ノースウエスト航空無料受託手荷物許容量の変更  トラベルインフォ

ノースウエスト航空の太平洋路線(グアム・サイパンを含む)の受託手荷物の重量制限が、32キロ×2個から23キロ×2個に変更になります。
1個の荷物につき最大9キロ、合計18キロの減量です。

今回のアラスカ旅行では預ける荷物が2個(スーツケースとサーモンが入った箱)、そのうち1個が37キロあったのでアンカレッジ空港で「5キロ分荷物を出しなさい」と忠告をされ、三脚を出し手荷物として機内に持ち運ぶ事となりました。三脚も大きくて重いんだよね。

これから受託手荷物が23キロになるのでどうすれば良いのだろうか?現在サムソナイトの一番大きいハードケース(スーツケースだけでもかなり重い)を使っているので来年のツアーから考え直す必要となった。

そもそもお土産を減らせば問題ないのですが・・・。今回はガラス製の素敵なコースターを見つけ大量に買ってしまったのでね。一緒に出かけた仲間から「毎年来るのに大荷物だね」と言われてしまった。反省。

無料受託手荷物許容量

2005年9月6日までに発券された航空券をご利用の場合
チェックインできる荷物2個
それぞれのお荷物の3辺の和(縦・横・高さ)が158cm以内、かつ32キロ以内。 
 
2005年9月7日以降に発券された航空券をご利用の場合
ビジネスクラス:チェックインできる荷物2個
それぞれのお荷物の3辺の和(縦・横・高さ)が158cm以内、かつ32キロ以内。

エコノミークラス:チェックインできるお荷物2個
それぞれの荷物の3辺の和(縦・横・高さ)が158cm以内、かつ23キロ以内。

重量が23キロ以上、32キロ以内の場合はお荷物一個につき 3,000円
(US25ドル)の超過料金の対象となりますので要注意。


機内持込みお荷物

ビジネスクラス:2個と、ハンドバッグ/ブリーフケース/ラップトップケースのいずれかを持込みできます。
機内持込み手荷物は座席の下、または頭上の荷物棚に入る大きさとなります。
また大きさはそれぞれのお荷物の3辺の和(縦・横・高さ)が115cm以内かつ18キロ以内となります。

アメリカからご帰国の場合、米・連邦航空局規定により機内持込お荷物は1個になります。これにより、受託手荷物が3個になっても、それぞれのお荷物が無料手荷物許容量を超えなければ3個まで無料になります。

エコノミークラス:1個と、ハンドバッグ/ブリーフケース/ラップトップケースのいずれかを持込みできます。
機内持込み手荷物は座席の下、または頭上の荷物棚に入る大きさとなります。
また大きさはそれぞれのお荷物の3辺の和(縦・横・高さ)が115cm以内かつ18キロ以内となります。

以下の品目は、機内持込み手荷物制限外となります。

コート、傘、補助装具(杖、松葉杖など)、折りたたみ式車椅子、カメラ、ベビーカー

無料受託手荷物許容量と機内持込みお荷物についての詳細はNW航空のホームページをご覧下さい。

 http://www.nwa.com/jp/jp/travel/tips/baggage.html
3



2005/10/7  21:13

投稿者:日蝕貧乏知恵者猫

 ハンドル名が文字化けしていますネ。(;_;)
 自分のブログでも良く起こります。
 長いのが問題なのかしらん?

 ブログの表示ですが、センターに揃えるように設定を変更したのですか?
 私のように一文が長いと、かなり読みづらいですね。(^_^;)

http://www.bekkoame.ne.jp/i/lummox

2005/10/7  21:08

投稿者:日蝕貧乏知恵メ猫

 既に拙ブログへのコメントとしてしたためたものなので、二重投稿になってしまうかしらん?(^_^;)

 先日はお電話ありがとう!>アラスカ会会長さま
 コメント投稿のお知らせメイルが全然届かなくて、お返事が滞ってしまいました。
 ごめんなさい。m(__)m

 秋のアラスカは、聞きしに勝る絵のような風景で、感嘆の声を挙げっぱなしでした。(^^)
 でも、アラスカ会のように”一年に二度”を恒例化するのは難しそうです。
 我が家の台所状況もそうだけれど、友人達はお休みを取得する方がもっと大変なので…。(年齢的にもそういう役職だろうし、皆さんご多忙)

 NWがチャプター11を申請する&した…というニュースは現地で知りましたが、結局何も変化はなかったですね。
 ニュース発表当日にNWからのアナウンス・メイルもあったし、運行は問題ないと思っていましたが、気になっていたのはマイレージの扱い。
 これも従来どおりということで、溜まったマイルが水の泡にならなくて良かったです。

 重量制限にしても、成田でこちらから「変更があったのですよね?」と聞くまでは何も言われずに、ちょっと拍子抜け。(まだ発券が9月7日以前の人が大半だということもあった?)
 帰りはシアトルからホノルル経由ファーストクラスで悠々ご帰還だったため、重量制限とは全く無縁で帰ってきてしまいました。

 しかし、重いソレルのブーツもかさばるダウン上下もないにも関わらず、成田出国時のスーツケースの重量は24kg!
 いつもは分散していく三脚を、スーツケースにまとめて入れたということが問題だったと思いますが…。
 
 ソフト・スーツケースは、フェアバンクスでは良いのが見つからず、復路シアトルのオフィス・デポで結構良さそうなのを見つけました。
 結構安いし、しっかりしていました。
 でも、大・中・小の3個セットだったのです。
 …ということで、まだ入手できていません。

 まさかソフト・ラッゲージ探しにシアトルやホノルルまでお出かけ…なんていうのは無理そうなので、良さそうな物を見かけたら教えて下さい!!

http://www.bekkoame.ne.jp/i/lummox

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ