人形町の四季−四季レディースクリニック院長ブログ−

東京・日本橋人形町の婦人科・四季レディースクリニック院長・江夏亜希子が、日々の診療・スポーツドクターとしての活動、そしてプライベートの中で感じたこと、考えたことをつづります。
(旧「女性スポーツドクターの日記」2012年4月1日タイトル変更しました。)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

KiTT

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Chopin
決して楽ではなかった先生の貴重な体験を、こんな風に読ませていただくことができる事に感謝します。尊敬されて親しまれて、本当に素晴らしいお仕事ですね。選手の方々はもちろん、会場の方、ホテルの方、みんなが先生のファンになったでしょうね。
まだ時差ぼけなんですね。。私も1ヶ月悩まされた事がありました。その時に南フランスに住む人から庭のラベンダーで作ったポプリを頂き、何気なく枕元に置いて寝たら、あれほど眠れなかった夜なのに、ぐーぐー朝まで熟睡でき、時差ぼけから解放されました。ラベンダー系の香りなど是非試してみて下さい。
投稿者:江夏
romiさん、いつもありがとうございます!
本当に、自由に自分の生き方を決められるというのは幸せなことですよね。その分、義務も責任もあって大変なこともありますが。。。
先輩たちの苦労の末に得た自由であることを忘れずに、感謝の気持ちを忘れずに生きて生きたいなあと思いますし、少しでも多くの女性が同じ幸せを感じて生きていけるように、私は何かの形で役に立てたらいいなあと思います。
投稿者:romi
亜希子先生
今日の先生のメッセージうなづきながら読み返しました。。ある方も講演で話題にされていたのですが
今の日本では 男性も女性も自分の生き方を選ぶ自由が与えられている。祖母の時代ですら 好きな人と結婚することもままならず 会った事もない人と結婚していた時があったのに 今はそんなことはない。。今の地代が 過去の辛い時代を経てきたからあること。。 今 仕事や自分の生き方で思い悩む事も多いけれど 好きな生き方を選択できる事。自分が努力すれば努力が報われる時代でに生まれたことを感謝しながら精一杯 生きることを忘れてはいけない。。・・etc
私自身 自分のことだけに精一杯だったりしますが「視点を変える」ことの大切さを考えさせられたい1年でした。先生の実体験からの素敵なメッセージに
心あたたかく素敵なクリスマスプレゼントと元気をいただきました。。ありがとうございました^^/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ