2011/5/13  0:30

メンタルの強さと職業適正  ニュース

アイドルタレント自殺、というニュースで目が覚めました。
たった2ヶ月前に、あの大震災があって、
約1万5千人の尊い命が失われるのを日本中の人が目の当たりにしたばかりだというのに、
それでも、ニュースを見れば、殺人事件があったり、自殺する人がいたり。
とても悲しいことですね。

「自殺はいけない!」と言うのは簡単ですが、何故いけないのか、深く考えたことがある人は、実はそんなにいないのかも知れません。

自分も、あまりメンタルは強いほうではなく、
若い頃には自殺を考えたこともなくはありません。
私の場合、「絶対に自殺だけはしてはいけない」と思えたのは、
やはり命と正面から向かい合う職業に就いた、そのために勉強をしたことが大きかった。

学べば学ぶほど、人間の体は不思議なことばかりで、
「神秘」としかいいようのないものです。
人が1人生まれてくることの不思議さ、
自分がここに存在することは、奇跡以外の何ものでもない。
そんな「生かされている存在」は、命尽きるまで生きるのがきっと使命だから。

法医学や救急外来で、自殺した人の悲惨な姿を目の当たりにしたのも理由のひとつ。
そういえば、ちょうど私が学生のとき、
完全自殺マニュアル」という本が話題になって、
どうやったら「綺麗に・楽に死ねるか」なんて書いてあって。
でも、百歩譲って、どんなに楽に綺麗に死んだとしても、
人に迷惑をかけないことなんてありえない。
必死で探す家族、検死に当たる警察や医師、絶対に誰かの手を煩わせることになります。

よく「人に迷惑をかけたくないから」という理由で自殺する人がいますが、
自殺したら絶対に迷惑かけるんだから、本末転倒。

癌で闘病の末とか、老衰とか、必死で生き抜いた人を見送るのは、
もちろんつらく悲しいことには違いないですが、
見送るものの気持ちに、どこか清々しさとか、尊敬とか、ポジティブな感情を残しますが、
どうしても自殺の場合は、見送る人の心をも傷つけてしまうものです。
「何故?」「自分に何かして上げられることはなかったのか?」
無力感に苛まれてしまうひとも多いでしょう。

そんなことから、私は絶対に自殺をしてはいけないと思っています。

でも、実際に自殺を選んでしまう場合の多くは、
そのような正しい判断を自分ではできなくなってしまう「病気」なので、
そこが難しいところ。
私だって、自殺を考えるほど追い込まれたときは、今思えば「季節うつ病」だったので、
ちょっと対応を間違えばやばかったのですが・・・。

それに、人から愛されたくて、自分自身を傷つける人が多いのだけれど、
奇跡のような確率で生まれてきた命を、自分自身が愛し、大切にしないと、
誰からも大切にしてもらえる訳が無い・・・と自分で気づかないことには、
他人にはどうしてあげることもできないことが多いものです。
心理学では、小さい頃から両親はじめ周囲の人に大切に愛された経験がないと
自分を愛せるようになることは難しい、というのが定説であり、
家族に間違いなく愛されて育った自分とは、明らかに境遇が違う人が迷っている場合、
どうしてあげればいいのか、途方にくれてしまうことも多々あります。

そういう、愛されることに飢えている人に限って、
DVのように、自分のプライドを失ってまでも、
相手に尽くすような恋愛にのめり込んだり、
芸能界のように、一見ちやほやしてもらえるように見える世界に
飛び込んでしまったりすることが多く、どうしたものかな〜と思います。

マスコミなんて、コロコロ変わる流行やその方針に合っている人をもてはやし、
そうでなくなれば、すぐに手の平を返すように冷たくなり、新しいタレントをもてはやす。
・・・そんなの当たり前で、おそらく今後も変わることはないだろうし。
それでもチヤホヤされたくて芸能界に入る人は後を絶たないし、
さらに困るのは、子供を芸能界に入れて、
その収入を当てにしている親も結構多いであろうこと。
そして、困ったことに、子供はその親からの愛に飢えている分、
親の要望に必死でこたえようとするという悪循環。

もちろん、芸能界に入っても、「芸能界を利用してのし上がってやる!」
くらいのメンタルの強い人は、それでいいのでしょう。
問題なのは、顔がかわいいとか、歌がうまいとか、確かに何か才能があれば、
メンタルが弱い人でも、デビューできてしまうことなのでは?
何か、芸能界に入るのに、適正試験みたいなものはできないものかしら?
そして、定期的なメンタル検診とか。
それをパスしない人を採用したら、事務所やテレビ局に指導や罰則が入るとか。

業界の中を守るのはもちろんだけど、
芸能人の自殺は、一般の人に与える影響も大きすぎますよね。
・・・そんな業界内の自己規制、できないかなあ・・・できないだろうなあ。

そうだとすれば、やっぱり私たち一般人が、
マスコミや芸能人を過度にもてはやす風潮を見直していくしかないんじゃないかな?
・・・芸能人の自殺のニュースを見るたびに、こんなことをツラツラと思うのです。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ