| 投稿者: 江夏亜希子

私、江夏亜希子は、
「女性のためのスポーツ・健康医学」を専門とする婦人科医師です。
このブログでは、自分の身の回りで起こることについて感じたこと、
考えたことを書き綴っていきます。

コメント欄は、「承認制」とさせていただいています。
公序良俗に反すると思われるもの、
また読む人に不快感を与えることが予測されるものについては
削除させていただきます。
また、公開に当たっては、メールアドレスなど個人情報の部分だけ削除するなど、
編集を加えることがあることをご了解ください。
個人的なメッセージで、公開を希望されない場合はその旨ご記入いただくか、
拍手ボタンを押した後に記入できる「拍手コメント」にご記入いただくと
公開されません。

なお、コメント欄を利用しての医療相談についてはお答えいたしかねます。
理由は、「医療相談」も「医療行為」であると考えるからです。
直接診察しないと判断できかねることも多く、
中途半端に回答することは非常に無責任だと思います。
それに、相談だけに乗ってしまうことは、
時間を作ってお金を払ってクリニックに足を運んでくださる方に失礼だとも思います。

大変申し訳ありませんが、ご相談を希望される方はご予約の上、
四季レディースクリニックを受診していただきますよう、
お願い申し上げます。

60

  | 投稿者: 江夏亜希子

2010年4月9日(金)「子宮の日」に、
東京・日本橋人形町にて「四季レディースクリニック」を開院しました。
クリックすると元のサイズで表示します

婦人科の小さなクリニックですが、
女性のかかりつけ医として、気軽に健康相談をしていただける、
あたたかな場所を作りたい・・・そんな想いで準備を進めて参りました。

 住所 103-0013 東京都中央区日本橋人形町1−18−9 
          ATビル3F
 電話  03-6661-9208
 FAX   03-6661-9293


クリックすると元のサイズで表示します

 診療時間 ※完全予約制
   平日  午前10:00〜14:00、午後15:00〜19:00
   土曜日 10:00〜14:30
              (受付終了時間はそれぞれ30分前です)
 休診日 木曜日・日曜日・祝日

※ 初めてご来院の方には、時間をかけてお話を伺い、
  検査内容や結果、診療方針について、詳しく説明しますので、
  受付からお会計終了まで、1時間以上かかる場合があります。
  お時間に余裕がある日にご予約をお取りください。
  そのため、初診の方の最終受付時間を
  午前診療は12時台、午後診療は17時台
とさせていただいています。
  午後6時台は再診の方に限りご予約をお受けしますのでご了承ください。

※ 2011年2月より、土曜日は原則的に再診の方のみご予約をお受けすることになりました。
  その理由についてはこちらをお読みください。
  ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

四季レディースクリニックのHPはこちら! 
http://www.4season-cl.com/

携帯HPは http://www.4season-cl.mobi/
※QRコードをご利用ください。
   クリックすると元のサイズで表示します

<診療ご予約について>
四季レディースクリニックは完全予約制です。
受診ご予約は、インターネットまたはお電話でお取りいただけます!

受診方法、ご予約方法については、クリニックのHPをご覧ください。

※ 当院は女性専用クリニックです。
  男性の付き添い・同席を希望される際は、必ず事前にお知らせください。
  他に患者さんがいらっしゃる場合には、待合室の使用をご遠慮いただいております。
  申し訳ありませんが、診察室にお入りいただく際に
  携帯電話等でお呼び出しさせていただきますので、
  院外でお待ちいただきますようお願い申し上げます。

<お知らせ>開院以来、御愛顧いただきましたアロマセラピールームは、
誠に勝手ながら2010年7月31日をもちまして一時休止することとなりました。
詳細は、こちらをご覧ください。
ご迷惑をおかけしますこと、深くお詫び申し上げます。


10

  | 投稿者: 江夏亜希子

2010年4月に四季レディースクリニックを開院してから、いや、開院する前からですね。
色々な人から「集患・増患のために○○したほうがいい」というアドバイスを受けました。
当時、開業支援をお願いしたコンサルタントからも、広告(雑誌、電柱、駅の看板など)の提案や、それを専門としている会社の担当者の紹介を受けましたし、
今も、クリニックにメールや電話やFAXなどで営業の方から提案をいただきます。
開院するまで、そして開院してしばらくは色々考えたし、どこまですべきか悩みましたよ・・・。でも、幸か不幸か、そんなに(というより、全然!)資金的に余裕のある開業ではなかったので、
「しっかりHPだけは作る。それ以外の広告はしない!」と腹をくくりました。
(ということで、広告の営業は全てお断りしています。)

だって、四季レディースクリニックの診療スタイルは、
「一人ひとりの患者さんにじっくり向き合う」ことが大前提。
まず、初診でじっくり時間をかけてお話をうかがい、診察し、
診断された疾患や状態について理解をしていただく。
そして治療の必要性を納得して通院し、自分の健康と向き合っていただきたい。
症状の無い人も、きちんと必要性を認識した上で、年1回の検診を受けて欲しい!

理想論かもしれないけれど、それを掲げ続けることで、
自分の健康を守ることのできる女性が一人でも増えたらいいな、
そんな「教育・啓発」の場所にもしていきたい、というのが理念。
そう考えると、どんなに宣伝してもそんなに沢山の患者さんを診れる訳がない!

ただ、その理想を掲げ続けようとすると、まずぶつかる壁があります。
それはもちろん、「収益が上がらない」ということ。

ただでさえ、診療時間は限られている。
しかも、自分が院長として目の届く、責任を持てる診療をしたい。
そうすると、どう頑張っても沢山の患者さんを診ることはできないですよね。
それはすなわち収入もそれほど増えない、ということになります。

正直なところ、これまで「勤務医」として、経営サイドから露骨に
「収益を上げるために、患者数を増やせ!」
「一人の患者さんに時間をかけるな!」
という指導を受けたこともあり、今の診療報酬制度から考えると、
それは無理もないことなのだろうと、私も疑っていませんでした。

診療報酬制度については意外とご存知ない方が多いのですが、
保険診療は、「この病名の人にこの治療や検査を行った場合の診療報酬点数はいくら」
と、全国一律に決まっています。
(多くの方は、そのうちの3割を窓口で支払っている、ということになります。)
これは、検査や処方をすれば点数が上がりますが、
「問診や説明」にいくら時間をかけてもお値段は一緒!
初診なら270点=2700円、再診なら70点=700円
(処方や検査、処置などを何も行わなかった場合のみ、
 外来管理加算や、平日18時以降、土曜12時以降には時間外加算などが加わる場合あり)
となると、多くの医療機関では
「話を短く、数をこなせ!」「初診をどんどん増やせ!」
「保険診療ではなく、自費診療をメインで」という話になるわけです。

「ホントにゆっくり話を聞いたら採算が合わないのか?」
私は、まずそこに疑問を持ちました。

事務長と二人で色々試算をし、検討しましたが、
結局のところ、「儲かる、収益が上がる」の定義によるのでは?と。
開業前に医療コンサルタントと言われる人たちの「開業セミナー」に出たり、
ハウツー本を読んだりしましたが、彼らの言う「成功」は、
「年収○千万」とか、「高級外車に乗る」とか、
「子供を医者にするため私学にも出せるだけの学費を稼ぐ」とか。
でも、私たちはこれっぽっちもそれらを望んでいません。
もちろん、貧乏は困りますが(笑)。
我が家はこのクリニックを子供代わりと考え、不妊治療をやめました。
子供がいない、ということは、
自分たち夫婦と愛犬が毎日楽しく暮らせるだけの収入があればよく、
子供の学費を考えたり、遺産を残す必要があるわけでもない。
高いお金のかかる趣味があるわけでもないし、
決して「贅沢」をしたいわけじゃないのです。

また、診療報酬が全国一律と考えると、家賃や人件費の高い都会での保険診療は
それだけ不利なのですが、幸運なことに、人形町駅からすぐという立地から考えたら
破格ともいえるお家賃の物件をお借りできました。
支出と収入のバランスを考えると、1日に何人くらいの予約を取れば「採算」が合うのか、
自ずと分かってきますよね。

それで、覚悟を決めたのです。
保険診療でも、じっくり時間をかけて診療するスタイルを貫く、と。
(もちろん、婦人科分野では検診や避妊など保険が利かない部分もありますが、
 自費診療の値段設定も、できるだけ良心的な値段を心がけました。)

そうすると、やはり時間を大切に、効率的に予約を取らせていただくしかないのです。
これには患者さんのご協力が必要です。

まず、四季レディースクリニックで一番大切に考えているのは、
当院の良さを理解し、信頼し、ルールを守って通院してくださる方々。
この方々が通院しやすい状態は、なんとしても守らなくてはなりません。


となると、再診の人の予約が沢山入っている場合は、初診の人をお断りせざるを得ません。
土曜日の初診をお断りさせていただいたのもこのためです。

さらに再診の方でも、当日キャンセルや、無断の遅刻が重なったりする場合には、
事前予約をお断りさせていただいています。

そのような場合は、インターネット・電話による事前予約をお断りし、
しばらくは受診希望日の前日か当日、お電話で予約をお取りいただいています。

そのようなお願いをすると「何で自分ばかり」「たった○回しか遅刻していない」
というクレームを頂戴することも多いのですが、
「自分くらいは」「○回くらいは」という一人を認めてしまうと、
きちんとルールを守って下さっている方に御迷惑をおかけしてしまいます。
それに、「誰かの予約を入れた」ということは、
「その時間に受診したかった誰かをお断りしている」という可能性があるわけで。
もちろん、事故など突発的な問題による直前キャンセルは仕方ないですが、
キャンセルのご連絡はお早めにいただけると助かります。
それから予定か決まらないのに「仮押さえ」のような形を取られるのも
ご遠慮いただければ幸いです。

先日は、「沢山の患者さんを診ているから、私ひとりくらい断っても平気なんでしょ?」
とクレームをいただきました。
おそらく、根本的に「開業医は儲かっているから自分ひとりキャンセルしても痛くもかゆくもないだろう」という固定観念からくるご発言なのだと思います。
全く逆で、少ない患者さんしか予約を取らないので、一人がキャンセルされると大変なんです!

また、遅刻や予約間違いが相次いだために同様のお願いをした方からは、
「診療拒否をするつもりですか?」というクレームが。
当院の受診・予約のルールを守っていただくようお願いをしているだけで、
ルールを守っていただければご予約をお取りしますので、
誤解無きよう、お願いします。
なかなか予約の都合がつかない、という方は、予約制ではない医療機関をお選びいただいたほうがよろしいかと思います。

折しも、TPPの件で医療分野にも影響が及ぶことが懸念されています。
保険診療自体が崩壊の危機にさらされている今、
世界中でも類を見ないほど低い自己負担で高度の医療が受けられる
「国民皆保険制度」が最善の形で維持できるために一人ひとりにできることがないのか、
限られた「医療資源」をどのように利用していくのか、
少し立ち止まって考える機会を持っていただけると嬉しいな、と思います。
(例えば、検診を受けず、仕事が忙しいからと言い訳して早期の受診もせずにいて、
 いよいよひどい状態になってからようやく救急外来を受診するとか、
 進行した癌になっており、本人のダメージも大きいばかりか、医療費も膨大に!
 そんなことでは、医療費は高騰し続けて当然!保険制度の崩壊もありえます!)

もちろん、当院も「信頼いただける医療機関」であるための努力を続けて参ります。
どうか、皆様のご協力をいただけますと幸いです。
95

2020/6/5  12:06 | 投稿者: 江夏亜希子

お待たせしました!
先日、中央区子宮がん検診開始日延期のお知らせをアップしてから約1か月。

ようやく2020年度の中央区子宮がん検診の開始日が決定しました。

未だに区のHPでは「開始日未定」となっておりますが、
受託医療機関には区から正式に連絡がありました。

6月23日(火)に受診券発送
6月25日(木)から開始

とのことです。

当院は木曜休診なので、6月26日(金)から開始になります。


また、終了日は2021年3月10日(水)なのですが、
木曜休診・水曜検体回収の当院は、検体回収の日程の都合で、
3月10日には検査を実施できないことになり、
3月9日(火)が最終日となります。

例年、終了が近づくと、申し込み・問い合わせが急に増加し、
予約が取れない事態が発生します。お早めにお受けください。

お申込み方法】
●定期的に当院通院中の方
 受診時期を指定されているかと思います。
 指定の時期に受診券をご持参ください。(お忘れでも対応可能です)

●当院を受診されたことがある方
 ご希望時にお受けいただけるようできるだけ調整いたします。
 ご登録のお電話番号からお電話いただくか、
 お知らせしてあるメールアドレスまでメールでご連絡ください。
 ※わからない時は、メールフォームをご利用ください。

●当院を受診されたことがない
 こちらの予約センターからメールフォームを利用してお申し込みください。
 
土曜日は当院に受診されたことのある方のみお引き受けいたします。ご了承ください。

※子宮がん検診だけではなく、なにか相談ごとのある方は、初診枠でのご案内となります。
お申込みにご相談されたい症状をご明記ください。予約枠を調整いたします。


なお、当院側の都合で申し訳ありません。
7月中旬以降、スタッフが1名産休に入る予定で、
その後はお引き受けできる数を絞らざるを得なくなる見込みです。
初めての方は7月上旬までにお申し込みいただくと比較的拝見しやすいと思われます。
ご協力いただけますと幸いです。


0

2020/5/10  11:41 | 投稿者: 江夏亜希子

4月末にこの記事をアップした後、ゴールデンウイークに突入。
そして、連休中に緊急事態宣言が5月末まで延長されました。

先日ブログをアップした時点では、中央区のHPには今年度の情報が載っていなかったのですが、
5月2日付で更新されていますね。

例年、4月末に受診券送付、5月1日から開始なのですが、
4月10日ころに医師会を通じて、5月末に送付、6月1日から開始に変更、と連絡が来ていたのですが、
区のHPによると、「開始時期未定、決定し次第HPで知らせる」ということです。

中央区のHPはこちら

区が実施する子宮がん検診は、20歳以上2年に1回」が対象で、あくまでも「子宮頸がんを疑う症状がない人」を対象にしています。

不正出血などの症状がある方は、区の検診が開始になるのを待たず、早めに婦人科を受診しましょう。


それ以外に、
・月経痛や経血量が多い、月経前になると体調が悪い
・確実な避妊が必要
・避妊に失敗したかも?
・妊娠してるかも?

などの女性の健康トラブルは、
決して「不要不急」ではありません。


是非、お近くの産婦人科にご相談を!

以前からずっと主張してきましたが、
産婦人科は困ったときに慌てて探して受診するよりも
困る前に受診すれば、困らずに済むことが多いです。

この機会に、産婦人科のかかりつけ医を見つけておくことをお勧めします。


5

2020/4/28  13:59 | 投稿者: 江夏亜希子

緊急事態宣言が発令された状態でゴールデンウイークに突入しようとしています。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

例年、東京都中央区の子宮がん検診は
4月末に対象者宛に受診券が届き、5月1日から開始
という流れになっておりました。

今年は、新型コロナ感染症の影響で、1ヶ月後ろにずれ込み、
5月末に対象者に受診券が届き
6月1日(月)から開始

に変更になったそうです。

※中央区のHPにはまだ掲載されておりませんが、医師会を経由して入った情報なので確実です。
※緊急事態宣言の期限が延長になる場合は、さらに開始が遅れる可能性があるそうです。


なお、受診券がお手元に届く対象者は
例年通りで、
中央区に住民票がある20歳以上78歳までの女性で、
2020年度(2021年3月31日まで)に偶数年齢になる方です。

※受診券が届かなかった方も、
 昨年対象で受けそびれた方は、受診券を取り寄せればお受けいただけます。

【自己負担金】無料

【受診できる期間】 2020年6月1日〜2021年3月10日 


こういう事態になり、感染症の恐ろしさを痛感されていると思います。
子宮頸がんもHPVというありふれたウイルスによって起こり、
性交経験がある方は誰でも子宮頸がんになるリスクがあります。

しかし、不正出血等の症状がない間に検診を受けることで、
かなりの高い確率であなたの子宮を、命を守ることが可能です。

必ず定期的な検診を受けましょう!

6月1日以降のお申し込みをお待ちしています。

(その頃にはコロナが落ち着いていることを祈り、STAY HOME頑張りましょう!)


なお、子宮頸がんを引き起こすHPVの感染を予防するワクチンもあります。
HPVワクチンは日本でも定期接種に指定されており、
小学6年〜高校1年までの女性は公費負担(自己負担なし)で接種を受けられます。
詳細は中央区HPでご確認ください。

もちろん当院でも接種をお受けいただけます。
お気軽にご相談ください。

※ 予診票をご持参いただけば、相談のみでの来院も可能です。
  できる限りわかりやすいように説明いたします。

※ 東京23区内でしたら、区外の医療機関でも接種が可能です。
  お住まいの区で申請をし、予診票をお取り寄せの上、ご相談ください。
0

2020/4/10  15:29 | 投稿者: 江夏亜希子

前回、4月6日に「【続報@】新型コロナウイルス感染症対策」という記事をアップしたところ、
翌日4月7日(火)夕方、ついに、緊急事態宣言が出されました。

「緊急事態宣言」で暮らしはどうなる
NHKが詳しくまとめたサイトを作っていたので、貼り付けておきます。

ここにも書かれているように、あくまでも感染拡大を抑えるための外出自粛「要請」であり強制力はないとのことです。
しかし、「人と人が出会わない」ことが最も効果的な感染予防策であることには間違いありません。
残念ながら、今回の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は潜伏期が長いため、無症状の間に感染を広めてしまっている可能性も考えられます。

東京都医師会尾崎治夫会長は、4月5日にfacebookでこのような記事を書かれています。

重要な点を引用します。

『新型コロナウィルス感染症に、
 もしも今この瞬間から、東京で誰一人も新しく感染しなかったら、
 2週間後には、ほとんど新しい患者さんは増えなくなり、
 その2週間後には、ほとんどの患者さんが治っていて、
 その2週間後には、街にウィルスを持った患者さんがいなくなります。』

 だから今から6週間、皆さんが誰からもうつされないように頑張れば、
 東京は大きく変わります。


できるだけ不要不急の外出を避け、他人との接触を避けることが、
5月以降の私たちの「明るい未来」につながると、私も思います。

とはいえ、月経痛が強い、不正出血がある、などの状態は「要」で「急」です。
緊急事態宣言が出ても、我々、医療機関への受診は必要であり、
医療機関での診療は続けてよい、となっております。

当院でも診療は継続してまいります。
前回書かせていただいたように、当院かかりつけの方でお薬の処方だけでしたら
柔軟に対応しますので、メールでご希望をお知らせください。

ただし、夜間の外出自粛要請を受け、スーパーなどの営業時間が短くなっております。
当院のスタッフの安全も確保しなければなりません。

よって、少なくとも自粛要請が出されている5月7日までの間、診療時間を18時までと短縮させていただきます。

※ただし、現時点で18時台にご予約をお取りの方は、予定通り拝見します。
 もし可能であれば、予約時間を早めていただけますと助かります。
※状況によっては、期間が変更になるかもしれません。


また、もともと4月に開催される日本産科婦人科学会に参加するため、
例年、木曜日と金曜日の休診日を振り替えており、
今年も4月23日(木)に診療を行い、24日(金)、25日(土)を休診とする予定でおりました。

学会は中止(webでの開催)になりましたが、
23日(木)に診療を行っても受診される患者さんはかなり少ないと考えられるため、
4月23日(木)〜26日(日)は休診とさせていただきます。

ゴールデンウィークは、現時点では暦通りに診療を行います。
※木曜、日曜、祝日が休診日です。

ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いします。



3




AutoPage最新お知らせ