パリをお散歩

あなたの知らなかったパリはいかが!?
パリをテキトーに歩きまわりながら、世界を旅するブログ。

私の本を買って下さった方、まだの方にも感謝を込めて

 
こんにちは サラダ研究家の宮内好江です。 パリをいっしょにお散歩しませんか!

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よしえ
Karinさん、こんにちは。 ペトラ遺跡を興味深く見て下さってありがとうございます。本当にそうですね、遺跡の前に立つと悠久の時を感じます。昔の人が本当にここで生活していたのだと思うと、とっても不思議です。どんな服装をしていたのかな? 全く違った様子の人たちが未来にここに来るなんて思いもしなかったでしょうに。でもかつてここで生活していたのは私自身かもしれない。なんて思ったりもします。遺跡はロマンがありますよね。


ぽんさん、いつも私たちの旅にお付き合い下さいまして、よりいっそう旅が生き甲斐になります。ありがとうございます。北海道の記事も興味深く私も読ませて頂きます。こちらこそ今年もよろしくお願い致します。


Kashouさん、こんにちは。ペトラ遺跡はかなり体力が必要です。私達も全部はとても行けませんでした。でも夏ほどは暑くなかったのが救いでした。夜のライトショーをやっている曜日に合わせてペトラに来たので参加しないわけにもいきませんでした。夫のおどけは中途半端でいけません。演技に磨きをかけて欲しいです(笑


Kazuyoさん、入場料高すぎですよね。日本だったら遥々遠方から来られた外国人さんにはお安くして差し上げたいところですが、遠方から来るんだから金持ちでしょ! って感覚なんでしょうね。
お祈りの時間にたまたまモスクの前を通ったって理由もあるんですが。パリでも仕事中にお祈りを始める人がいるって話はよく聞きますが、タクシーの運ちゃんはしませんね。
応援嬉しいです。ありがとうございます!
投稿者:よしえ
Ringoさん、こんにちは。ペトラ遺跡でけっこう歩き回った上に、ライトショーも参加したので3万キロになってしまいましたが、あのエル・ハズネ宝物殿往復だけだったら4キロですし、実際はもうちょっと歩くでしょうけど、トータル6キロぐらいでも楽しめます。夏は辛そうですが。
こちらこそ、いつも旅行記で楽しませて頂いてありがとうございます。今年も楽しみにしています。


FAYさん、日本の別名、「日出る国」とは良く名付けてくれました! 極東は寂し過ぎます。
チケット売り場でヨルダン人に化けるとは! 「おもろい発想しよるだん。アンマン好き言うてもバレよるだん。」
日本猫と見分けがつかなくてなんでヨルダン顔?(笑
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が黒い鷲に似てる? ちょっと聴いてみましたが、黒い鷲を思わせるメロディーに出会った気もしました。でもそれがどの部分だったか? もう見つからないのです。あのメロディーはロマンチックにも不気味にも感じます。でも勇気も感じられるのですね。それは何故か嬉しいです。


Hisamiさん、そうなんです。昼間で充分満足しましたが、夜のライトアップも見れて、往復4キロの歩きというおまけ付きでよけい堪能できました。
入場料高すぎですよね!物価は安いのに。遥々ここまで来れる外国人はお金あるでしょ。ってことですね。日本人だったらむしろお安くしてあげたいところですけどね〜
投稿者:kazuyo
ぺトラ遺跡の貴重な旅にお伴させて頂いて感激です。8500円なんて信じられない入場料。タハジマハルもそんなに高価なんですね。
そして、タクシードライバーがお客さんを乗せた営業中にお祈りなんて驚き!降ろしてからというわけには行かないのでしょうか、そんな場所も限られているのかな、勉強になります。
インディジョーンズ、最後の聖域、見ているはずなのですが、記憶が・・。今度もう一度よく見てみますね。
100か国への旅、今年も楽しみです。
心より応援してま〜す。
投稿者:hukuda kashou
よしえさん、こんばんは😊
ペトラ遺跡のご旅行ご苦労様でした。

おどけられたご主人様も大変だったでしょうね。ヨルダンの夕飯は、素晴らしいですね。

また、真っ暗の中を歩かれた、」その意欲に感動します。素敵なライトショウですね。


http://ss648370.styoshiars.ne.jp/
投稿者:ぽん
こうしてまた行った気になれるくらい、読み応えある記事、いつも楽しく拝見させて頂けて楽しくありがとうございましゅ☆
来年も宜しくお願いしましゅ☆  

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/
投稿者:karin
よしえさん こんにちは

ペトラ遺跡!驚くことばかりです。この深く狭い渓谷に灌漑用水路やダムまであったのですね。岩をくり抜いて造られたエル・ハズネ宝物殿!他にも神殿がたくさんあるのですね。4000人以上収容できるローマ円形劇場にも驚いてしまいました。

遺跡に立つといつも悠久の時の流れを感じます。そしてそこに人が生活していたことを想像しその中に自分が入り込んでしまう感覚になります。ペトラ遺跡も行ってみたかったですねぇ、、、。こうして案内して頂いて今日も感謝しております。

今日は大晦日です。よしえさん、よいお年をお迎えくださいね。くる年もよろしくお願いいたします。

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:hisami
凄い!”
昼間でも神秘的なのに
ライトアップまで〜
それにしてもお高い!”(爆)


http://hello.ap.teacup.com/inthesea/
投稿者:FAY
よしえさん 2020も目の前ですね
あっ、そうか。日本のほうが早く新年を迎えるのでした
なにせ日出づる国ですので
8500円といえば乗り物がフリーパスのテーマパーク並のチケット代金ですね
土壇場でヨルダン人に化けるとか、どうでしょう?
「よるだん人でんねん あんまんも豚まんも好っきやねん
おまけしといてんか 夫婦で安ぅしといてよるだん」
遺跡はレリーフみたいですね 奥行きが狭いのも愉快
猫はこんな場所にもいるんですね ちょっぴりヨルダン顔と言えなくもありませんが 日本猫と見分けがつきません。
話変わりますが、先日ドライブ中にFMラジオでチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を聞いていると、繰り返されるテーマに聞き覚えがある気がしました。いつどこで耳にしたかすぐには思い出せません。でも、その旋律は、生きることへの勇気と生きる悲しさの両方を、胸に刻むくらいインパクトがあったのです。バレエ曲?オペラ?まさかラジオドラマ?と記憶をたどるうち、ようやく映像とともに蘇ってくるものがありました。
舞台衣装を着た両手を広げ、パリの聴衆の前で日本語のシャンソンを歌う人・・そう!松本かずこさんの「黒いワシ」だったのです。国民的歌手バルバラの持ち歌ですが、
松本さんのライブのほうが真に迫ってくる印象です(バルバラ録音盤はアレンジが妙にポップス寄りで落ち着かない)
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲とバルバラの L'Aigle noir、本当ちょっと似ていました♡

https://ameblo.jp/fayfake/
投稿者:ringo
よしえさん
こんばんは。
ヨルダンのペトラ遺跡へ行かれたのですね。
私も行きたいと思いつつ、あまりにたくさん歩かないといけないので、ずっと躊躇しています。ツアーで行くと、馬車は乗れないことになっていますので。1日3万キロは無理みたいです。よしえさんのお写真を見て、行ったつもりになろうかしら。宝物殿のライトショー、きれいですね。行きたくなってしまいます。
今年もあと1日を残すのみとなりました。「今年もパリをお散歩」を楽しませていただきました。ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします。
よしえさんも、良いお年をお迎えくださいね。

https://sun.ap.teacup.com/ringo

著書 2

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ご意見、ご質問箱

パリ情報

お勧め! パリの 短期賃貸アパルトマン

お勧めHP

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ