2005/7/31  9:23

「清潔」の意識、おかしくありません?  産婦人科診療

 世界水泳に触発されてか、今月はよくジムに行って泳ぎました。40分1500m位の練習ですが、このくらいが翌日に差し支えない一番いい感じです。で、その後、お風呂に入って帰るのですが、ジムのお風呂には妙な張り紙が。
 「みなさんに気持ち良くお使い頂くために、当店では『水着洗い専用洗面器』をご用意しました。水着は普通の洗面器で洗わないようにお願いします。』
 普通の洗面器は黄色、水着用は青色とご丁寧に。誰かが抗議したんでしょうが・・・ちょっと神経質すぎませんか?水着を洗った洗面器で顔を洗ったら、なんか「ばい菌」が入るのか?おかしいって!

続きを読む
0

2005/7/29  20:20

ビニールハウスのプール  競技スポーツ

 今回の世界水泳の日本選手の活躍は、どの選手も、とてもうれしいのですが・・・宮崎県人の私にとっては、松田丈志選手の銀メダルは何よりうれしい!!本当におめでとうございます!(といっても、残念ながらずっとすれ違いで、遠征でご一緒したことはないのです・・・)
 実は、私も中学校まで「ビニールハウスプール」で泳いでいました!松田君の東海(とうみ)SCの立派な家型ビニールハウスと違い、わが都城SCは、かまぼこ型の「いかにもビニールハウス!」という感じでした。
 これは私の母校、都城市立妻ヶ丘中学校の25mプールの上に、ボランティアの父兄のみなさんが張って下さったもの。真冬はプールサイドで農業用ボイラーとガス風呂を焚くのですが、南国宮崎といえども真冬は真冬。水温は完全に真水です。男の子のお腹(水面付近)は真っ赤っか!ちょっと泳ぐと頭痛がします。セット間にお風呂のお湯をバケツでかけてもらえるのが至福の一瞬。そして春合宿頃になって、ようやく水温は20度近くまで上がります。
 逆に、真夏は風通しがよくないので強烈な暑さ。循環などちゃんとしているわけもなく、水替え数日前になると、プールは「野生の王国」と化します。水は抹茶のような緑。アメンボやゲンゴロウと仲良く泳ぐのです。そして台風が来るたびにビニールが飛ばされて・・・本当におかげさまでこんなに逞しく育ちました。ありがとうございました!
 ボランティアで頑張ってくださったコーチ陣、父兄の皆さん、お元気でしょうか?そして一緒に頑張っていた選手の皆さん!・・・松田君をテレビで見ていたら、無性に皆さんと会いたくなりました。だれか、誰かこのブログ、読んでないかな?読んでたらコメントをお願いします。
 ちなみに、この妻ヶ丘中学校。偉大な先輩に「そのまんま東さん」がいらっしゃいます。いつかお会いして、都城弁で語ってみたいです(笑)。
0

2005/7/28  15:12

ふくらはぎが・・・  健康スポーツ

毎日熱戦の続く世界水泳。
BSのない我が家では、テレ朝の地上波が頼み。
午後11時10分からと、午前7時半からという放送時間に合わせた生活スタイルがすっかり定着しました。仕事が朝10時からなので、実はとっても助かるパターン。
「世界水泳と共に眠りに落ち、世界水泳を目覚まし代わりに起きる」といった毎日です。
で、今日のタイトルは・・・
初日の夜中、選手たちの頑張りを見て、なんだか寝転んで見ている(決勝になると正座!(笑))自分が申し訳なくなり、そしてこのたるんだ体が恥ずかしくなり・・・はじめてしまったのです。「ラテラル・サイ・トレーナー」。いわゆる「ステッパー」のサイドステップバージョンとでもいいましょうか?深夜のテレビショッピングでおなじみのこの品ですが、ネットで5800円と破格の安さで見つけたので買ってしまったのです。でも、日々の忙しさに箱から出せずにいた・・・で、レースを見ながら一念発起!貴田さんの1500フリーに合わせて約15分踏んでみたり。結構いいですよ。夜の予選にはもってこいです!(ただし、放送終了直前を選ばないと、入浴時間までの汗の処理に困るので注意!)
都会で夜中に一人ジョギングするのって怖いじゃないですか?だから、こういう器具を使うのです(と、言い訳)。
そしたら・・・来ましたねえ。ふくらはぎの筋肉痛。とほほです。
でも、ここで負けず、引き締まった下半身を目指し、たるんだ二の腕を引き締めるべく(腕には2kgのダンベル:これはなぜか持っていた!)頑張ろうと誓う私なのです。
0

2005/7/27  14:24

台風一過!  ひとりごと

 今日は台風一過で素晴らしい晴天。でも、とんでもなく暑く、夏、本番といった感じです。私の周囲では大した被害もなく、通勤と帰宅中に軽く濡れたくらいで無事でした。今回の台風、月曜日に私が珍しくお弁当を作って仕事に行ったからではないか?なんていう噂もありますが・・・(笑)。
 さて、「台風一過」といえば思い出すのがまたまた「おばあちゃん」のこと。子供の頃、歩いて10分ほどの距離にあったおばあちゃんの家に兄や妹と遊びに行って、帰る時におばあちゃんが必ず言っていた台詞が、「あんた達が帰ると、ほんとに『たいふういっか』だわ・・・」。私はずっと「私達が台風のようにうるさい『一家』だからだろう」と思っていたのです(笑)。
 おばあちゃんの言葉は、他にも思い出すことが多いのですが、秋の夕方、家に帰る時に言われていたのは、「『秋のつるべおとし』というから、きをつけっかえんやんせ!(気をつけて帰りなさい)」これはさすがに言われた直後に意味がわからなかったので、その場で聞いて意味はわかったのですが、どうしてもこの言葉を聞くと、「井戸のつるべの片方の桶を引き上げると、笑福亭鶴瓶師匠が、ぶら下がって、『呼んだぁ?』とか言いながら上がってくる図」をイメージして吹き出してしますのです!逆に、この前の27時間テレビでも鶴瓶師匠を見るたびにおばあちゃんの言葉を思い出していました。
 よく考えれば、なくなって15年以上経っても、孫からこんなに思い出してもらえるおばあちゃんって、本当に幸せな人ですよね・・・。
0

2005/7/26  15:03

婦人科ってそんなに・・・  産婦人科診療

 迫りくる台風の影響か、今日は久しぶりに静かな外来です。
 さて、先日からとっても書きたかったことが・・・。
 いきなりですが、皆さんに質問です。「婦人科ってそんなにイメージ悪いですか?」というか「ヤマシイことをした人が行くところっていうイメージがありますか?」・・・というのは、先日、「患者さんのお母様」と名乗る方からクリニックに電話がありました。もちろん最初は受付で対応していたのですが、要約すると、「娘の荷物の中からお宅の診察券が出てきた。見てみると『婦人科・内科』と書いてあった。娘はまさか『私に言えないような事で』かかったんじゃないでしょうね?!」と結構うろたえて・・・。
 もちろん、病名や病状はもちろん「受診した、しない」という情報まで、「個人情報保護法」もあって、ご本人の同意無しでは、たとえ親御さんや配偶者の方でもお話しすることはできません。しかし、受付でそのようなことを申しても全く引き下がる気配がなく、仕方なく私が電話に出ることになりました。
続きを読む
1

2005/7/24  23:56

世界水泳モントリオール  競技スポーツ

 先週から始まっている「世界水泳モントリオール2005」。テレビ朝日の独占放送、ご覧になっていますか?・・・という私も、勤務の時間と重なったりで、ネットで結果をチェックするのみ。今朝の放送を初めてまともに見たのですが・・・。
 今日の午前中でシンクロの競技が全て終了しました。新生ニッポン、上々の滑り出しではないでしょうか?そしてもうすぐ競泳がスタートします!
 4年前の福岡大会はドーピングの検査官として、2年前のバルセロナ大会はチームドクターとして参加させていただきました。しかし今大会は、とてもクリニックを休診にできる状況ではなく、残念ながら行くことができませんでした。テレ朝の独占放送が始まったのが福岡大会からですから、初めてゆっくりと(?)観戦できる!って感じです。でも、この4年で現場のことを少しですが垣間見、選手やコーチとも知り合いになったことで、やはり「1視聴者」という感じでは見れませんね・・・。いろんなことが気になるものです。
 テレビの画面を見ていると、2年前のバルセロナでの出来事が昨日のことのように思い出されます。スペインの日差しはとにかく強烈で、屋外で行われたシンクロ・飛び込み・水球会場では日焼けや熱中症との戦いが大変でした!今回のシンクロ決勝を見る限りでは、夕方の日が沈みかける時間に行われたようですね。寒くないのか心配したり。(日の高かった前回の方がテレビの画面的には綺麗でしたが・・・)
 今回の大会には「水泳ドクター会議」の中から男性の内科のドクターが2人帯同しています。現場でのプレッシャーやストレスは大変なものだと思います。これから大会も後半戦。「チームドクターが活躍することがない」よう、心からお祈りしています!
 
0

2005/7/23  15:24

10年前の私  分類なし

 昨夜は「素敵な後輩」と食事に行きました。
 彼女は、現在都内の病院に勤める2年目の研修医。うらやましいほどの美人です。美人と食事をするのって、いいですよね〜。うきうきします!(・・・私はオヤジか?!)
 彼女も私と同じように、学生時代から「女性のスポーツ医学」を志していて、その糸口を必死で探している中で、私の存在を知ったそうです。2ヶ月ほど前に知人を通じて連絡をいただき、会ってみたら当然のごとく「意気投合」!。そして昨日は1ヶ月に食事を兼ねて近況報告会をしたのでした。
 彼女と話をしていると、まるで10年前の私を見ているようです。(もちろん見た目じゃないですよ、残念ながら・・・)あの頃、必死で糸口を探していろんな先生に相談していた私が、まさか相談を受ける立場になろうとは。とても不思議な感じです。
 また彼女に初心を思い出させてもらいました。そして、先輩として何かをして上げられる自分になりたいなあ、と思う今日この頃です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ