2009/6/22  16:44

東御市婦人科検診2009スタート!  分類なし

今日から2009年の東御市婦人科検診がスタート!
早起きして長野新幹線に乗り、7ヶ月ぶりにやってきました。
今年で三年目になり、口コミもあってか、受診申込者が急増しているらしく、一日の予定数も去年までの50〜60人から70〜90人に!
嬉しい悲鳴!
…のはずが、初日の今日は何故か予定数を大幅に下回り、昨年並の数で終了。
少し拍子抜け?
でも、今日も比較的若い方が多く、
「初めて受けました!」とか、
「毎年受けるようになりました!」
という声を聞くと、やっぱり嬉しいし、励みになります。

今は病院から駅に向かう途中、道の駅「雷電くるみの里」にちょっと寄り道。
検診後のお楽しみ、くるみソフトを食べながら、東御市出身の大横綱・雷電の銅像の後ろ姿を眺め中。

11月まで月に2〜3回、命の洗濯がてら通ってくるのがたのしみです!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/16  0:28

金の斧・銀の斧  ペット

あんこさんは、私とお風呂で遊ぶのが大好き。

私がお風呂に向かうと、尻尾を振って一緒にお風呂場へ。
私が湯船につかるのを見ると、居間に走っておもちゃを加えてダッシュで戻ってきて、
お風呂場に「ぷいっ」とほおり投げて、
私に投げてもらおうと、脱衣所に伏せして待ちます。

「おもちゃ、投げて!」とうるさいので、投げてあげると廊下や居間に走り、
また走って帰ってくるのを繰り返すうち、
私が湯船にいる時間が長くなると、いよいよ湯船の中に「ぽちゃん」と・・・。
(微妙に前足は湯船につける!前足浴???)

クリックすると元のサイズで表示します

この顔をみると、ついつい聞きたくなるんです。

「あんこちゃん、あなたが落としたのは、金の斧ですか?それとも銀の斧ですか?」

「いいえ、その噛み砕いたサッカーボールです。
     なんでもいいから、早く投げてください!!」

クリックすると元のサイズで表示します


正直でよろしい。
ママがお風呂からあがったら、ご褒美をさしあげましょうね。
4

2009/6/16  0:12

春の関東連合で、またミレーナの話。  産婦人科診療

6月14日(日)、春の「関東連合」。
日本産科婦人科学会関東支部会の学会が開催されました。
昨年秋の学会は、11月に宇都宮で開かれ、レボノルゲストレル放出子宮内避妊システム「ミレーナ」の使用経験について発表したのですが、今回はその第2報として、ミレーナ使用者に行ったアンケート結果について発表しました。
詳しい話は、クリニックブログ向けに書きますので、書けたらまたお知らせしたいと思いますが、非常に満足度が高いという結果でした。

やっぱり学会発表を控えて準備でピリピリしていましたが、
終わってほっとしました。
しかも、前回の発表は初日の第1演題で、聴衆はほとんどいないという切ない状況でしたが、今回は結構聞いてくださる方が多くちょっとキンチョー。
(そのせいではないでしょうが、1回PC操作を誤って、スライドが逆戻り!!焦った〜!!)

質疑応答で、とある大学病院の先生から
「大学病院ではなかなか使う機会がない(もともと避妊に適応のあるもので、しかも自費診療なので、大学病院ではなかなかそのような患者さんは来られない、という意味で)なので、貴院のようなところで沢山症例を重ねてこのように報告してもらえるとありがたい」
というお言葉をいただき、とてもうれしかったです。

やっぱり、学会では発表をしなくてはいけませんね。

0

2009/6/7  23:44

子宮頸がん制圧を目指す専門家会議HPVセミナー  産婦人科診療

水泳ドクター会議の総会が終わってほっと一息。夜は懇親会+プチ打ち上げをして、ようやくゆっくり眠って、気持ちよい朝を迎えました。
天気もよくて、遊びに行きたい気持ちを抑え・・・
朝からセミナーをうけてきました。

子宮頸がん制圧をめざす専門家会議ゼロプロジェクト」のHPVセミナーです。

この会は、自治医大さいたま医療センター教授の今野良先生が実行委員長で、
より精度の高く費用対効果にすぐれた子宮頸がん検診(細胞診+HPV検査)を確立し、子宮頸がん検診の受診率50%以上を目指すとともに、HPVワクチンの早期承認と公費負担の実現を図ることで、子宮頸がんの予防、征圧を目指すために設立された会。

今回のセミナーでは、HPV研究の世界的権威であるF.Xavier Bosch先生を講師に、子宮頸がんとHPV、そしてその予防としてのワクチン投与、検診システムの世界的流れについて、非常にクリアで勉強になるものでした。
まさに「目から鱗」!の話もたくさんで、
「行ってよかった〜!」と思える会でした。

先日の、「性と健康を考える女性専門家の会」での発表の中でもお話しさせていただいたのですが、やっぱりこれからの子宮頸がん検診はHPVにシフトして行くのが当然の流れのようです。
だって、HPV(中〜高リスク型)感染のない女性が子宮頸がんになる確率はほとんどないのですから。
それに、諸外国ではすでに始まっているHPVワクチンも早く使えるようにしなければならないですね。しかも、どれだけ公費負担を取り付けるか???
さらに、HPVワクチンは性交を始める前に接種しなければいけません。
日本では小学校低学年〜中学生のうちに接種することが必要ですが、
本人へ、そして保護者の理解をどうやって取り付けるのか?
課題は山積みです。
詳しい話はまたゆっくり書こうと思います。

同時通訳で、講演を聞きながら、
「これから、どうやって進めていこう?」
と、いろいろかんがえさせられた2時間でした。

講師のF.Xavier Bosch先生、日本語読みは「フランシスコ・ザビエル・ボッシュ」先生ですって。
今野先生が講師紹介のとき、
「その昔、宣教師フランシスコ・ザビエルが初めて日本にきたときと同様の衝撃を与える話」
とおっしゃっていましたが、それだけのインパクトのある話でした。

この会・セミナーの案内は、「性と健康を考える女性専門家の会」からいただき、
「ありがたいな〜」と思いつつ、アンテナを立てておくことの重要性を感じましたし、
会場も家からすごく近いところで、
「やっぱり、東京にいるっていうことは、こういう時にアドバンスなんだな〜」
と、本当にありがたく思いました。
0

2009/6/7  23:35

日本水泳ドクター会議総会  スポーツ医学

年一回の日本水泳ドクター会議総会が6月6日に終了しました。
今年から事務局が移行したこともあり(といっても私は事務局次長に留任なので、
一見変化はないのですが)、とにかく準備が大変!
会議の創設以来、事務局が東大の武藤教授のところにあり、私も2004年10月からは週一回リサーチフェローやポスドクとして研究室にいっていたので、なんとか仕事していたのですが、今年の4月以降は東大でのポスドクの立場を返上し、新しく渡部事務局長と一緒に仕事を進めていかねばならないのですが・・・なんといっても新体制になって勝手がわからない!!
試行錯誤しながら、会議のさらなる発展を目指して頑張らなければいけないですね。。。

総会と水と健康医学研究会は、盛会に終わり、ほっと一息。
でも、欠席者への資料の送付など、いろいろ仕事が残っているんですよね。
来週の学会が終わったら、頑張ります!
0

2009/6/1  23:10

6月に入って、PCもダイエット!  プライベート

片頭痛の夜も明け、かなり楽になって6月1日の朝を迎えました。

今日はお休みの月曜日。
でも、総会も近いし、またまた朝から机に向かって、
「色々仕事があるな〜」
とブルーになりながら、PCを立ち上げたところ、

動かない!!

「メモリー不足でメールが開けません」
という冷たいメッセージ。

持っていたCDに写真とか重そうなものを焼いたりして、なんとか軽くしようとしても、
焼け石に水状態。
1枚のCDを焼くのに何時間かかるんだか???

で、「○ま〜だでんき!」までお出かけして外付けハードディスクドライブを購入。

なんでもっと早くこうしておかなかったのか?

PCのこと、本当に苦手なんです・・・私。

こんなとき、頼りになるのが旦那さま。
一生懸命PCの大掃除?ダイエット?をしてくれて、ようやく快適に動くようになりました。

そういえば、実家のPCも動かなくなってるってお母さんが言ってたな〜。

たぶん、同じ状態なんだろうと思うんだけど、
今度旦那さまを連れて帰るまで、待てる???

・・・今日は一日中、頭の中を、「○ま〜だでんき!」の歌が回っています(泣)。


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ