子宮頸ガン予防(HPV)ワクチンについて(従来のサーバリックスに加え、ガーダシル発売!)

2011/8/21  23:46 | 投稿者: 江夏亜希子

もうこのブログをお読みの方はご存知かと思いますが(ご存知であって欲しい!)
子宮頸ガンの原因はHPV(ヒト・パピローマウイルス)であり、
特に性経験をする前にワクチンを受けておけば、
子宮頸ガンになるリスクを下げる効果があります。

HPVには全部で100以上の型(ジェノタイプ)があり、
その中で女性の性器に感染するのは35〜40タイプ。
うち、子宮頸ガンに関与するいわゆる「高リスク群」が13〜15タイプ、
その他の約20タイプは「低リスク群」と呼ばれています。

低リスク群は子宮頸ガンの原因にはならないものの、
性器にイボ状の腫瘤をつくる「尖圭コンジローマ」や、
尖圭コンジローマの母体から出生した子供の気管などにイボを作る
「再発性呼吸器乳頭腫症」などの原因になり、結構あなどれません。

高リスク型のうち、特に子宮頸ガンを引き起こすリスクの高い「16型・18型」
「very highrisk」と呼ばれ、現在、日本で子宮頸ガンと診断された患者さんの
約65%からこの2型が検出されることがわかっています。
すなわち、この「16型・18型」の2つの型に感染しなければ、
子宮頸ガンになるリスクを35%程度に減らせるということになります


現在、日本で発売されているワクチンは、
GSK(グラクソ・スミスクライン)社の「サーバリックス
サーバリックスは、この16型・18型の2つのタイプに対する効果を持つため、
「2価」のワクチンとも呼ばれ、
昨年来、当院でもこのサーバリックスの接種を行ってきました。

実は、世界で発売されているHPVワクチンには、もう1種類あります。
(どちらかといえばこのもう1種のほうがシェアが大きかったりもするのですが、)
ようやく、この度、日本でも発売が認可され、8月26日から発売になります。

これが、MSD社の「ガーダシル」。子宮頸ガン「高リスク群」の16・18型だけでなく、
「低リスク群」である(コンジローマなどの原因になる)「6型・11型」にも有効で、
「4価」のワクチンと呼ばれています。
MSDの子宮頸ガン予防啓発サイト「子宮頸がん予防4U」も参考にしてください。

実は、当院でも2価のサーバリックスを昨年から接種しており、
中央区の中学生〜高校1年生対象の公費接種事業にも参加してきたのですが、
昨年度末(今年3月)に、全国で公費負担されることが決定して以降、
サーバリックスの製造が追いつかず、供給停止となってしまっていました。
実はその供給停止は既に解除されているのですが、
近日中にガーダシルが発売されるという情報があったため、
双方を提案し、接種を受ける方(保護者の方も含め)に
メリット・デメリットを判断した上で選択いただきたいと思い、
これまで積極的に接種再開の情報を出さずにおりました。
発売日が決定し、ようやく情報をオープンにできるようになった次第です。

・サーバリックス(2価)は既に接種可能で、
 中央区の公費負担はこれまで通り受けられます。
 接種は3回必要で、1回目の投与後、2回目は1ヵ月後、3回目は6ヵ月後です。

・ガーダシル(4価)は、8月26日発売ですので、現実の薬の流通を考慮すると、
 8月29日以降は接種可能になろうかと思います。
 接種は3回必要で、1回目の投与後、2回目は2ヵ月後、3回目は6ヵ月後です。
 ※中央区の公費負担の対象となるかは、現時点(8月21日)では未決定ですので、
  公費負担での接種対象となる中学生〜高校1年生はもうしばらくお待ちください。
  決定し次第、このブログで再度お知らせします。

料金は、サーバリックス(2価)もガーダシル(4価)も同じで、
1回接種毎支払いされる場合 18,000円(税込;18,900円)
3回分一括支払いされる場合 48,000円(税込;50,400円)  です。
(中央区公費負担事業の対象者は、窓口支払いは不要です。)

接種ご希望の方は、ご予約の際にお知らせください。
もちろん、受診時に相談してどちらを接種するか決定することもできますので、
ご遠慮なくお問い合わせくださいね。

※ 同一人物に両方のワクチンを打つことは避けるよう、添付文書に明記されています。
※ ワクチンを受けても、「16・18型以外」のHPVに感染する可能性はあり、
  性交経験があれば、子宮頸ガンになる可能性があります。
  性交経験のある人や、経験した後は、年に1回の子宮頸ガン検診を必ずうけましょう。
※ 性経験のある人もワクチン接種を受けることができますが、
  まず定期的な子宮頸がん検診を受けた上で、検討することをお勧めします。
  
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ