パリをお散歩

あなたの知らなかったパリはいかが!?
パリをテキトーに歩きまわりながら、世界を旅するブログ。

私の本を買って下さった方、まだの方にも感謝を込めて

 
こんにちは サラダ研究家の宮内好江です。 パリをいっしょにお散歩しませんか!

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よしえ
はるすみさん、藤田嗣治の絵は日本ではフランスほど評価されなかったようですが、お母様はファンでいらしたのですね。きっとそれを聞かれて天国の藤田画伯はとっても喜んでらっしゃいますね。 この会場ではひょうきんな藤田画伯が映る動画も見ることが出来ます。あの当時動画だなんて驚きましたが、まるでチャップリンの映画を観ているようです。本当に手先が器用で、洋裁も得意だったようですね。
私もこんなステーキを頂く機会は少ないですが、時々豪快に肉に食らいつきたい! 気分になったりします。よね!?(笑


ぽんさん、水仙が咲けばまだ肌寒くても春の到来は遠くないですね。でも桜はまだなのに先にツツジが咲くのですか?こちらは逆です。
藤田嗣治はフランスではダントツで有名な日本人画家です。でも当時は日本ではイマイチ評価されなかったそうですが。この展示会、この後7月31日〜10月8日に東京都美術館で開催されるようです。karinさんが教えてくださいました。機会があったらぜひ!


Hairprioriさん、藤田画伯はフランスでの方が有名!? そうみたいですね。当時は日本ではイマイチ評価されなかったようですし。でもこの展示会この後、7月31日〜10月8日に東京都美術館で開催されるようです。karinさんが教えてくださいました。機会があったらぜひ!
投稿者:よしえ
FAYさん、こんにちは!Tボーンステーキはサーロインとフィレを楽しめるステーキだそうですが、スミマセン。実はこれ間違いで、これはCôte de bœuf (骨付きあばら肉)と呼ばれる部分で、フランスではとっても人気があるのです。骨がドーンとあるので迫力がありますが、薄くは切れないので、日本では出しにくいのかもしれません(訂正させて頂きました)
藤田画伯の絵は油絵とは思えないタッチですね。日本人だという先入観でしょうか?私は油絵とは思わなかったぐらいです(苦笑


Hisamiさん、Tボーンステーキはアメリカンなイメージですか?日本ではあまりないですよね。すみません。実はこれ、骨付きあばら肉で、ロースに近い肉です。フランスでは人気がありますが、あまり薄く切れないようなので日本ではあまり見ませんね。


Karinさん、こんにちは!そうなんですか。この藤田嗣治の展示会はこの後日本に行くのですね。今日日本からいらした友達は、日本で行くのは混んで大変だから絶対こちらで行くと行ってました。でもそんなに長く開催されるなら平日ならそれほどでもないですよね? ぜひ行かれて下さい!
今年の黄色の絨毯はまだ少し早かったようです。こちらではステーキが美味しいお店を探すのはけっこう大変です。フランス人は硬い肉がお好みのようですから。
投稿者:hairpriori
このフジタさん・・

日本でよりも
フランスでの方が
有名ですね

http://hairpriori.exblog.jp/
投稿者:ぽん
春になるの早い!!  こちらもなんだけど、緑がまだまだ・・・  桜なんてまだまだ・・・
ツツジと梅、水仙は咲いてますねぇ〜☆
その方の知らないなぁ〜・・・  疎いぽんでした・・・
パリで展示会出来るだなんて相当そちらでも有名なんでしゅねぇ〜・・・

http://hokkaidounahibi.blog.fc2.com/
投稿者:はるすみ
藤田嗣治は亡き母がファンでした。画集を大事にしていた母が思い出されます。藤田の写真6点は珍しいですね。右下はミシンをかけてる藤田でしょうか。興味深いです。

大きなステーキ!美味しそう〜滅多に肉を食べない私ですが、この写真のようなステーキに一度挑戦してみたくなりました!グリーンアスパラも美味しそうです。
投稿者:karin
よしえさん こんばんは

東京で暮らすようになってから、私も2回ほど藤田嗣治展が開催されて出かけたことがあります。

先日プーシキン美術館展に行ったときに知ったのですが、「没後50年 藤田嗣治展」というのが東京都美術館で2018年7月31日(火)〜10月8日(月・祝)の間開催されます。

きっとよしえさんのご覧になった作品も東京へ貸し出されるのでしょうね。楽しみにしています。

毎年案内していただく菜の花畑!咲き始めましたね。青空の下の「希望の色」黄色の菜の花畑、、、ほんとすばらしいです。

美術鑑賞の後のお食事が今までの最高と言えるほどのステーキ・レストラン!よかったですねぇ、、、。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:hisami
Tボーンステーキってアメリカのイメージがありますが
パリの代表的料理なんですねぇ
そう言えば!”
一昔前の西洋料理のメインはステーキでしたね(笑)


http://hello.ap.teacup.com/inthesea/
投稿者:FAY
よしえさん こんばんは
私の大好きなフランス人作家サガンもビフテキ好きですからね。
Tボーンステーキはたしか二つの部位のお肉がいただけるんですよね(忘れました、どことどこか。だって食べたことないし)
ところでレオナールフジタ作の屏風絵には驚いたと同時に、深くうなづかされました。というのも、ある作家の分析によれば、パリで藤田嗣治は、油絵の具を使いながらも内容的には日本画を描いていたんじゃないか!?ということでした。
たいへん大胆は推理。そうかも知れない・・・と思ったりして。描線が端正ですもの♪

https://ameblo.jp/fayfake/

著書 2

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ご意見、ご質問箱

パリ情報

お勧め! パリの 短期賃貸アパルトマン

お勧めHP

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ