父さんに連れて行ってもらえて、よかったね。

宮崎工業、次の試合も頑張れ!
父に1試合でも多くの試合を見せてやってください。
3




AutoPage最新お知らせ