池田楽器店(佐久市野沢)&楽音酒家OASIS346(佐久市中込)
福島に行って来ました!  

10月10日と11日は、福島県に行って来ました。目的は浪江町に、OASISライブの時に貯めていた、義援金を届ける為です。

10日は日曜日なので、11日の月曜日に町役場に届けることにし、事前に宿泊施設を探しました。今回は愛犬ハナコも一緒なので、ペットと一緒に泊まれる旅館を見つけました。福島市の穴原温泉にある、おきな旅館です。

その旅館を目指し、北関東自動車道から東北自動車道に入り北に進みます。途中那須高原サービスエリアで、ハナコのお散歩と名物の串焼きで私の腹ごしらえをしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

福島飯坂インターを降り、旅館に向かいますが、途中にある飯坂温泉の外湯に入り、近くの足湯にも浸かりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大きなホテルがたくさんある穴原温泉ですが、おきな旅館は渓谷沿いにあるしなびた旅館でした。

クリックすると元のサイズで表示します

でもペットも一緒に泊まれる旅館なので、部屋では我が家のように自由にしていました。

クリックすると元のサイズで表示します

お食事処でも一緒です。

クリックすると元のサイズで表示します

私たちの他にも3組ほど、ワンちゃんが一緒のご夫婦がいらっしゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

美味しいお料理を作られ、美味しい地酒を選んでくれた若旦那さんは、お酒のスペシャリストでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ご馳走さまでした。大変満足しました。


そして11日は東北中央自動車道を利用して、相馬から常磐自動車道を南下して、浪江町に向かいました。南相馬を過ぎた頃から、高速道路の左側に、放射線量を測定して表示している、モニタリングポストが所々にありました。

1時間30分程で浪江町役場に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

総務課で義援金のことをお話しすると、秘書課に連絡がいき、町長がお留守でしたので、佐藤副町長と秘書さんが応対してくださいました。

津波の被害は海岸近くだけだったのですが、やはり原発事故が大きかったようです。海から離れた山間の小学校に、原発に近い海の方から避難した人がたくさんいたのですが、実は山の方が放射線量が高く、そして浪江町からは人がいなくなったそうです。

帰還困難区域にある住宅は、ロープが張られたり、中には荒れている家もありました。多くのところで更地になっている場所もありましたが、津波の被害ではなく、帰宅出来なくて家が野生の動物に荒らされて住めなくなり、解体されたようです。

そして大震災から6年後、一部の避難指示が解かれ、少ないですが人が戻って来たようです。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は道の駅なみえもオープンして、この日も多くの人で賑わっていました。私は浪江焼きそばパンをいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

義援金を佐藤副町長さんにお渡しして、使用に関しては吉田町長さんにお任せいたしました。町の為、町民の為によろしくお願いします。 

クリックすると元のサイズで表示します

この義援金は、OASISライブに来られた方の入場料の一部と、池田誠司さんのバンド「SayGee's」のライブで集まったお金、ライブハウスRinの鈴木さんがLIVE HOUSE AIDで集めたお金も含まれています。皆さんありがとうございました。

目的を果たしたので、帰路につく前に、南相馬にある大悲山の石仏を見に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらには2〜3メートルの石仏が8体、岩を削って掘られていました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして5時間ほどかけて常磐道をから北関東自動車道と乗り継ぎ家に帰ります。その常磐道では多くのダンプカーとすれ違いました。環境省除去土壌等運搬車と表示されていて、その数の多さには大変驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2日間で約850キロ程のドライブでした。ちょっと疲れたかな。

震災以降、9回ほど被災地へ義援金を届けてきました。義援金を口座に送金すれば楽なんですが、実際に現地に行き、その場所を見て、そこの人たちのお話を聞くことが大事だと思い続けて来ました。

震災から10年経ち、コロナ禍でOASISでのライブも中々出来なくなったので、OASISとしての義援金を届けるのは今回で最後にいたします。しかし、被災地のことは絶対に忘れずに、出来る限り足を運び、応援しようと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

復興はまだ途中です!
13



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ