2008/2/26  23:27

仕事復帰  分類なし

本日、午後から診療に復帰しました!
自転車にも三週間ぶりに乗りましたよ。
全く痛みもなく、快調です(^^)v。
久しぶりに外来に出て、すごく新鮮な気持ち。
「私、やっぱり仕事・外来が好きなんだなー」
と再確認。
帰りがけに鍼・灸の治療に寄って、夕食を食べたら、さすがに心地よい疲れが…。
ぼちぼち本調子に戻していきたいと思います。
とりあえず今日はおやすみなさい。
0

2008/2/25  0:25

術後二週間  分類なし

評判の?、あんこの寝姿。ほぼリアルタイム実況です。
ペットの飼育書みたいなのを読むと、寝る時はケージに入れるなど別にしたほうがいいと書かれていることが多いのですが、昼間に一人ケージの中で留守番している時間が長いので、我が家は「超・興奮状態」の時を除き、フリーにしています。で、一緒に寝ることになる訳ですが、ふと気付くと、こんなふうに川の字になってます。目を開けるとあんこの顔!という状態。
でも、今この写真を携帯で撮ったら…音で目覚めてしまい、うつぶせで携帯からblog更新している私のお尻の上に移動…。私、寝返りうてませんけど(汗)。
あ、私、術後二週間。こうしてうつぶせで寝られるほど快復しております(^^)v。
術前の偽閉経療法による更年期障害のようなホテリ、発汗と不眠(寝ても数時間で目覚める。ただし睡眠導入剤を飲めば朝まで眠れる)は続いていますが。
あ、数時間に一回、ほてりが来るのですが、お酒を飲んでいる時にこれが来ると大変!血圧が一気に下がるようで、すごい冷や汗とともに、座ってもいられなくなります。…この機会にお酒はやめるべき?(最近特に弱くもなってきてたし)
それはともかく、さぁ、火曜日午後の仕事復帰に向け、ぼちぼちエンジンをかけ始めるとしますかね…。クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/2/21  10:09

カナシイシラセ・・・  ペット

週末、母があんこを連れて東京に来てくれました。
その最後の晩に、母から聞いた、悲しい知らせ・・・。これを書かなくては、と思いながら、なかなか書けずに今日まで引っ張ってしまいました。

実家の愛犬、「チーム・ダンビーズ」の兄、パワーが亡くなったと。
それも、私が2月7日に無事手術を終えた翌朝・・・。

7日の朝は、いつも通り元気に父と散歩をし、ご飯もよく食べたそう。
そして、8日の朝。
父がいつものように散歩に呼んでも出てこないので、庭に見に行くと・・・1本の木の下で、うずくまっている姿が見え、眠っているのかと近づいたら、既に息絶えていたと。
本当に、眠るように。

母はもちろん、その日すぐに父から知らされたそうなのですが、私の手術が終わったばっかりだし、「落ち着くまで教えないでおこう」と気を遣ってくれたよう。
本当は飛んで帰ってお別れをしたかっただろうに・・・申し訳なかったです。

手術が終わってあの晩は、さすがに私もうんうん苦しんでいた時。
その頃、パワーは・・・きっと私の何かを持っていってくれたんでしょうね。

パワーは私がちょうど研修医1年目に我が家にやってきました。
11歳半ですから大往生ですよね。
きっと寿命だったんだ、と思っても、でも悲しいし寂しいです。
毎日一緒に暮らしていた両親の寂しさは、私の比ではないでしょう。

ちょうど、「犬と私の10の約束」なんて映画が公開されるなど、「犬の十戒」という詩が話題になっていますが、パワーは家族の誰の手を煩わせることも無く、一人で逝ってしまいました。

パワーは、心優しく穏やかで賢い、本当にいい犬でした。
とても甘えん坊で、わきの下をなでてあげると「うっとり」目を細め、止めると「もっと、もっと!」って手を上げて催促する姿・・・忘れられません。
ずっと父の「もう一人の相棒」でした。散歩のお陰で父の血糖値もよくなったんですよ!(もちろん、「本来の相棒」である母の料理のお陰もあるけれど)

あんこと遊んでもらったのはほんの数回ですが、あんこはパワーに遊んでもらった後、急に「犬らしく」なり、ドックランでも物怖じせず普通に遊べるようになりました。
もっともっと、あんことも遊んでもらいたかった!

今はただ、11年とちょっと家の中を明るくしてくれたパワーに感謝して、冥福を祈るのみです。

合掌

クリックすると元のサイズで表示します
2〜3年前かな?凛々しい顔のパワー。

クリックすると元のサイズで表示します
パワーは、この木の下で眠っていたそう。

クリックすると元のサイズで表示します
昨年の夏。もう「お爺さん」なのに、甘えん坊の顔!
向こうでも、きっと可愛がってもらうんだよ!

ありがとう、パワー!
0

2008/2/16  6:49

空港でのあんこ。  ペット

空港の手荷物引渡し所で。
「ペット楽のり」、ホントに楽ですね。
ユウママに引き取ってもらうあんこ!
うれしくて、しっぽ振り振りです。

ユウママ、ありがとう!   クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/2/15  22:38

帰ってきた!  ペット

他の用事のついでもあって、母が都城からあんこを連れてきてくれました!

写真は、実家を出発する直前。
玄関で帰る気マンマンのあんこ。

元気に帰ってきましたよー!

私の入院中、可愛がって下さった両親、兄一家の皆さん!
ありがとうございました〜!クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/2/14  15:33

ハッピー・バレンタイインデー!  分類なし

オヤジギャグか!…というツッコミは勘弁していただいて…(笑)
おかげさまで無事に退院しました!
今、米子空港で東京行きの飛行機の搭乗待ち。
今回の入院、皆さんに温かくしていただいて、思いがけず懐かしい方々にも沢山お会いでき、本当に米子は第二の故郷だと実感しました。
また、元気に遊びに来ますね!
ありがとう、米子の皆さん!クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/2/14  10:22

ついでに「羊水」の話。  産婦人科診療

ここまで書いたら、ついでですので羊水のお話も。
羊水って何者だかイメージできていますか?
実は、胎児の尿(おしっこ)なんですよ!! びっくりするでしょ?

胎児は、へその緒を通して母体→胎盤から血液をもらってきます。これが体の中を循環すると、腎臓を通って尿として排出されます。これが羊水なんです。
子宮の中では、当然裸ん坊の胎児が羊水の中にぷかぷか浮かんでいるわけですが、羊水の中には胎児自身の垢を含む汚れが出てくるはずですよね。でも羊水は常にある程度綺麗に保たれている・・・これはなぜか?

胎児は、呼吸の練習も兼ねて、羊水を飲み込んでいるのです。
飲んだ羊水の中の垢などの成分は、「胎便」として腸の中に貯められます。出生後数日間、「海苔の佃煮」みたいな便をするのがコレです。垢を漉しとって綺麗になった水は、また腎臓を通って尿として排出されます。
こんな風に、胎児は自分がフィルターになって羊水を綺麗に保っているのです。
(染色体異常がなくその他の病気もなく正常に育っている胎児にとっては、もう母体の年齢は関係ありません)

けなげだと思いませんか?
もし、この知識があれば、「羊水が腐る」なんて発言はできなくなると思うんですけどね。

ただし、「感染」は別問題。
羊水は、「卵膜」によって外界と隔てられ、無菌状態が保たれていますが、破水すると外界と通じてしまい、感染が起こってしまいます。
ですから、破水が起こると感染が起こる前に妊娠が終わるように管理しますし、臨月になる前に破水してしまった場合は、絶対安静にして羊水が流出しないようにした上で、抗生物質を投与して経過をみるのです。

それから、「尿って汚い!」って思った人!!・・・いるんじゃないですか?(笑)
尿は無菌なんですよ!!(腎盂腎炎や膀胱炎がない限り)
これは胎児だけではなく、出生後も同じです。

今日書いたことは、実は私も医学部に入って勉強した後、あるいは医者になってから初めてピンときたこと。
こういう知識をみんながきちんと持っていたらなあ・・・と思うのです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ