故郷の美しい山、霧島が…。

2011/1/30  14:16 | 投稿者: akikoenat

故郷・都城が大変なことになっています。
診察の時にもお声かけ下さる方が多く、ご心配いただきありがとうございます。
そうなんです。
私たちの母なる山、美しい霧島の、新燃岳が噴火!
霧島連山の中で、その名の通り、一番最近まで活動していた、ということなのでしょうが、167年ぶりの大噴火だとか。

桜島の噴火には「慣れっこ」(鹿児島市内に降らない時は反対方向の都城に降るのです。)の都城市民も、さすがに今回は成す術なし…という感じのようです。

写真は母から送られてきた実家の庭。雪景色のように真っ白です。

旧市内にある実家はまだマシのようですが、霧島に近付くにつれ、ものすごいことになっているようで。
この辺りは日本でも有数の農業地帯だし、農作物へのダメージも計り知れません。
テレビでは葉物野菜が出荷できないと報道されていましたが、特産品の美味しいお茶も心配…。
昨年の口蹄疫から鳥インフルエンザ、そして今回の噴火。

「自然現象だから仕方ない」
と、地元の方がインタビューに答えていらっしゃいましたが、それにしてもここまで重ならなくても。

今はただ、とにかく早く終息するように、火砕流などで犠牲者がでる、貴い命が失われることのないように、祈るのみです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ