無事に帰国。  隊長と行くアラスカ

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

昨日、アラスカから無事に帰って来ました。
アラスカでは天候に恵まれてマッキンリー山や熊等の多くの動物にも出会うことができました。

アラスカはやっぱり広い、今回の走行距離は約1000マイル(1600キロ)でした。アンカレッジからエクルートナレイク、マタヌスカ、タルキートナ、デナリナショナルパーク、ネナナ、フェアバンクス、ノースポール、チナレイク、チェナ温泉と出かけて楽しんで来ました。

また小型飛行機(10人乗り)で北極圏内のコールドフットへでかけたり、シャトルバスでデナリナショナルパーク内のワンダーレイクにも出かけて来ました。 最終日、空港に行く前に弱いオーロラでしたがロッジ周辺でオーロラも観る事ができました。

そして多くの仲間との再会や新しい出合いもありました。
デナリでは星野道夫永遠のまなざしの著者、大山卓悠氏、北極のツアーを企画しガイドをされている犬ぞリマッシャーの舟津圭三氏、プロカメラマン&ネイチャーガイドの河内真樹子さん、フェアバンクス観光局のアルさん、アラスカ在住のマイミクさん達。
そして今回一緒に旅をした6名の方々との素敵な出会いもありました。
御夫婦3組、一緒に楽しみ笑い感動し、10日間を楽しく過ごす事が出来ました。

今回はシアトルで約8時間あったので市バスでダウンタウンの『Pike Place Public Market』にでかけてきました。
ここの市場では魚が飛び交いとても活気があり店員さんが笑顔で仕事をしている様子を見る事が出来ました。お客さんとの会話も上手く笑顔で魚を買って行く地元の方々や旅行者の方で市場は混雑していました。

今回のアラスカツアーでは8日間ホテルやロッジに宿泊し、また現地発着ツアーに参加していろいろ学ぶ事ができました。
フェアバンクスのパイクスウォーターフロントロッジやタルキートナのアラスカンロッジのスタッフはとてもフレンドリーで快適に過ごす事ができました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ