2005/2/25  0:27

美容院と病院 その2  ひとりごと

 前回に引き続き、美容院の話。
 私が縮毛矯正を定期的に受けている、というのは書いた通りです。幼い頃からクセ毛が悩みの種、というか、一種のコンプレックスになっていました。初めてストレートパーマをかけたのは20歳を過ぎてから。値段は高いし、変な「下敷き」みたいなのを頭につけられて長時間、何回も放置され、肩は凝ったし、途中「やめときゃよかったかな?」と思ったのですが、仕上がったときの感動と言ったら!そして何より日頃(特に梅雨時)の毎日の手入れが楽になったことと言ったら!「これはやめられない!」と思ったものでした。でも、長持ちしないんですよね・・・社会人になってからは病院からの呼び出しの恐怖に脅えながらも、金銭的な問題はなくなった(?)ので縮毛矯正をかけるようになり、数ヶ月は持つようになりました。
 そんな訳で1回美容院に行くと、かなり長い時間いることになるので、いろんなエピソードに出会うのですが、東京に出てくる前、とある美容院で気になったエピソードがありました。
 確か祝日の午後だったと思います。受付で、中学生と思われる、綺麗な長い黒髪の女の子と母親が長い間美容師さんと相談しています。女の子はくせ毛に悩んでいるらしく(私から見たら自然なウェーブで綺麗だと思うのですが)、ストレートパーマをかけにお母さんと美容院に来たようなのですが、値段が高くてどうするか迷っているのです。結局、平日の午前中は二割引になると言うことをきいて「じゃあ平日に出直します」といって帰っていきました。
 「中学生が、平日の午前中にストレートパーマ??」というのは、参観日とかの代休もあるでしょうから、まあいいとして・・・本当にその子の綺麗な黒髪にストレートパーマをかける必要があったのか?そっちの方が気になりました。
 確かにそこでストレートにしてあげたら、彼女は喜ぶでしょう。でも、まず、髪を傷めるというリスクがあります。それに長い目で彼女の将来を考えると、その1-2万円の重みに気づくことが出来なくなる気がします。私は、自分でお金を稼ぐ手段がないうちは、自分のありのままの魅力を地道にじっくりのばす機会だと思っています。その地道な期間を乗り越えていない人の美しさって、深みがないというか、表面だけの美しさに過ぎないような気がするからです。
 私がお母さんだったら?「あなたの綺麗な黒髪はそれだけで十分魅力的よ!もしも思い通りのおしゃれをしたいなら、自分でお金を稼ぐようになってからでも遅くないんじゃない?」って言ってあげられないかな?
 私が美容師さんだったら?・・・商売として割り切ってパーマをかけるのかな?それとも「プロ」として誇りをもって、自分の考え方をお話しし、断ることができるんでしょうか?
ま、自分が断っても、他の美容院に行って思い通りにされる場合が多いんでしょうし、こればっかりは「信頼関係」や「相性」の問題で、その人(お客さん)が納得されるところに行っていただければいいのだと思うんですけど・・・。
 こういう意味でも、「美容院と病院」って似たところがあるなあ、って思いました。ちょっと真面目なことを考えてしまった夜更けです。
0

2005/2/22  19:22

美容院と病院  ひとりごと

この前の日曜日・・・久しぶりにゆったりのんびりとした休日を過ごすことができました。まず、朝は目覚めた後もしっかり布団の中で「うだうだ」して、お風呂にゆっくり浸かり、昼過ぎまでテレビを見ながらのんびり。
 2時過ぎから家を出て、日本橋・銀座のデパートを何を買うでもなくぶらぶらして(すごい人だったのでちょっと疲れた)、17時に予約していた美容院へ。私は両親譲りの「くせ毛」に悩んでいるので、数ヶ月に1回の「縮毛矯正」と、その分痛みやすいので、月に1度のトリートメントは欠かせません。
 さて、そこは、昨年9月に東京に来て初めて、偶然行った美容院なのですが、初回で気に入ったのでそのまま通っています。私がそこを(というか、その美容師さん)を気に入った理由は・・・自分が患者さんを診て、検査や治療をお勧めするときと同じような「ポリシー」を感じたからです。
 最初、私はパーマをかけるなど、なんとかイメージチェンジをしたくて行ったのですが、偶然担当になったその美容師さんは、はっきりと言いました。
 「パーマをかけることは簡単ですが、今、かなり傷んでいるので、あまりお勧めできない。今は少し我慢して、きちんとトリートメントをして髪を守ったほうがいい。他のお店や他の美容師には言うとおりのことをしてくれる人もいるかも知れませんし、そうすることは簡単ですが、長い目で見たらプロとして危険性もきちんと説明するべきだと思う。」
 もちろんその時点では、私の職業のことなど話していませんでしたが、後から自分の仕事のこと、「プロ」として同じような気持ちで患者さんと接するように心がけているので、はっきりアドバイスをしてもらってとても嬉しかったこと、そして勉強になったことを伝えました。その後、その美容院に(もちろん担当指名で)定期的に通っているのですが、毎回安心して自分の思っていることを伝えて、アドバイスをしてもらっています。
 広告やファッション雑誌を見ると、誰でも手軽にパーマやカラーをして、モデルさんのようになれるかのような書き方をしています。私もあやうく自分の髪の状態も考えず、だまされる(?)ところでした。私は女性の体(子宮や卵巣)のことはプロでも、髪の毛についての知識は通り一遍しかありません。やっぱりプロの意見を聞いて、一緒に考えて方針を決めたいですし、そういう美容師さんに出会えたことは幸せだと思いました。
 婦人科というところは、一般の女性から見るとまだまだ敷居の高い、通いづらいところのようです。でも、美容院に行くような気持ちで、「自分はこうしたい」「雑誌や本でこういうのを見たんだけど、自分もできるだろうか?」とか気軽に相談しに行ける、そして私はプロとして、その人にとって一番いい方法をアドバイスできるような・・・そんなところにしたいと思っています。
0

2005/2/20  0:51

うわっ!こんなに更新してなかったの??  ひとりごと

 本当に久しぶりの更新です。とにかく、忙しかったんです・・・すみません。
先週などは、家族にも電話をする余裕がなく、母や妹から無事を確認するメールが届いたくらい・・・。(最後の書き込みが「風邪?」だし、そりゃ心配もしますよね。母は「いよいよ倒れて入院でもしたかと思った!」って。でも、あなたの娘はそんなにか弱くありませんから・・・残念!?・・・いえいえ、丈夫な体に産んで育てていただき、感謝しています。)
 実際のところは、いろいろな「締切」に追われ、仕事上必要なメールを書き、返事を出し、というので精一杯。しかも、クリニックでは一日中電子カルテ(とりもなおさずパソコン)に向かっていますから、ちょっとそれ以上、パソコンの前に座るのが嫌になってしまったのです・・・。この程度でテンパってしまうのは情けないのですが、最近の私は、こういう時こそ自分の仕事に「優先順位」をつけてぼちぼちいくしかないのかな、と思えるようになりました。
 少し前の私には、ある意味「完璧主義」で、自分自身が何かを出来ないということを認めることが出来ず、自分の首を締め、さらに周囲の人も息苦しくさせてしまうという悪い癖がありました。でも、最近はようやく「それが自分の実力だ」と認めて、自分の中でゆっくりでも消化するしかないということに気づいてきました。「自分に甘い」という人もいるかもしれませんが、頑張りすぎず、長続きさせる事が第一だと思っています。
 今月に入って、クリニックの患者さんが一気に増えてきましたが、心とからだの悩みを抱えていらっしゃる女性たちの中には、「ちょっと前の私」のように、自分に課したハードルが高すぎて苦しいんじゃないのかな?と思える方が多い気がします。すこ〜しハードルを下げて、冷静に自分の仕事を見つめて評価することも時には必要なのかな?と思います。でも実は、この苦しさを知っている人ほど、頑張っている周囲の人に対しては優しくできるんじゃないかな?
 みんながちょっとずつ頑張って(決して頑張りすぎず)、もう少し優しい世の中になるといいなあ、と思います。
 こんな感じで、ちょっと落ち着いたので、これからはぼちぼち書き込みします。
 さあ、明日は2週間ぶりの休日。何して過ごそうかな?・・・と思ってると、寝ているうちに終わりそう。明日を逃すとまた1ヶ月は日曜日の予定がびっちり詰まっているので、とりあえず髪の毛は切りに行きたいです。
 では、よい週末を!
0

2005/2/2  20:37

風邪?  分類なし

 今週に入って、何度目かの「この冬一番の寒波」が来ている様ですね。その寒さのせいか「風邪の症状」を訴える方が月・火曜とたくさんいらっしゃいました。今のところ、のどの痛み・鼻水・咳などを訴える「のど風邪」の方と、吐き気や下痢を訴える「胃腸風邪」の方が半々の感じです。のど風邪の中で、高熱や節々の痛みを訴える方にはかならずインフルエンザのテストをするのですが、今のところ当院では陽性が出ていません。
 さて、そんな中、休診日で気が抜けたのか、昨夜からなんかむかむかすると思っていたら・・・今朝の明け方からおなかが痛くなり・・・。そう、胃腸風邪をもらってしまったみたいなのです。明け方から9時頃までトイレ通い、大変でしたよ。おかげさまで夜になった今ではだいぶ落ち着きました。でも一日中むかむかしてて、おかゆやうどんを食べるのがやっと、という感じ。・・・体重、減るかな?なんて一瞬期待したのですが、こんなので痩せても、不健康で全然うれしくない!痩せるなら、美味しいものをしっかり食べて、ちゃんと運動して痩せなきゃ!(これってかなり言い訳ですか・・・?)
 おっと、かなり話が逸れてしまいましたね(笑)。話を風邪に戻して・・・ 皆さん、風邪の予防は「栄養」「休養」と、「うがい」「手洗い」ですよ!
0

2005/2/1  13:24

新春マスターズスイムミート2005  健康スポーツ

 しばらく更新をサボっててすみません。おかげさまでとても忙しい日々を過ごしています。そんな中、日曜日にマスターズ水泳の試合に出てきました。
 私の唯一の(?)ストレス発散の場である趣味の水泳。忙しくてかなり疲れていたし、さらに練習も東京に来てから月に1回程度しか行けなかったので、どうなることかと心配していたのですが、泳いでみたら気持ちよかったこと!
 こういう練習不足とか、体調不良の選手が大会中に救護室を訪れることが多いので、「無理をしない」「しっかり体調管理をして試合に出ないと事故や怪我の原因になりますよ!」と、いつもは啓発する立場なんですけどね・・・私の場合は自分で体調管理ができた、ということでお許しください!もちろん、何かのサイン(頭痛とか、前日眠れなかったとか、血圧が上がったとか)が出ていれば、棄権する勇気をもつことがとても大切です。
 さて、今年から出身大学である鳥取大学と、定期戦などで仲のよかった島根大学のOB/OG有志で集まってチームを結成しました。私個人では今までも、通っていたスポーツクラブの所属で地方の大会にはぽつぽつ出ていたんですが、このチームで、しかも全国レベルでは初めて大会。とっても盛り上がりました!ホント、一緒につらい練習を乗り切った仲間というのは、いいですね!もちろん、その日の晩の打ち上げも盛り上がったことは言うまでもありません。(大阪から参加されたT先輩・・・夜行列車で帰られたのですが、無事に到着されたでしょうか?心配してます。)
 特に、鳥取大学水泳部は、選手数の減少から数年前に廃部になってしまい、OB会自体の定期開催がなくなってしまったのです。(現在は、新生・水泳部が活動を始めている様ですが、残念なことに私たちOBとの連携はまったくありません。)余計に、そういう仲間と一緒に盛り上がれるのはうれしいものなんですよね。それに、リレーもずっと競い合ってた島根大との連合チームだったのもうれしかったです。もし、このHPをご覧になった関係者の方がいらっしゃいましたら参加されませんか?連絡をお待ちしています。
 さて、結果の方は、練習しなかった割にはまあまあでしたよ。
(ちなみにhttp://www.tdsystem.co.jp/のサイトで結果を見ることができます。)

 ・・・頑張りすぎたのか、大会が終わって2日が経ち、私がひどいふくらはぎの筋肉痛に苦しんでいるのはご愛敬ということで。(私が変な歩き方をしていても笑わないでくださいね!)

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ