2007/9/30  23:26 | 投稿者: Author

9月も今日で終わり。お彼岸が過ぎたら急に秋めいてきたなあ・・・なんてのんきなことを言う間もなく、昨日と今日の東京は、とにかく寒い!!びっくり!
今日の最高気温は20度行かなかったとか?

で、外に出るのもなんなので、今日は朝から「模様替え・衣替え大作戦」の第1弾を決行!!といっても、部屋のカーテンを変えただけなんですが。。。
実は、数日前の夜中、通販で安いカーテンを見つけて、衝動的に買ったものが今朝届いたので。

ただ交換するだけなら楽だったのでしょうが、そうは問屋がおろさない!

我が家の窓、なぜか普通のサイズではないのです。ひとつの窓はなぜか間口4m以上!普通の窓の2間分になるので、オーダーするのは、かなり高くつくし・・・。
2年前の10月末に引っ越してきたときからずっと、米子の家から持ってきたサイズの合わないカーテンを縫い合わせもせずに(恥ずかしながら洗濯ばさみでとめてた!!)、目を瞑って放置してきたのですが、あっという間に2年が経過・・・結局引っ越したいところも見つからず、引越しを断念して契約を延長したこともあり、すっかり汚れてしまったカーテンを一掃するとともに、新しいカーテンをサイズを合わせて縫い合わせる作業を、ついに本日断行しました!!

長さはなんとか既成サイズでOKとしても、間口4mですから、1m幅のカーテンを両側開きになるようにするには2枚をつないで2m幅にする必要が。
昔は持っていたミシンも処分してしまったし、遮光カーテンとレースのカーテンを長さ178cm×4箇所手で縫っていくのは、かなり根気の要る作業でございました。
でも、なんとかミッション完了!あ〜肩凝った!!

実は私、裁縫って結構好きなんです。
中学生の時には、ほぼ毎週といっていいほど日曜日はミシンを踏んでたし、暇を見つけては編み物してたのに。そういえば、中学校の時は自分の部屋のカーテン、、大学生の頃は乗ってた軽自動車のシートカバーも自分で縫ったくらい!(ま、下手の横好きってヤツで、素人の独学ですから、たいした出来栄えではなかったですけどね。)

あまりの忙しさに、自分にそんな趣味があったことすら忘れていたような(笑)。
そんなわけで、疲れた反面、結構充実感のあった日曜日でした。

そして明日から・・・国体の行われている秋田にドーピング検査に行ってきます!
ネットで見ると、天気はいいみたいですが、寒いんでしょうね。
水曜日に帰ってくる予定ですが、なんとその日から旦那さまは出張!!次に会えるのはどうも来週の日曜日のようでございます(笑)。
というわけで、夜は二人で豊洲に焼肉を食べに行って、一週間分のディナーを満喫してきました。
ここの焼肉、おいしいですよ!!
辰巳でドーピングの仕事があるときには、スタッフを連れて行きたいと思うのですが、いつも並んでて入れないんです。予約もできないし。でも、なぜか旦那さまと二人の時にはいつもOK。タイミングってありますねえ。

では、秋田に行ってきます!!

0

2007/9/22  11:57 | 投稿者: Author

先月のお盆にも帰ってきたというのに、三連休を利用して、またまた宮崎に帰ってきました!
今回は、お盆に帰省しなかった妹一家に誘われて、最後のシーガイア・オーシャンドームを楽しもうという企画。
今夜は両親、兄一家、妹一家と一緒にシーガイアに泊まります。(兄だけ当直で参加出来ないらしい…ゴメンね〜。)
今、宮崎空港に到着しました。一旦高速バスで都城に帰る途中です。一雨降った後のようで、まだまだ真夏の太陽が照り付けています。
ホントは直接シーガイアで合流したほうが早いのですが、昨夜のうちに帰っている妹一家も含め、皆が大好物の都城駅前にある「千里十里」のラーメンを食べてから、宮崎に来るとのことだったので、急遽予定変更!
これが美味しいんです。帰省すると必ず食べに行く、故郷の味の一つ。
九州ラーメンは、博多の豚骨を思い浮かべる人が多いでしょうが、南九州の豚骨は一味違うんですよ!
宮崎ブームで宮崎料理が話題ですが、地鶏、冷や汁だけでなく、ラーメンも是非お試し下さい!
写真は以前帰省した時に撮ったのに、アップ出来なかったもの。…やっと日の目を見たわ(笑)。

では、家族と一緒に楽しんできますね!
皆様も楽しい連休を!
…お仕事の方、お疲れ様です。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2007/9/19  21:54 | 投稿者: Author

夏休みに実家に帰ったときに、5歳になった甥っ子「ひろや」がしきりに聞いてきた質問。
「あっこねえちゃんはなんで『亜希子』って言うと〜?」
私は自分で説明するのもめんどくさくなったのもあって、ちょうどそばに父がいたので、
「名前をつけた『えむじー』に聞いて!!」
(注:父は、名前のイニシャル「M」から、孫たちにこう呼ばれている)
と逃げて、父にお任せ。
「希望の「希」が好きだったから、「亜細亜」みたいに大きな希望のある子になってほしかったからねえ・・・」
なんて父が甥っ子に説明するのを、遠くから聞いていました。

なんとなく、昔聞いた由来と違う気もするけど。。。ま、いっか。

私は年子の兄と1年2ヶ月しか違わず生まれてきました。
お腹の大きさ、出方、お腹の中での暴れ具合・・・誰もが「男の子」と疑わず、名前も男の子の名前(ちなみに『健(けん)』と決まっていたらしい。
で、生まれてみたら・・・女の子!!
あわてて名前を考えたとか。

最初は茜とか、瀬里奈とか、けっこう「今時」っぽい名前が候補に挙がったらしいのですが、却下。曾祖母が「さかえ」さんだったので、「さ」をもらって「さやこ」とかもあったらしいですが、これもボツ。
結局、祖母の「安子(やすこ)」から1字もらって「安芸子(あきこ)」に決まりかけたところ、当のおばあちゃんから「『安い芸の子』じゃちょっと・・・」といわれ、「音」だけ残して、当時「才色兼備、才媛の代名詞であった長嶋さんの奥さんの字をもらって」「亜希子」になったと聞いていました。もちろん、大好きな「希望の希」も入るし、実際父の同級生にも亜希子さんがいらっしゃって、美人で賢い方だったとか。

そんな感じで、私は子供の頃から「長嶋亜希子」さんという名前をたくさん聞かされて育ちました。決して表舞台に立たれることはないけれど、「ミスターを内助の功で支え続けていらっしゃるんだろうなあ・・・」と思っていました。

そして昨日、その「長嶋亜希子さん」が、急に亡くなってしまったのですね・・・。
特に自分の名前の字面なだけに、目に飛び込みやすいのか、テレビもネットも「亜希子さん」の文字が踊っているように見えます。

今朝のワイドショーでコメンテーターが、
「この方の影響で『亜希子』という漢字の『あきこ』さんが増えたっていいますよね。
 そのくらい、才色兼備を地で行く、理想の女性像だったんです」
みたいなことをおっしゃっていました。
本当にそうなんでしょうね。

亡くなって初めて、いろんな記事や報道で、「長嶋亜希子さん」について知ったことも多いように思います。どんなに素敵な女性だったのか・・・できることなら、一度お会いしてみたかったなあ。。。

心からご冥福をお祈りいたします。
そして、突然最愛の奥様をなくされた「ミスター」をはじめ、ご家族のお気持ちが少しでも穏やかに過ごされますように。

追伸:私が子供の頃、宮崎は巨人のキャンプ地であることもあり、父は間違いなく巨人ファンだったと思うのですが・・・気がつくと、なぜか「アンチ巨人」「アンチ長嶋」になっており・・・そう言い切られると、長嶋さんの奥さんの名前をいただいた娘としては、かなり複雑な気持ちでした。
そして今、父はかなりの阪神ファン!!セリーグの優勝争いに一喜一憂しているようです。・・・なんで〜〜〜????(笑)
(お父さん、反論があったら、コメント欄にどうぞ!!)





0

2007/9/16  11:14 | 投稿者: Author

昨日は久しぶりにゆっくりできる休日でした。

午前中は鍼・灸の治療に行き、昼から2ヶ月ぶりに美容院に行き、縮毛矯正。
なかなか美容院にいく時間がとれなかったからねえ。。。
気になっていたクセ毛がのびてようやく落ち着きました!

で、夜は、銀座のクリニックの(少し遅い)納涼会でした!!
今回の企画は「屋形船」。
人数が多かったので、貸切で飲めや歌えの大騒ぎ。
楽しかった〜〜!!


最初は揺れが気になって、これでお酒を飲んだらきっとヤバい(「もんじゃ」を作ってしまう?!)と心配し、「トラベルミン(酔い止め)」に手が伸びかけましたが、食べて飲んでしゃべって楽しんでいたら、船の上だということを忘れていましたね。
無事に帰還いたしました。

今回乗った屋形船は「あみ達」さん。
(「ぐるなび」でも扱ってるんですね。)
レインボーブリッジや東京タワー、お台場の夜景がとってもきれいでした。
お花見シーズンや花火大会のときもいいんだろうなあ・・・でも、花火のときは予約取れないだろうなあ。

また機会を見つけて乗りたいですね。
もしこれを見て、「江夏と屋形船に乗りたい!!」と思われた方、どうぞ誘ってくださいね!!クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/9/15  2:42 | 投稿者: Author

木曜の横浜の外来は今月いっぱいになりました。
銀座の対馬院長からの紹介で、「姉妹分」というLUNAでの診療をお引き受けしたのですが、思っていた以上にハードでした。
朝、1時間強かけて電車(朝はたまに座れないこともあり)に乗って9時半にクリニック到着したら、すぐに予約の確認(予習?)をし、お渡しする検査データをまとめます。10時から外来スタート。昼休みは急いでご飯をかきこみ、午後の予約確認と検査結果の整理。2時半から午後の外来スタート。そのまま気がつくと19時を回ります。最後の患者さんが帰られた後に、紹介状や返事書き、検査結果の郵送手続きなどなどを済ませ、クリニックを出るのは20時半頃でしょうか?・・・結局家に帰ると22時という感じです。
・・・いつも私が「残業メーカー」となってしまい、「仕事の要領が悪いのでは?」と木曜日の帰り道は疲労もあいまって自己嫌悪の嵐です・・・。

どんなに時間がかかっても、疲れ果てても、自分の診療スタイルにはどうしても譲れないことがあります。
特に
・(特に初診の方には)時間をかけてお話をうかがい、必要な情報を丁寧に提供すること。
 (これから行う検査の内容、大体の料金についてもできる限り説明する)
・検査結果の説明はきちんとして、紙にまとめてお渡しすること。
 (もし他の病院に行かれても、その紙を持っていけば次の担当医がある程度状況を把握でき、不要な検査を重ねて受けなくてもいいように書いておく。)
という2点は押さえておかねばならないと思っています。

しかし、現在の医療制度では、これらのことには残念ながら「保険点数」は算定されません。何も説明無しでいきなり検査をしても、どんなにゆっくり時間をかけて説明して、結果表を作ってお渡ししても、診療報酬は一緒です。(意外とこの点を知らない患者さんは多いですね。)
もちろん、医療機関が潰れてしまっては元も子もありませんから、収益を考えると、ある程度の「数」をこなす必要がありますので、一人の患者さんにかけられる時間は限られてきます。・・・そこにジレンマを感じながらの診療になるわけです。

その点、ウィミンズウェルネス銀座クリニックには、「初診の患者さんは自費診療、その代わり、ゆっくり時間をとってお話をうかがい説明をする」という基本方針があります。
この考え方、まだ今の日本にはなかなか馴染まないかもしれませんね。
実は私自身も、はじめは「健診(もともと保険適応なし)はともかく、症状があって受診される患者さんの診療まで自費にするのはいかがなものか?」と思っていました。それもあって、最初は銀座で仕事をすることに抵抗があったくらいです。

しかし、昨年末から銀座のクリニックで仕事をさせていただくうちに考え方が変わってきました。本当に自分が望んでいる診療のクオリティは、保険診療の守備範囲内だけではとても見合わない、ということを実感してきたのです。

そう考えると、昨年のイーク丸の内でも、この木曜日の横浜LUNAでも、「サービス残業」のような形をとらざるを得ず、心身ともに大きな疲労感を感じていたのは、保険診療の範囲でそれ以上のクオリティを保とうと頑張りすぎて結局は自分の首を絞めているような状態になっていた、ということが何となくわかってきました。
(昨年の今頃の日記を読むと・・・毎日午前様でしたからね。)

とかく、日本人は医療に対して、まるで空気や水のように「無料・無償のサービス」であることを求めがちです。国民皆保険が当たり前になっているのは非常にいい、ありがたいことなのですが(国民皆保険の無いアメリカの医療の現状は、今話題の映画「SiCKO」を参考にされるといいかもしれません。)、今の日本ではその弊害も大きいといわざるを得ないと思います。
しかし、最近の「『たらいまわし』事件」などからもお気づきかもしれませんが、医師不足が叫ばれる世の中、医療もある意味では「限りある資源」です。
さっき、「空気や水のように」と書きましたが、最近、特に都会では水道水を普通に飲むことはあまりなく、「おいしくて安全な水」のためには高いミネラルウォーターでも買って飲むのが当たり前になっています。そう考えると、医療だってある程度のクオリティを求めるのであれば、それなりの値段で評価されてもいいのでは?・・・そう考えるようになりました。
それもあって、10月からウィミンズウェルネス銀座クリニックに常勤医としてお世話になることを決意した次第です。

その初診の値段も、「高い!」と思われる方がいらっしゃると思います。
確かにコースで受けると結構な値段がするのですが、初診の際、一番手ごろなのは、婦人科検診(子宮頸がん検診+経膣超音波検査)で1万5千円。35歳以下の方なら「AneCan検診」という子宮頸がん検診+超音波+クラミジア検査で1万3千円というキャンペーン検診もしています。
毎月美容院に行く値段や、洋服1枚、バッグや靴、アクセサリーなどの値段をちょっと考えてみてください。
健診は年一回と考えると、決して法外な金額設定ではないはずです。
自分の健康のために、少し予算を回してみませんか?

もちろん、保険診療と一線を画したクオリティを保つためには、私自身「女性外来のプロ」として、より一層、努力をしなければいけませんから、身の引き締まる思いです。
皆さんのご期待に応えることができるよう、これからも努力して参りたいと思います。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

初診は自費診療でゆっくり時間をかけて説明させていただいた後に、何か異常があったり、処方など継続しての診療が必要になった場合には、再診からは保険診療となりますのでご安心くださいね。
0

2007/9/9  6:19 | 投稿者: Author

たった今、ラグビーワールドカップ、日本チームの初戦がキックオフになりました。
実は、日本代表の中に幼馴染がいるんです。
プロップの西浦達吉選手です!!
もう31歳ですからチームの中でもベテランの域。
夢をかなえてその場にいること、本当にすごいと思います。
今、テレビで見ると、スタメンではないようで、残念ですが、出番が来るのを心待ちにしながら応援したいと思います。。

初戦から、ラグビーの本場・オーストラリアが相手。
かなり厳しいですが、かなり気合が入っている模様・・・。
あ、今、選手が一人負傷(?)してドクターが映りましたが、この方も実は、兄と医局の同期で、私自身も日体協のスポーツドクター講習を受けるときに一緒になり、挨拶したことがあります。
都城はもともとラグビーも盛んな土地柄ですし、その兄も大学時代ラグビー部だったのもあり、ラグビーの試合はたまに見ていましたが、今回ほど親近感を持って全日本の試合を見るのは初めてかも。

ラグビーは、まだあんまりメジャーではないので、ルールもわかりにくいんですが、テレビを見ていると、結構丁寧にルール解説もあり、かなり工夫されているようですね。

皆さんもぜひぜひ応援してくださいね。
・・・って、私明日も早いので、早く寝なきゃいけないんですが・・・。

0

2007/9/8  23:25 | 投稿者: Author

今週末は東京辰巳国際水泳場で開催されている競泳のインカレ(全日本大学選手権)のドーピング検査に参加しています。

今年は3,4,5月に短水路、日本選手権、シンクロ日本選手権と立て続けに検査に参加し、夏場に入ってからの水球・飛込の日本選手権や世界競泳には行かなかったので、なんだか久しぶりで不思議な感じです。

インカレを見ていると、2年半前にチームドクターで参加した第1回ジュニアパンパシフィック選手権の選手たちがすっかり主力になっていて、
「あ〜、高校生だったあの子達がすっかり立派になっちゃって!!」
と、感慨深いものがあります。

みんなが満足のいく結果を残せるといいのですが、やっぱり、競っていて交わされちゃったとか、決勝に残れなかったとかいう選手のほうが気になってしまいます・・・。
逆に、今回すごくよかった選手も、これからずっといい時ばかりではないし。
「目先の結果」にかかわらず、「人生の勝者」になってほしいなあ・・・と心から思います。

今日の昼休みにうれしかったこと。
いつも選手の活躍を映している、そして日本選手権などではCMに使われているオーロラビジョンで、「大会の裏方」さんの紹介を映していたこと。
計時や速報、召集とか大会の運営を陰で支えている人たちにスポットライトを当てているのって、今までになかったように思います。
誰のアイディアだろう?すごく素敵でした。
ちょっとホロッときてしまいました。

インカレみたいに大きな大会でなくても、この前行った西医体とかみたいな試合でも、たくさんのスタッフに支えられて自分がこの舞台に立っている。。。
その感謝を忘れずに、スタート台に立ってほしいなと思います。
その時その時のベストを尽くせばいいんです!!

明日も好レースを期待しています。
・・・って、ほとんどレースを見ている余裕はないんですけどね、私たち。
ドーピング検査室の片隅から応援しています。
0




AutoPage最新お知らせ