血栓症を早期発見できた実例

2013/12/18  0:38 | 投稿者: 江夏 亜希子

さて。前のエントリーで、血栓症は早期発見が大切!と書きました。

前触れ症状による早期発見で事なきを得た実例を紹介させていただきますね。

それ、実は私なんです・・・!!

このブログも含め、いろんなところで、子宮内膜症、腺筋症+筋腫の術後、月経痛、PMS、プレ更年期の体調不良・・・などなどで、1999年日本で低用量ピルが認可されて以降、妊娠を望んでいない時にはピル内服を継続してきたことを公表してきた私。
最近は、2010年に妊娠をあきらめ、四季レディースクリニックを開院した直後からヤーズを開始してとっても体調がよくなったこと、このブログでも書いていますね
私の場合、休薬中には激しい頭痛が来て仕事に支障が出るので、昨年10月からは、休薬なくず〜っと連続して内服し、とても調子がよかったのです。
このままトラブルがなければ50歳(閉経するであろう平均年齢)くらいまでずっと続けるつもりでいました。

ところが。
11月中旬にすごく体調が悪くなりました。
朝、出勤時に走ったりすると息切れがするし、すごく疲れやすい。
11月はじめに大きな仕事を抱えてて、終わってホッとしていたときだったので、疲れと運動不足のせいだろうと気にも留めずにいたのです。
すると、11月20日ころのある朝。起きたらなんだか左ふくらはぎが痛い。
攣った?筋肉痛?何だろうな〜と思いましたが、
前日に、YouTubeみながら「恋するフォーチュンクッキー」の振りを覚えようと踊っていたせい?(爆)なんて、思っていたのです。
いや、でも、ロングブーツが左だけファスナー上げにくいのは気持ち悪いな〜と思っていました。

数日で、足の痛みも治まってきたのですが、
まあ、でも、なんか気持ち悪いし、1年半前に人間ドック受けて以降、血液検査も受けていなかったし、採血でもしとこうかな〜?と自分のクリニックで採血受けてみたんです。
 ・貧血;全然なし(ヘモグロビン13.8って!!)
 ・肝機能、腎機能、コレステロールなど;見事に問題なし!
まさか、と思って調べた血栓症の有無を鋭敏に調べるD-dimerという項目だけ異常値。3.9と、結構高い値だったのです!!

まさに、「じぇじぇじぇっ!!」ですよ。
家族に血栓症の人なんて全くいないし、自分自身もまあ、もう43歳で、ちょっと肥満はあるけど、まさか!

慌てて、泣く泣く、ヤーズを中止。
できれば早く静脈血栓の有無を調べてもらいに血管外科の医療機関を必死でネットで調べるのですが、受診できる時間に診療を受けられるところはなかなか見つからず。
(もちろん、自分の患者さんで、緊急の症状があれば、仕事休んででも行っていただくのですが。)
自分の診療はなかなか閉められないし、閉めるほどの強い症状はないし、土日や夜間に救急外来を受診するような症状でもないし。

中止後1週間でもD-dimerを再検し、下がっていたら受診はいらないかな?と淡い期待を抱いていたら、3.5とまだ高い値だったので、こりゃ〜やっぱりエコーしてもらわなきゃ、と。

さらにネットで調べてみたら、夜20時まで外来をしていらっしゃる血管外科の先生のクリニックを発見し、昨日、診療終了後に受診してきました。
幸い、下肢静脈エコーでは血栓らしきものは認められませんでした。

おそらく、11月中旬にどこかで小さな血栓を発症はしたのだと思います。
ただ、前触れで気づき、ピルを中止して経過を見るうちに、自然にその血栓を溶かすことができたのでしょう。

いやぁ、冷や冷やしましたが、よかったです。

ただ、ヤーズを中止した直後は、久しぶりの月経痛に泣き、
月経(消退出血)の後、数日は、エストロゲンの低下のせいか、
すごく体調が悪く、気分が落ち込み、
その後体調が回復したと思ったら、今度は結構な排卵痛が3日ほど続き・・・。
それが収まった今、これからきっとPMSが来て、また月経痛が来るんだろうなぁ〜と、考えるだけでブルーです。

ピルにはエストロゲンが入っているので、血栓リスクがありますが、
黄体ホルモンには血栓を起こすリスクがないので、黄体ホルモン療法に切り替えるしかない!
で、ミレーナを入れたいな〜と、エコーをしたら、
子宮の突き当りに内膜に接する3pの筋腫が・・・はぁ、ミレーナ適応外(号泣)。
(昨年、検診していただいたときには2pで、内膜とは離れているように見えたのにな・・・)
次に月経が来たら、ディナゲストを使うしかないですね〜。

ピルは1か月分の医療費が2000円前後で済みますが、
ディナゲストになると、保険診療(3割負担)でも8000円ほどかかりますので、
できればピルを続けたかったな〜というのは、貧乏開業医のつぶやき。
でも、手術以外に抑えられる方法の選択肢があるのは、ありがたいですよね。
(ホントは、妊娠の予定がないので、子宮摘出でもいいんですけど。
 その方が、今後の月経のトラブルも避けられ、
 子宮がん(頚がん・体がん)には絶対ならなくなるし。
 でも、手術のために休診にするのが難しいので。)

こうして、婦人科の様々なトラブルを乗り越えてきた私、
また「経験値(芸の肥やし、ともいう)」がアップしたのでした(苦笑)。

こんな感じで、早く見つければ大事には至りませんので、
ピル内服中のみなさん、「これって大丈夫?」と気になる症状があれば、
まずはお早めに主治医にご相談をお願いします。
私のように、まず、血液検査でD-dimerなどの凝固系の検査を行って、異常値が出るなら中止をおすすめします。
もちろん、呼吸困難とか、今まで感じたことのないような頭痛とか、緊急の症状があるときには、救急での受診が必要です!
その際は必ず「ピルを飲んでいるので、血栓が心配」とお話しくださいね。
(お受けいただく血管外科、脳外科などの先生方、どうぞよろしくお願いします)


【おまけ】
11月以降、外来を受診されているヤーズ内服中+40代のOC内服中の患者さんには、再度血栓への注意喚起をしているのですが、実例として私の例を上げ、ヤーズを中止して事なきを得たことをお話しする場合もありました。
それを聞いた一人の患者さん。
「先生も、生理痛強かったんですよね!自分も先生に勧めてもらってホントに楽になって、止めるなんて考えられない!先生、大丈夫ですか?生理痛、大変になるんじゃないんですか?」
って、すごく心配してくださった方が・・・。
ホントにありがとうございます!
上に書いたように、次の手を考えていますので大丈夫ですよ〜ってお伝えしたら、安心してくださいましたが。
(ただ、高価なのがちょっと、、、って話したら、笑ってらっしゃいましたけど。)
29




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ