2005/5/31  21:54 | 投稿者: Author

今日で5月も終わり。
昨年の11月1日に開院した我が汐留第2セントラルクリニック、丁度半年が過ぎました。患者さんのカルテ番号ははもうすぐ1000番になります。(ホントは今月中に1000番突破したかったけど。)
さあ、1000人突破のXデーはいつでしょう?
・・・1000番記念でくす玉とか割ったら変ですか???(笑)
それは冗談として・・・これからも、皆さんとの出会いを楽しみにお待ちしてます。
感謝をこめて!
0

2005/5/30  0:17 | 投稿者: Author

 今日の日曜日、たまたま買い物に行った晴海トリトンスクエアで、あるイベントが行われていました。その名も「全日本けん玉道選手権」!
 通りかかったのが丁度、3位決定戦の直前で、暇だったので立ち止まって見てみたら、これがとても面白かったのです。まさに「けん玉『道』」と呼ぶにふさわしい真剣勝負でした!
 もちろん、ルールも何も分からずに見ていたのですが、いたってシンプルで分かりやすかったので余計におもしろかったです。2人の対決で進んでいくのですが、片方が抽選ボックスからボールを選ぶと、そこに番号の書いてあり、どうも番号ごとに技の名前が決まっているようで、その技を2人で交代に試技していきます。片方が失敗したら、相手に1本。試技は3回繰り返され、両方が3回とも成功したら引き分け。3位決定戦は2本先取、決勝戦は3本先取だったようです。
 決勝は、まさに息つまる熱戦。片方が2本先取したあとに、もう片方が2本取って追い付き、その後は「タイム決戦(って言ってたかな??)」!規定の連続技を正確に早く終えた方が勝ち、というものだったようで、後の2本を取った選手が見事な逆転優勝!
 選手たちの集中力と精神力はまさに「けん玉道」と呼ぶにふさわしいものでした。各選手とも、相当練習したのだろうなあ・・・と思うと、思わず目頭が熱くなりました。とてもいいものを見せていただき、ありがとうございました。もっと多くの人の目に付くところでやってあげたら、励みになるのだろうなあ・・・。
 あと、関係ないですが、出番の終わった選手たちが、けん玉の紐を首にかけて待機している様は、まるで聴診器を首にかけたドクターの様で、ちょっと笑ってしまいました。それから何より笑えた(失礼!)のが、審判のオーバーアクション!主審・副審がいて、副審は旗を持っているあたり、剣道とか柔道のような雰囲気。でも、主審は・・・空手の演舞というか・・・そう、まるでK-1のような!!機会があれば一度ご覧ください。最高です!!
 写真はその会場の様子。ステージ中央の巨大けん玉は、「優勝トロフィー」だそうです!(場内アナウンスでも、「民芸品を飾っているのではありません」と笑いを取っていました!)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/5/28  19:59 | 投稿者: Author

 今日は土曜日。私は午前のみの診療でした。(土曜日の午後は杏林大学産婦人科助教授の矢島先生が特別外来に来て下さっています)
 さて、このところ、患者さんの数が急に増えてきて、嬉しい悲鳴を上げています。今日の午前中も、今までの「半日」での患者数の最高記録を突破しました。
 今まで通り、一人一人の患者さんと向き合って、きちんと話をうかがって(特に初診の患者さんの場合)・・・という外来のスタイルを変えないように、心がけて頑張りたいと思います。しかし、どうしても私の体は一つだけ。どんなに工夫しても物理的に限界があります。
 そこで、受診される皆様にお願いがあります。出来る限り予約をして来院をして頂きたいのです。それから、もしも急用などで来院できない、または遅れそうな場合にもご一報いただけますでしょうか?
 それから、予約の際には出来るだけどういった症状で来院されるのかをお伝え頂けると助かります。というのも、症状によって診察内容が異なるため、診察や説明にかかる時間が違います。内容によって予約枠の調整をしておけば、お待たせする時間が短くなる可能性があるからです。
 皆様に気持ちよく受診していただくために、私たちも工夫して頑張りますので、ご協力のほど、よろしくお願いします!
 
0

2005/5/27  20:34 | 投稿者: Author

ようやく今日の診療も終えてほっと一息。スタッフの帰ってしまったクリニックで一人居残りお仕事です。(だって、家に持ち帰ると眠ってしまうんですもん!!)
ところで、以前からとっても不思議に思っていることがあります。
なぜか、同じ日(時期)に、似たような症状の患者さんが重なることが多いのです。
今日は「PMS(月経前症候群)デー」で、今日の患者さんの10%を占めました。
今週で考えると、「卵巣皮様嚢腫ウイーク」って感じ。
ま、季節柄、どうしてもカンジダ膣炎(おりもの・かゆみ)の患者さんは増えてきていますが、上記の二つに関しては季節の変動は関係ないはずなので・・・。不思議ですよね。
そうそう、そういえば、患者さんのお名前も、同じような名前の人が不思議と重なるのです。
それはこのクリニックに始まった話ではなく、以前勤めていた病院でも。入院病棟のベッドネームを見ると、特にカタカナで並ぶと似ている名前が並んでいたり・・・。取り違えのないように必死でしたね。
医療版、「マーフィーの法則」、探すと結構楽しいものですよ!
0

2005/5/26  22:45 | 投稿者: Author

うちのクリニックのHPを見て下さった日経ヘルスケアの記者さんが、今日、取材に来て下さいました。
なんでも、「患者サービス」に気を遣っている医療機関の特集だとか・・・。
ソファーを置いた待合室やロッカーを準備していることが気になったそうです。そういうところはあるようでないものだと。
で、「どういういきさつでこの部屋やロッカーを準備するようになったのですか?」なんていう質問を受けました。・・・正直、困ってしまいましたが、嘘をついても仕方ないので、「ぶっちゃけ話」をしました。
実は、あの部屋はもともと診察室になる予定のブースだったのですが、完全に一部屋余ってしまった・・・で、待合を見渡して見ると、市松模様の床に小さな椅子。おしゃれな感じなんだけど、なんだかくつろげない。じゃあ、この部屋は待合いの延長にしよう!小さなお子さんを連れて来られてもいいように、ソファーなどを置いて・・・。といった感じの思いつき。本部にその交渉をしたら、開院直前に「予算○○円でそろえて下さい」と言われ、あわてて通販の「○ッセン」でカーペットとソファーとガラスのテーブルを揃えました。(もちろん、テーブルの組み立ては自分たちで)
問題点は、隣の診察ブースとの間の仕切がないこと。で、苦肉の策で思いついたのが、余っていた職員用のロッカー。患者さんの荷物も入れられるし、いいんじゃない!・・・な〜んて、ホント、すべてが思いつきの産物。
そこでありがたかったのが、ナースや事務の職員がみんな「工作」が得意なこと。気が付くと、お金をかけず、それなりに見栄えのする状態にしてくれるのです。みんなでアイディアを出し合ってああでもない、こうでもないと作ったあの部屋を雑誌に取り上げて頂けるなんて!・・・感激はしましたが、なんだか、ホント、すみませんという感じ。
でも、私たちスタッフ一同は、友達の家にでも遊びに来がてら相談していって下さるような、アットホームな雰囲気のクリニックにしたかったので、みなさんにそう感じて頂ける部屋になったのであれば嬉しいです。
また明日からも、診察前の緊張を少しでも和らげて頂くため、ささやかなお茶とお菓子を準備して、皆様のお越しをお待ちしています。
0

2005/5/24  16:03 | 投稿者: Author

 現在、「看護学雑誌」連載第4回を執筆中。
 テーマは「月経痛と上手に付き合おう!」
 中学時代からひどい月経痛に悩まされ続けている私ですから、書きたいことが山ほどありすぎて、なかなかまとまらない!
 こういうブログと違って、やはり「原稿料」をいただいて書く文章は、やっぱり緊張感も違いますしね。学問的なことで、ちょっと用語なんかにあやふやなことなんかが出てくると、ひとつひとつ本で調べなおしたりしますし。
 ・・・こうして書いてる間に書き進めろよ!という突込みが聞こえてきそうですが、こういう気楽な文章で一息つくのも大事なようです。
 頑張りま〜す!
0

2005/5/23  17:00 | 投稿者: Author

昨日の日曜日、JISS(国立スポーツ科学センター)に行ってきました。今回の用事は、JADA(日本アンチ・ドーピング機構)公認ドーピングコントロールオフィサー(検査官のこと)養成講習会の実技指導のお手伝いでした。
 数週間前に「人が足りないらしいんだけど・・・手伝ってもらえない?」と軽く言われて、「あ、空いてるからいいですよ」くらいの軽い気持ちでお引き受けし、さらに、「当日は予定開始時刻の15分前に来てください」という連絡がFAXで入ったのみ。
 行ってみたら、11人の班の担当で、いきなり「実技を説明してください!どうぞご自由に!」みたいな感じで・・・。かなり戸惑いました。こんな感じで「借りてきた猫(大熊猫??)」だったのです、私。担当に当たってしまった班員の皆様、ご協力ありがとうございました。
 さて、JISSは北区の西が丘サッカー場の横にあります。最寄駅は赤羽または都営三田線・本蓮沼。東京に住んでいても、ここ汐留の近くにいると、山手線より北に行くことはめったになく、久しぶりだったので、帰りは新宿に寄りました。
 新宿では結構ぶらぶらしたのですが、行ったところは結局、サザンテラスにある「新宿・みやざき館」(笑)。この前の帰省で里心がついちゃったかな?店員さんの宮崎弁に癒され、冷汁定食525円に癒されて参りました。で、ヤマエ(実は親戚でございます。宣伝宣伝)のお味噌と「空飛ぶたまねぎドレッシング」を買って帰りました。ふるさとの味で、また頑張るぞ!
0




AutoPage最新お知らせ