先天性風しん症候群緊急対策〜風疹ワクチン接種費用助成について〜

2013/3/31  11:18 | 投稿者: 江夏 亜希子

現在、風疹が近年にない大流行中で、先天性風疹症候群の発生が危惧されています。
その緊急対策として、東京都がワクチン接種費用を助成することが決定し、
4月1日から中央区でも実施されます。


対象者は、東京都中央区に住民票がある方で、
@ 19歳以上の今後妊娠を希望している、妊娠の予定がある女性
 (年齢上限はなく、あくまでも自己申告、とのこと。)
  風疹ワクチンは生ワクチンなので、
  妊娠中に接種すると先天性風疹症候群の発生の恐れがあるため、
  接種後、2ヶ月は避妊が必要です。
A 現在妊娠中の女性の夫(胎児の父)

 (母子手帳の「父親の名前」欄で確認するそうです)

申し込み方法は、
・保健所または保健センターに行き、申請する
・下記HPから申請書をダウンロードし、郵送で申請する
上記の申し込みを受け、予診票が交付されるので、それに必要事項を記載し、
区内の指定医療機関に持参すればOKです。

四季レディースクリニックも指定医療機関に入っており、接種可能ですが、
完全予約制であり、またワクチンのご用意の都合もあるので、
必ず事前にご予約ください。
また、女性専用クリニックですので、
Aの男性については、「当院かかりつけの患者さんの夫」に限定させていただきます。
(ご来院いただく時間帯を調整させていただくので、必ずお電話でご予約をお取りください。)

なお、すでに子どもの時に風疹に感染したりワクチン接種をしたりしていても、
抗体価がさがって感染することがあります。
接種の前に抗体の有無の検査をしなくても、接種は可能です。
(抗体がある状態で接種しても、体に害はありません。)

ワクチンには、風疹単独のワクチンと、麻疹・風疹混合(MR)ワクチンがありますが、
風疹ワクチンは品薄になりつつあるようです。
数年前にも麻疹が流行したことがあるように、麻疹も予防が必要ですし、
区からの補助は、どちらも自己負担無料なので、
基本的に当院ではMRワクチンをおすすめします。

※3月14日以降、3月中に接種を受けた方は、申告すれば費用が還付されます。
 下記HPでご確認ください。

詳細は中央区HPにてご確認ください。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ