国際チャーター便規制緩和  トラベルインフォ

国土交通省は11日、国際チャーター便の航空券の販売についての基準を緩和する事を決めた。国際チャーター便は今まで団体旅行でしか乗ることが出来ませんでした。
アラスカチャーター便も包括旅行での販売のみで個人客は航空券を購入してアラスカの大自然を楽しむ事は出来ませんでした。

空席があるんだったら個人客に座席だけ販売してほしいな〜とずっと思っていたのですが国際チャーター便には国土交通省が規制をしていたのですね。知らなかった。

今回の規制緩和で伊丹空港と神戸空港を除く国内の国際空港を発着する国際チャーター便の総座席の50%を上限に航空会社と旅行会社が個人客に航空券を販売できるようになる。

これで個人客も大自然の残るアラスカまで成田空港から約7時間で行くことが可能となるのです。アラスカまでの定期便がない為、アラスカ通の旅行者は日本からシアトルやポートランド経由で約17時間かけて出かけるしかなかったがこの規制緩和でデスティネーション、アラスカがとても近くなる。

でもデメリットはアラスカ国際チャーター便は4泊6日と旅行期間が短いという事である。来年2月下旬にアラスカへ出かけますが7泊9日でオーロラ撮影に行く僕は時間がかかってしまうがシアトル経由で極寒の地、アラスカ州のフェアバンクスに出かけます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ