パリをお散歩

あなたの知らなかったパリはいかが!?
パリをテキトーに歩きまわりながら、世界を旅するブログ。

私の本を買って下さった方、まだの方にも感謝を込めて

 
こんにちは サラダ研究家の宮内好江です。 パリをいっしょにお散歩しませんか!

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よしえ
FAYさん、こんにちは。あの部屋で画像検索にかけてヒットしたのですか!たしかにビバリーホテルとか言いました。夫もビックリしてます。高級でもないけど快適なホテルでした。部屋からあんな廃墟が見えて(笑  
それぞれのホテルには独自のこだわりがあって、それに触れるのは面白いものですね。そう思うと高級でなくてもそれなりに楽しめるものですね。お陰さまで!(笑
投稿者:よしえ
Hisamiさん、戦争の爪痕がまだけっこう残っていましたが、斬新な建物も多いのは、内戦で破壊されたためですね。地方には風光明美な場所も多くて、本来魅力的な国だと思います。将来は観光大国になってほしいです。


Karinさん、こんにちは。「中東のパリ」をご存知でしたか。本物のパリにいながらもパリと付く町には行ってみたくなります。
あの方はきっと政府がどうなろうとお金の力でなんとかなるんでしょうね。あの方の話はパリ在住の日本人にとってはあまり愉快な話ではありません。
内戦の爪跡は本当に切なく、不安にもなります。一見今は平和そうですが、不安定な国ですから。でもレバノン人の方にベイルートに行った話をすると驚かれますが喜んで下さるのでやっぱり行った甲斐はありました。


ぽんさん、私のブログで色々お勉強して下さる? なんか嬉しいです。だから私も旅行しながらこれからもお勉強させてもらいます。


Ringoさん、こんにちは。そうなんですよ! 嘘をつくだけで入国出来るんです。緩いです。実際イスラエルに行っても入国証拠はパスポートには残されないので嘘はバレませんが、「正直ものはバカを見る」っていうパターンです(笑
イスラム色が濃い国でもそれなりに皆さん幸せそうですが、私は住みたいとは思いません。
あの方はこれからもお金の力でなんとかするんでしょうけど、お金は人類に有意義な方向で使って欲しいものです。


たかみさん、こんにちは。興味を持って下さって嬉しいです。多くの日本人が行きたがらないらしい国に行った甲斐がありました(笑  
あの方は映画を制作するんですか!? 色んなことを暴露するのでしょうか? 日本人としてはありがたくない様な ありがたい様な? 日本人の間でも意見は分かれていますし、フランスに住んでいる日本人としては複雑過ぎます。


はるすみさん、行かれたことがないのにサンラザール駅が懐かしいなんて嬉しいです。オペラの力は偉大ですね。思えばパリは様々な作品に登場しますね。ところでマノン役は出来れば美しい歌い手さんに、お願いしたい!とつい思ってしまいます(笑
投稿者:FAY
よしえさん こんにちは
お泊まりになったホテルの客室写真、宮殿のようなインテリアではありませんが、センスの良さを感じます。
ベッドの頭上の壁のアートがとても大胆です!
ちょっと気になったのでGOOGLEの画像検索をかけてみました。すごく便利な機能で、似たような写真を探し出してくれるのですが、今回はなにげに撮られたホテルのスナップですし、検索結果に期待していなかったのですが・・ヒットしたので驚きました。
ベイルートにあるビバリーホテル(名前も素敵です♪)
まさかとは思いましたが、やはり、壁の幾何学アートが決め手になったような気がします。
どんな国のどんな環境でもアートが息づいているのを見るのは愉しい気持ちにさせてくれます。
考えてみればイエス様も旅の途中でお生まれになったのでした、千年以上も前に出来事ですネ。

https://ameblo.jp/fayfake
投稿者:はるすみ
サンラザール駅。懐かしいです。
といっても行ったことがあるわけではありません💦
「マノン・レスコー」に出てきましたね。
投稿者:たかみ
よしえさん こんばんは

色々な国を見せてもらって興味津々です。

私はあの方は自分の国でのびのびしてると思います。

日本のやり方はテレビを始め酷すぎたと思います。これから映画も作るそうです。もっと本当の事が知りたいです。
投稿者:ringo
よしえさん
おはようございます。
この国でつかなければならない嘘が、よくわかりました。でも、嘘をつけばイスラエルに行ったことがあっても入国できるのですね。なんか緩すぎますね。旅行者にとっては有難いと思いますが。
中東は石油の宝庫だけど、貧富の差が大きくて幸せそうな国にはみえません。
あの方も、日本での生活が良かったでしょうに、富を独占すると報いがきますね。

https://sun.ap.teacup.com/ringo
投稿者:ぽん
レバノンなのか・・・
いろいろと勉強させてもらいました。

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/
投稿者:karin
よしえさん こんばんは

まぁ!今回の国はあの方の逃亡先ですか!どんなところか知らなかったのでとてもタイムリーな記事です、ありがとうございます。そしてここは首都である「中東のパリ」ですか?

あの方を「イスラエル入国罪」で訴えた弁護士がいるとか、、、。でも政府に守られているから有罪にはならないでしょうねぇ、、、。しかし反政府デモもあるくらいだからあの方も安泰ではないかもしれませんね。

内戦の爪痕がまだまだこんなに残っているのですね。美しい青空なのに、、、この場所に立ったらせつなくなります。続きを楽しみにしています。

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:hisami

戦争の爪痕が激しいですね・・・・
あまり行きたいとは思わない国かなぁ?
しかも嘘をついてまで(爆)



http://hello.ap.teacup.com/inthesea/

著書 2

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ご意見、ご質問箱

パリ情報

お勧め! パリの 短期賃貸アパルトマン

お勧めHP

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ