2007/2/1  12:11 | 投稿者: Author

 さて、2月になってちょっと落ち着いたところで、私たちの結婚について書きとめておきたいことを残しておきたいと思います。
 「結婚する」というと、「相手もお医者さん?」といつも聞かれるのですが、違います。彼は普通の(?・・・ある意味、普通じゃないかも?)会社員です。私たちにはそれぞれ離婚の経験があり(どちらにも子供はいません)、それぞれに「結婚」に対しては当然思うところがありました。
 再婚同士の私たち、結婚に当たって「必要なもの」と「要らないもの」をまず考えました。まず「要らない」と思ったのが「婚約・結婚指輪」と「神様や仏様の前での結婚式」でした。逆に、絶対に必要だと思ったのが、「今までお世話になった方々にちゃんと報告すること」。
 だから、まずちゃんと披露宴をすること。そして結婚式は「人前式」を行うことにしました。でも、ここで困ったのがセレモニーの中の「イベント」。一般的なのが「指輪の交換」や「誓いのキス」なんでしょうが・・・指輪はないし、キスなんてありえないので。で、私たちは、ももことひろやに手伝ってもらって、「ブーケとブートニアの交換」と、「誓いの握手」をしました。

 この「握手」というアイディア、イベントが少なくて困っていた私たちに司会の方が与えてくださったヒントでピンときました。実は、我が家では、小さい頃から試験の前とか、運動会の朝、大きくなってからは駅や空港での見送りや帰省して最初に顔を見たとき(当然結婚式の前日、両親が上京してきたときも)、必ず両親と力強い握手をするという習慣があったので・・・。
だから私たちの結婚も「握手」で始めることにしたのです。(写真を見て、自分の腕の太さに目が点ですが。)
 結婚披露宴は、最初はスタイリッシュに大人っぽく行こうと思ったのですが・・・甥っ子、姪っ子をはじめ、子供も来てくれたので、子供も楽しめるように、と言い訳しながら、可愛いのが好きなんですもん、仕方ないですね(苦笑)。中でもウェディングケーキは可愛いというか、すごかった。「イチゴのクロカンブッシュ」なんですよ。この迫力には驚きました!!周囲にはイチゴの甘〜い香りが漂っておりました・・・。

長くなったので、続きはRead Moreで!
続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ