パリをお散歩

あなたの知らなかったパリはいかが!?
パリをテキトーに歩きまわりながら、世界を旅するブログ。

私の本を買って下さった方、まだの方にも感謝を込めて

 
こんにちは サラダ研究家の宮内好江です。 パリをいっしょにお散歩しませんか!

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よしえ
Ringoさん、こんにちは。
サド公爵の人生についてはここに来なければ、けっして知ることはなかったでしょう。死刑判決も免れたようですし、貴族だったけど囚人だったので、フランス革命の時もギロチンから免れることができたので、そう不運な人生でもなかったかもしれません。
プロヴァンス地方の小さな村々では観光バスは見かけました。宿泊はしなくても南仏を訪れる日本のツアーでも立ち寄るのではないかと思います。ぜひいつか行かれて下さい!サド公爵のお城はタクシーで行くしかないでしょうけど。


Kashouさん、こんにちは。
はい、ラコストのお城の城主さんはかなり変わった方でした。小説家としても有名な方ですが、歴史の教科書でも国語の授業でも習うことはないでしょうね(笑  
あの金庫はちょっと個性的ですね。あまり見かけないデザインな気がします。
あの枕は素敵で大胆な花柄ですね。まゆちゃんの絵を思い出します。プールは入るつもりはありませんでしたが、プライベートプール付きのお部屋だったと思えばゴージャスですね。他にお客さんいなかったですし(笑


FAYさん、ボンジュール! ボヌママンは鋭いですね。あっお持ちなのですね。いかにも手作りな雰囲気で出されましたが、やはり実際ボヌママンだった気がします。あのカントリー風なチェックのデザインは流石ですね。
サド公爵はけっこうな名門貴族だそうです。王家との繋がりも強くて。だから死刑判決が出ても(殺人未遂で)逃れることが出来たり、獄中では優遇されたり、でも囚人だったことを利用してフランス革命時のギロチンを免れたり。なかなかしたたかでした。
でもなぜその方サド家に生まれなかったのを悔しがたれた!? わかりません(笑
投稿者:FAY
よしさん ボンソワール
日本は今が盆休みです。
民宿の朝食に、赤のギンガムチェックが有名な
ボンヌ ママンの壜がありましたね(我が家にもあります)
ジャムなのかマーマレエドなのか、なんだかうれしいです。
サドどいえば、サド・マゾのサドというのが定着していますが
確かサド家は名門なんだそうですね! どこがどう名門かは知らないけれど(笑)本に書いてあったのです。
シャネルの女友達が「私はどうしてサド家にうまれなかったのかしら!」とハンカチを噛みながら悔しがったとか。

https://ameblo.jp/fayfake/
投稿者:よしえ
Hisamiさん、本当にそうですね。私たちが生まれてからこんな事態は経験もないし、想像もできませんでしたよね。戦争もないのに、旅行に行けなくなるなんて信じられない気分です。でも私たちも経済的にも余裕がない様子なので、どうせ旅行行けないのだから、まぁいいか。とも思っていますが(笑  


はるすみさん、「ひまわり」は私にとってもあの音楽とともに忘れられない映画です。そう言えば、ハンガリーに行った時も、日本ではありえない広大なひまわり畑を見てあの映画の世界に浸ろうと思ったのですが、ひまわりはみごとに枯れていました(笑


karinさん、こんにちは。サド侯爵のお城の城主がピエール・カルダンなんて、絶対惹かれるものがあったのでしょうね。共感を感じたのではなければ良いですが(笑
フランスに来られても、パリしか知らない人もとっても多いです。もっとフランスを堪能して頂きたいですが、南欧と北フランスにも行かれたなんて、嬉しいです。


https://happy.ap.teacup.com/123789/
投稿者:kashou hukuda
よしえさん、おはようございます。

ラコステはロマンを感じるお城ですね.
水玉のような金庫は素敵です。お城の主さんは
少々変わった方だったのですね。

プロバンスサラダがおいしそうですね。枕がかわいい民宿のプールは、かわいいですね。

http://ss648370.stars.ne.jp/
投稿者:ringo
こんばんは。
ラコストに、サド侯爵が城主だったお城が遺っているのですね。今はピエール・カルダン氏が所有されているのですか。サド侯爵は、想像を絶する大変な人生を送ったのですね。
ボニューのレストランのお食事、とても美味しそうですね。
そして、素敵な民宿に宿泊されたのですね。
朝食も、美味しそう。たった2室しかないのも良いですね。
プロヴァンス地方の美しい村々、魅力的です。
行ってみたいなーって、思います。
次の目的地は、どんなところでしょう。
楽しみにしています。

https://sun.ap.teacup.com/ringo
投稿者:karin
よしえさん こんばんは

サド侯爵のお城の城主は今はピエール・カルダン
ですか!きっと何か惹かれるものがあったのでしょうね。

>フランスには美しい村々、町々は無数にあります。

ほんとですね、フランスはどこへ行っても(私は南欧の旅と北フランスの旅しか行ってませんが^^)、あるがままで美しく感じました。ひまわり畑とラベンダー畑!私もそこに立ってみたい!

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:はるすみ
広〜いひまわり畑にマルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンの姿が見えそうです。
投稿者:hisami
旅の写真やお話を読んでると
心から旅したいと思います❤
自由に旅することが出来なくなるなんて・・・
想像もしてなかったぁ!”
こんな状況が終息したら
旅しまくるぞ!!””


http://hello.ap.teacup.com/inthesea/

著書 2

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ご意見、ご質問箱

パリ情報

お勧め! パリの 短期賃貸アパルトマン

お勧めHP

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ