2020年度中央区子宮がん検診について

2020/4/28  13:59 | 投稿者: 江夏亜希子

緊急事態宣言が発令された状態でゴールデンウイークに突入しようとしています。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

例年、東京都中央区の子宮がん検診は
4月末に対象者宛に受診券が届き、5月1日から開始
という流れになっておりました。

今年は、新型コロナ感染症の影響で、1ヶ月後ろにずれ込み、
5月末に対象者に受診券が届き
6月1日(月)から開始

に変更になったそうです。

※中央区のHPにはまだ掲載されておりませんが、医師会を経由して入った情報なので確実です。
※緊急事態宣言の期限が延長になる場合は、さらに開始が遅れる可能性があるそうです。


なお、受診券がお手元に届く対象者は
例年通りで、
中央区に住民票がある20歳以上78歳までの女性で、
2020年度(2021年3月31日まで)に偶数年齢になる方です。

※受診券が届かなかった方も、
 昨年対象で受けそびれた方は、受診券を取り寄せればお受けいただけます。

【自己負担金】無料

【受診できる期間】 2020年6月1日〜2021年3月10日 


こういう事態になり、感染症の恐ろしさを痛感されていると思います。
子宮頸がんもHPVというありふれたウイルスによって起こり、
性交経験がある方は誰でも子宮頸がんになるリスクがあります。

しかし、不正出血等の症状がない間に検診を受けることで、
かなりの高い確率であなたの子宮を、命を守ることが可能です。

必ず定期的な検診を受けましょう!

6月1日以降のお申し込みをお待ちしています。

(その頃にはコロナが落ち着いていることを祈り、STAY HOME頑張りましょう!)


なお、子宮頸がんを引き起こすHPVの感染を予防するワクチンもあります。
HPVワクチンは日本でも定期接種に指定されており、
小学6年〜高校1年までの女性は公費負担(自己負担なし)で接種を受けられます。
詳細は中央区HPでご確認ください。

もちろん当院でも接種をお受けいただけます。
お気軽にご相談ください。

※ 予診票をご持参いただけば、相談のみでの来院も可能です。
  できる限りわかりやすいように説明いたします。

※ 東京23区内でしたら、区外の医療機関でも接種が可能です。
  お住まいの区で申請をし、予診票をお取り寄せの上、ご相談ください。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ