風邪をひいたので

2005/11/24  2:14 | 投稿者: Author

 このところ、風邪の患者さんが増えてきました。ここ数日多かったのは「鼻水とのどの痛み」を訴える方。で、例にもれず、私ももらってしまったみたいです。昨日の外来が終わる頃からのどがなんだか痛みはじめ、夜から鼻水が・・・。気が抜けるのかこういう休みの日こそ症状が出るんですよね。 
 で、今朝、目が覚めると鼻水とのどの痛みが・・・。でも、熱もなく倦怠感もそれほど強くなく、頭痛もほとんどない状態。もちろん薬は飲みますよ。今回は葛根湯とムコダイン・ムコソルバン(痰切れを良くする薬)とトランサミン(のどの炎症を抑える薬)、それに少し扁桃腺も気になったのでクラリス(抗生剤)も追加。(私はもともと扁桃腺が弱いので、抗生剤は早めに使用します。)
 こういう「のど風邪」の時、私には必殺技があるのです・・・それは、「泳いで治す!」
 もちろん、熱や倦怠感、頭痛がある時には無理ですよ!でもこういうのどの症状だけの時には「経験上」泳ぐとかなり楽になるのです。多分、室温と湿度が高くて、息継ぎの時に水面近くの空気を思いっきり吸い込んでいるのと、汗をかいて体が熱を放散しているからだと自分では判断しております。今日のメニューは100IM×2、100Kick×4、100Swim(Fr)×4の計1000m、すべて2分30秒サークルでのんびりと。いや〜、気持ち良かったです。
 そのおかげで、少し楽になりました。本当は早めに寝るのが理想なのですが、そうは問屋がおろさず・・・今、看護学雑誌の第10回(2006年2月号)原稿を書き上げたところです。ま、調子が良くなってある意味「スイミングハイ」になっているおかげで書けたという話もありますが。
 この方法、たぶん水泳の経験がある方なら分かって下さると思うんですけど・・・水泳初心者にはあまりおすすめできない方法ですかね?たぶん、プールでしっかり泳いで体を温められないと思うので。それに、泳いだ後はすぐに暖かいお風呂にゆっくりつかり、すぐに髪の毛を乾かして湯冷めしないのは絶対条件です。
 ということで、訓練されていない方は、決して真似をされないようにお願いします。
 風邪が悪化しても当方は一切の責任を負えませんので、あしからず(笑)。
・・・またまた「水泳馬鹿」ぶりを暴露してしまいましたね・・・。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ