| 投稿者: you

おもな登場人物

わたし
こないだまでバンドやってた気がするが、あっという間に2児の母。13キロ増えた体重が
産後は食べても食べてもどんどん落ちてくるんで
調子にのって食べてます。母乳育児万歳。
最近は裁縫に手を出し、手作り作家に憧れている。

だんなさん
趣味は検討すること。何を検討するのかは特に決まってない。
他に研究、分析、下調べ大好き。たまに考えすぎて熱を出す。
特徴は指が少女のように繊細。

しゅんさく
長男。イヤイヤ期を絵に描いたような見事なイヤイヤっぷりを披露する魔の2歳児。
母の実家と親戚の家の2世帯の間にだけ天才説がまことしやかに流れるが本当か?
眠る姿は観音像のように神々しい。
口がクチバシみたいにとんがっていて、コップで水を飲むときなど便利そう。
驚いたとき、楽しすぎて興奮したときなど、特にとんがる。

エマリン
兄がうるさい分、全く手がかからない空気の読めるかわいい5ヶ月の女の子。母の癒しの天使。が、しゅんも赤子の頃はこうだった。。将来は。。。


チビタ
捨て猫から一転、親切な夫婦に拾われて
ネコタワーまで買ってもらったラッキーキャット。
最近は俊くんにアイドルの座を奪われてやさぐれ気味。
留守中は茶を飲みタバコを吸っているという情報も。
他にワルクロ、クロ長、ワルネコ、ネコスケなどと呼ばれる。
1

2010/12/24 | 投稿者: you

埼玉に帰ったら絶対イヤイヤ野郎・しゅんさくを保育園に入れてやる!!
と意気込んでいたが、直前になって、やっぱり毎日離れるとなると
しゅんを手放すのが惜しくなり・・・複雑な母心です。
しょうがない、覚悟を決めて二人まとめてどっぷり育児生活にはまってやる!!

たぶんこれから一年が、一生のうち最も子供と濃密に過ごす時間となるでしょう。
成長を間近に見られて幸せでもあり、こども地獄でもあり・・・。

覚悟を決めた以上、頑張ります!!オリャー!
0

2010/11/14 | 投稿者: you

飯能にもどってきてはや2週間・・・。

最初の週は、母がついてきて、ゴミ屋敷と化していた家を片付け、
のび放題の庭の草をカマでバッサバッサと刈り、仕事が終わったと思ったら予定の1週間を待たず、早朝、しゅんが目を覚ます前に嵐のように帰っていった。

母はスッキリとした顔で帰って行き、私も笑顔で「ありがとね〜バイバーイ」と見送ったが、内心は不安でいっぱい。
エマちゃんが生まれてから、一度も私一人で一日中、二人の面倒を見たことがない。

私一人では、幼児と乳児抱えて外出もできない。
ママの側からぴったりひっついて離れないタイプの子ならまだしも、
しゅんはそんなタマじゃない。
外に出るやいなや、鉄砲玉のように走り出して、ちょっとの隙にいなくなってしまう。
長崎でつくづく感じたが、しゅんを連れてバスを待っている間、のどが乾いたので持っていたペットボトルのお茶を飲みたかったが、ボトルを傾けている間に視界からしゅんが消えてしまうのがあぶなっかしくて、おちおち飲むこともできない。それくらい危なっかしいのだ。


言うこと聞かん盛りまっただ中のしゅんをどうやってコントロールするのか。

この年になって初めて親から離れて暮らすのが不安だと思った。


飯能に帰ってきて、2週間のうちの半分は、パパ不在。

風呂なんかもう大変。

まずは、エマちゃんは風呂マットに待機、風呂のドアをあけたまましゅんを洗う。
しゅんを湯につけ、おもむろにエマを取り出し、裸にして洗い、
三人で湯に浸かり、すぐ上がりたがるしゅんをなだめて、エマを上がらせ、軽くふいて、裸のままタオルをかけて待機させ、
しゅんをタオルで拭いて、オムツだけはかせ、放流。
エマに服を着せ、しゅんにパジャマを着せ、湯冷ましを用意し、
ほとんど自然乾燥で乾かした自分が服を着て、しゅんに「オチャ」と要求をされながら
エマに湯冷ましを飲ませる。

シュンエマシュンエマ・・・・。

自分が髪や体を洗うのは二人が寝た23時過ぎ〜です。


まあそれは良しとして。

困るのが、3人の時に買い物や外遊びができないこと。

前述の通り、しゅんが鉄砲玉なもんで、
この前なんか、

「おかしゃん、ダ・イ・ス・・・チ!」
の「チ」のところで、私の手をふりほどいてとっとと遠くへ走って行った。




そんなわけで、今のところは週2回、午前中だけ保育園の日を別として
まるで落盤事故にあったチリ人のように閉鎖された家の中でごまかしごまかし暮らしています。


基本的に、毎日怪獣ごっこだけど、それだけじゃ単調なので、
今日はねんど遊び。この前はシャボン玉。
料理を手伝わせる(かきまぜるだけとか)ことも。



昨日、肩こりの磁気ネックレスを外して、ムチのように振り回しながら
それを怪獣に持たせ、

「ガオース、ながい線!!」


と言ってました。どうやら武器のつもりらしいが、線というより紐だろ。


最近嬉しかったのは、保育園のお迎えで、3人で車から降りた時のこと。
エマちゃんをだっこして、しゅんと手をつないで家に入ろうとしたら、
しゅんが

「えまちゃん?」

と言った。
どうやら、エマちゃんが見えなくて、車の中においてきたと思ったらしい。


人のことまで考えられるようになったのかと、
おかしゃんは非常に嬉しく思いました。

2

2010/10/20 | 投稿者: you

暴れ馬のようなしゅんさくですが、
最近よく、ことあるごとに

「おかしゃん、ダイスキ」

と言ってくれる。

普段はかわいさ余って憎さ100倍、こんガキャもう手に負えん、と毎日思うけど
そう言われると

「おかしゃんもしゅんくんダイスキ〜〜〜

とラブラブ濃密なタコチューの嵐に。

その様子を見た母は

「しゅんくん、ばーばは?」
と聞く。すると

「・・・ダイスク」

「ダイスク?じゃ、じーじは?」

「・・・ダイスチョ」


あんまり「ダイスキ」と言いたくない人には
ダイスクとかダイスチョなどと言ってごまかす賢さ。??

「おかしゃん、うんてんじょーずねぇ」
「おかしゃん(料理を)つくった、ありがと」

などなど、おべっかも使えるようになりました。
4

2010/10/12 | 投稿者: you

ずっとブログを更新できなかったので、過去のエピソードもありますが
覚え書きとして残しておきたいと思います。

電車のDVDを見ながら、図鑑で同じものを探すのがとにかく早い。電車の角度が違っててもすぐに「こで!いっしょいっしょ」と当てる。私より早い時もしばしば。

しかも、図鑑のページをめくっていて、表紙にのっているのと同じものが出てくると、(表紙にはたくさんののりものの絵がある)「いっしょいっしょ」と指さす。つまり、表紙の絵も頭にインプットされている。

エマリンを出産後、入院中は、じじばばと一緒にねんねして、かなりおりこうだった。が、退院後は悪魔のように理不尽なことで一日泣き続け、私はノイローゼ寸前。(先のブログ参照)

悪魔の時期の最盛期は、2週間ほどでだいぶおちついた。が、今もちょっとしたことで大泣き、いたずらで親を困らせる。

図鑑を持ってきて、「しゅんくん、消防車をこの中から探して(難しいかな?)」と言うと、くるりと背表紙を向けて「こで」と背表紙に描かれた消防車を指した。てっきり中のページをめくって探すと思ったのに。背表紙に消防車がのってたなんて、私はすっかり忘れていた。

怪獣、ゴセイジャー大好き。
ゴセイジャー赤→しゅんくん 青→おかしゃん ピンク→まちゃん(えまちゃん)
黄色→パパ だそう。 

いつも刺身を注文する田作鮮魚店にて、「しゅん君、お魚おいしかったね?どのくらいおいしかった?」と聞かれ、“このくらい”と手を広げて見せ、その後「シロイゴハン、ハシモッテタベタ」と言った。

母が、「明日はスパゲティナポリタンを作ろう」というと、台所からスパゲティとトマト缶を持ってきた。

近所の親戚からかわいがられる。わざわざお迎えがきて、30分ほど家に遊びに行く。
昨日は公園、スーパーに連れて行ってもらい、バスのおもちゃをかってもらった。ありがたや。

そこのお宅で、毎回やることは、仏様のマッチ入れに細長いお香立てを入れ、ろうそくを立てたつもりになり、チャッカマンで火をつけるまねをし、お経の本を広げて「まんまんまん・・・」と唱える。
「これ触っちゃダメよ」と言われると決して触らない。別の日に来ても触らない。家に居るときと大違い。
この前迎えに行ったら髪を一束ヘアクリップで止められていた。
教えてもいないのに美顔器を顔にあて(ひげそりと勘違いした?)、あんま機を掃除機と勘違いして床にあてる。
利発なので、その家のおばちゃんから「神の子ばい」と言われている。

9月
怪獣で遊ぶしゅん。母が「えまちゃんに一個貸して。」と言い、怪獣を取ると、サッと取り返す。また別の怪獣を「えまちゃんにこっち貸して。」と言うと、またサッと取り返し、2体の怪獣を胸に抱き、「こで、しゅんくん、だいじだいじ」と言う。「じゃ、どれをえまちゃんに貸していい?」と聞くと、ベネッセのちゃちなバスのおもちゃを持ってきて渡した。

料理本を見ながら、焼き魚のページで「これなーに?」と尋ねると、「サンマ」「サバ」と答える。(ちなみにサバは切り身)「おさかな」と答えると思ったのに。

10月7日
「おかしゃん、タイラント(怪獣の名)さがして」と言う。
タイラント、ベムラー、エレキング、レッドキング、ゴモラなど怪獣の名はほとんど覚えた。自分で言えるのも数体いくつか。

10月12日
夜寝る前に、
「丸くてツブツブで、紫で、皮と種があっておいしいもの、何だ?」
「びどう!」
「皮があって、白くて、中にお肉が入ってて、今日食べたもの、何だ?」
「ぎょーざ!」
など、クイズにも答えられた。


10月12日
保育園の連絡ノートに、先生より「最初の頃は大人しく遊んでいましたが、最近は慣れて元気に遊んでいます。ブロックをお友達と取り合いになって負けそうになると、顔をつねってやっつけて取るという知恵もついてきました」と書かれる。いいんだか悪いんだか。

1




AutoPage最新お知らせ