掲示板「Web三曲」はこちら
邦楽部紹介  

山口大学に合格、進学を決められた皆様、おめでとうございます

ここは、山口大学文化会邦楽部のページです。

私たち邦楽部は、「箏」「三絃」「尺八」の3種類の楽器を使って演奏しています

主な活動としては
○老人ホームでの演奏会(主に5〜6月上旬、おじいちゃんおばあちゃんたちと歌います!)
○音楽祭(他の音楽サークルと合同でやります!)
○中四国学生邦楽交歓会(次回は島根です!)
○定期演奏会(1年間の集大成ですね!)

があり、部員同士切磋琢磨キラキラしながら
火・木曜日の18時〜、土曜日の9時〜の週3回(先生に来ていただくのはうち1回)サークル棟の和室で活動しています。

箏も三絃も尺八も、普段あまり目にする機会のない楽器です。
みなさんは「和楽器」と聞くとどんなイメージがあるでしょうか?
お正月っぽいとか、時代劇っぽいとか、「古い」というイメージが多くの方にはあると思います。
しかし、最近は津軽三味線の吉田兄弟をはじめ、「杵屋七三社中」や「和楽器バンド」といったアーティスト(というよりプロ集団)が出てきています!
今、和楽器はアツいんです炎

「興味がある、けど音楽経験無い…。」
と思っている方、大丈夫です。
部員のほとんどは大学で和楽器デビューです。
そして五線譜ではないので、楽譜が読めなくても、音楽経験が無くても心配ありませんチョキ

音楽がやりたい、新しいことがやりたい、和楽器に興味があるという方!
ご連絡やコメントをお待ちしております!
11

ようこそ!  

ようこそ!山口大学邦楽部のページへ。
我が部は筝(琴)・三絃(三味線)・尺八を中心とした、
伝統楽器を演奏する大学サークルです。
いらっしゃった方は、ご自由に掲示板に
ご意見、ご感想、意見・情報交流にお使い下さい。
→「Web三曲」

卒業生の方と現役部員の決定事項の話し合い用掲示板
→「Webミーティング」
 沢山の書き込みお待ちしています
(入場にはパスワードが要りますので、「Web三曲」から管理人へメールでご連絡ください。
“パスワードはOB会会報名を半角英語で” 分かる方はどんどん入場してください)

6

今日は月が赤いんだ  



いよいよ寒くなってまいりましたね。
寒がりの笛吹きは、個人的に秋の装いをしているつもりが、
「あったかそう!」「それは冬だよ」と言われてしまいます。
いやはや、おかしいですね。


こうも寒いと、尺八は鳴りにくい!
それに技術もない、合評会ごときで緊張する!
じ…実力が発揮できない。
(発揮する実力がないのか?いや、まあそうかもしれない。)
だから定演に向けて不安しかない!
兎に角、練習しか!
吹いて吹いて吹きまくるしかない!


ということで、割とさっきまで練習しておったのです。
そして想定外に長時間が経過し、頼みの綱の学食が終わってしまいました。

自炊する気力もなくコンビニで麻婆丼とクリームたいやきを入手。
チャリチャリーっと帰宅途中、ふと空を仰いで「はっ」となったのです。

・・・・・・月が赤い。








今回は定演の詩、未発表作品集第2弾!!
※タイトルはまったくもって関係ありませぬ。






<月の見えぬ夜は>




月の見えぬ夜は
雲の上に夢が咲く
見えぬものこそ
やさしさに
聴こえぬものこそ
はげましに

わたしはそっと目を閉じて
空の彼方に届きませ
今という夢が
明日という光になりますよう

月の見えぬ夜は
雲の上に花が咲く
見えぬものこそ
やさしさに
聴こえぬものこそ
はげましに




<少年>




緑の丘を駆けあがる
野にある羊を追いかけるように
あの雲の峰をめがけて
いつかこの両手が
大きな翼になって
期待を全部抱けるように
ぼくは世界を祝福する
世界がぼくを拒むとき
それは
ぼくが世界を変えるとき





さてさて、定演の情報の復習をいたしましょうね。

覚えておりますか?


日時:12月10日(土) 13時開場〜13時半開演
場所:ニューメディアプラザ山口







それでは、皆さま、笛吹きに負けず温かくしてお過ごしくださいな。
Adieu!



1

未発表だって日の目を見たい  


今年の定期演奏会パンフには詩が載っております。
これから数回にわたって、世に出ることのなかった拙作を発表いたしますね。


……ん、需要あるのだろうか。
まあまあ、気にしない気にしない





エントリーナンバー1




<しずかな勇気を>


頭上の青はあらわれて

わたしはほんの少し背のびする

けさ、窓辺に白い花が咲きました

小さな黒いたねから

名まえも知らないあざやかさ

今日のはてに

きっと見つけられるわ

世界はきっと

(わたしが思う以上に)

たくさんの色を見せてくれる

(あなたが思う以上に)

たくさんの歌をきかせてくれる

だから、しずかな勇気を

一歩を重ねるごとに

背なかの道はふるさとになって

一歩を重ねるごとに

景色はわたしに飛びこんでくる

はじまりは、いつもここにある

だから、しずかな勇気を





日常は「しずかな勇気」の積み重ねなのです。
刻一刻と変化し、とどまることのない世界。
わたしたちの音色は、そのなかでどのように紡がれるのでしょう……
哲学。






エントリーナンバー2



<その朝風がまぶしかったから>


たからものの箱をあけるときみたいな
しずかな高鳴り
わすれていたことをわすれていた
めざめたときの白い光みあげて

その朝風がまぶしかったから
ほんのすこしそんな気がしたの
出かけるにはちょうどいい
地味な灰色のドレスさえすてきに見えた


雨つぶみたいに流れていく痛みは
いつか花になる
さびしさは雪ねどこまでも
ここにつもって心ねむっているみたい

その朝風がまぶしかったから
ほんのすこしそんな気がしたの
顔のみえない人がどこかに
そういう人のために生きてみたいと


景色はめぐるそんななかでもっと
おぼつかないけれど
風や川がいつも新しいように
わたしはこれからいまを旅にかえたい

その朝風がまぶしかったから
ほんのすこしそんな気がしたの
出かけるにはちょうどいい
そのままのわたしでいま歩き出してく




舞台に立つと、意外と客席って見えないものですよね。
ステージが明るすぎるのと、客席ってとっても広いし。
でも、そこにいて、聴いてくださる皆さん一人ひとりのために、わたしたちは演奏する。
間違いなく。
高まる緊張の緊張の緊張の先。
震える鼓動の先に、つながる心の輪が広がりますように、
なにかが変わりますように。



1

寒くなったね、帽子の季節だ  活動予定

いやいや、まことにお久しぶりです。
これまでブログ更新をさぼって何をしていたかというと……

よくぞ聞いてくれました!

聞いてねえよ!って思った方も、どうかお付き合いください。

ええとですね、それはですね、

第49回 定期演奏会のための練習なのですよ!

と、いうことで
今回は宣伝回。開催の概要をお知らせします!


◎日時:12月10日(土)
    13時開場/13時半開演

◎場所:ニューメディアプラザ山口

◎入場料:300円

◎曲目
1.八千代獅子
2.招春賦
3.RYÔ-乱
4.千本桜
5.合竹の賦
6.落葉の踊り
7.明鏡
8.雪月花によせて
9.日本民謡による組曲


今年度はなんとパンフレットにも工夫アリ、大合奏曲アリ。
一味違う?山大邦楽部をご賞味あれ!どうぞどうぞ!


笛吹きが裏管理人となる日もそろそろ近づいてまいりました。
表管理人であるあいだに、なにか成し遂げたいものです(←なにを?)


それでは、次回更新まであでゅー✨
1




AutoPage最新お知らせ