不眠症  医学情報

注)以下に記載されていることをそのまま信じないで下さい。私は了解していますが、皆さんに押し付けるものではありません。疑問を感じたら、ご自分で調べ、ご自分で判断下さい。あくまでもこれはひとつの情報にすぎないことをお断りしておきます。

不眠症と言う嘘の病気がある。嘘の病気はたくさんあるが、これは大きな嘘のひとつである。


不眠症で眠れないんですって僕のところを訪ねてくる。その前に、いろんな病院を何ヶ所も駆けずり回り、高価なサプリメントや漢方薬を飲んで多額のお金を失っている。

有名な医者の所に行ってもお金をとられるだけで、何ら有効な治療を持ち合わせていないばかりか、ロクに相手にもされず、短時間で追い払われ多額のお金を要求される。書籍などを著している有名な医師にもこの輩が多い。本の中とは全く別人。

どこに行っても治らないんです。遠方に名医がいるからそこに行こうとも考えたのですがって言う。

僕は、そんなことは止めなさい。という。

患者は、眠れないんですという。

どれくらい眠れないかと聞くと、3ケ月位前から眠れないと言う。

それでは昼間眠くて仕方が無くて仕事に支障が出たりしてますか?と聞くと、それが昼まっも全く眠くないし仕事もできると言う。

それでは何が問題なんですか?と僕は聞く。

眠れないんですと患者は言う。

眠れなくていいじゃないですか?って僕が言うと、患者は何を言っているのかという顔で、僕を見る。何しろ相談してきたことを頭から否定しているからだ。

そこで僕はこう言う。あなたはもしかしたら、眠らないといけないと思っているのではないですか?

そうするとこう言う。だって、NHKの健康番組で、睡眠は質が重要だとどこかの医学博士が言っていたと。

それは嘘ですよ。あなたは騙されて病気にさせられています。不眠症と言う病気はありません。騙されていますよ。あなたは、存在しない病気で、薬を飲まされ苦しんでいる。不眠症は嘘の病気です。

そして、続けて僕はこう言う、眠れなくてもいいんですよ。横になっていればそれでいいんです。次の日も働けるし、身体も心も大丈夫。そうしていればそのうち眠れる。ずっと眠らないことは人間には出来ないのです。

そのうち眠れる。もっというと、眠れる日もあれば眠れない日もある。それが普通です。眠らなければならないではなく、眠れるにこしたことはないと考えて下さい。もちろん眠れた方が気持ちはいいでしょう。でもそれに病的にこだわる必要はありません。病気ではないのですから。

あなたは、睡眠は質であり、眠らないといけないという嘘で騙され、洗脳され、眠れないと病気になる。あるいは病気だと思い込まされている。そして、ありもしない病気で苦しみ、交感神経(ストレスの神経)が緊張し、皮肉なことに不眠、食欲不振、便秘、胃腸の不具合、高血圧、動機、息切れ、手足の冷えに悩まされる。

どんな名医のところに言っても、不眠症と言う病気が嘘だと言う事を教えてもらえ無いので、薬漬けになり、病気が増えていく。テレビや新聞、国の広報などで常に、睡眠は質であるというメッセージを受け取る。どこもかしこもメッセージで溢れている。それは映画「ゼイリブ」のようだ。洗脳して恐怖を煽り、製薬企業は薬を売りつける。これに国も一役買っている。それは、経済の為です。健康の為ではありません。

They Live 1988 ~ Full Movie
ゼイリブ

http://www.youtube.com/watch?v=n9RbifulYj4


睡眠で大切なのは、睡眠の質ではなく、量(時間)である。寝ることではなく、横になって、骨(骨髄)を休めることである。骨は立っているときは重力に逆らっているため、身体を支えるのがやっとで、造血や白血球を作ったり、骨をリモデリング(再構築)したりできない。横になって、重力から解放されたときに造血等ができるのだ。だから、横になっていれば何の問題も無い。この時、眠れないからと起きて縦になってはいけない。ますます眠れなくなるうえに、造血や白血球を作ったりする時間が足りなくなる。

そうなるとどうなるか?再生不良性貧血や悪性貧血、白血病などのあらゆる病気の可能性がでてくる。夜中に、交感神経を緊張させると言うことは物凄いストレスになるのだ。
大人で横になっている時間は7〜8時間、子供で12時間は必要と言われている。足りない人は、昼間に少しでもつじつま合わせの骨休めをすることだ。

こうしてみると、睡眠時間不足の人はよくガンになることがわかる。例えば、芸能人にガンが多い。

こういう話をすると、寝なくていいということをすぐに理解して、“ホッ”としてその晩から眠れないことにこだわらなくなる人も多い。

しかし、洗脳が深く。僕の言うことが頭では理解(ここも怪しいのだが、本人は理解していると言う)しても、身体が理解しておらず。何回、治療しても、やはり眠れないと睡眠にこだわる。本当に一週間ずっと眠れないのって聞くと。多分、ところどころ寝ているという。もっと具体的に聞くと、12時と4時に目が覚めてそれから眠れないと。

寝てるじゃないですか?

そもそもあなたが言う良い睡眠とは何ですか?毎日、ぐっすり眠れることを要求しているのですか?その基準は?と聞くと答えられない。

あなたが要求していることは、例えて言えば、天気が雨なのに、なんで晴れないのかと怒っているようなものです。わかりますか?

つまり不可能なことを要求している。

もし、僕の言うことが理解できないのであれば、どうぞまた、病院めぐりをして下さい。
別に僕のところに来なくてもいい。これはあなたの問題で、僕は、あなたがどうすれば良くなるのかを説明し、良くなる治療をする。治療は全力でしますよ。でも僕が言ったことに気づいて、良くなるかどうかはあなたの問題ですよ。僕はあなたのすべてをコントロールできる神様ではありません。僕にコントロールされたら、あなたは僕の奴隷になりますよ。

こんなやりとりになる。

そのときに、彼女が僕に、先生の講演CDを下さい。眠れないときにはそれを聞いていれば落ち着いて眠れるようになるかもしれません。

僕の講演CDにそんな力があるとは思いもしなかった。しかし、それは僕による洗脳ではないのか?と疑問を感じたが、確かに、僕が聞いていても心が落ち着く(ナルシスとの変人ではありません)。こういう使い方もあるのだね。

ちなみに、睡眠薬は眠れるようになるのではなく、気絶しているのです。だから、犯罪に使用される。寝ている人は起こしたら起きるけど、睡眠薬で気絶している人は起きません。睡眠薬貰って、眠れました。先生ありがとうってコントですか(笑)。


今朝、澤穂希「良性発作性頭位めまい症」と診断
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120312-00000080-mai-socc というニュースを朝のワイドショーでやっていた。

これもコントである。「良性発作性頭位めまい症」という嘘病気。診察の風景を考えると笑える。白衣の医者が、これは「良性発作性頭位めまい症」ですね。はぁそうでうかとやりとりを考えるとコント以外のなにものでもない。コメンテーターも、しっかりと休んで治して下さいと言う。
治すも何も、疲れているだけなので休めば良いだけ。もし澤選手が本当に病気になったら、病気にさせられたと思って下さい。めまいなんて簡単に治る。もちろんすべてではないが。

嘘病気というものは病気ではなく、生理学的な正常な現象であるという特徴があります。以下に挙げる病気は、嘘病気の可能性があります。ぱっと思いついた分だけなのでもっとたくさんあると思いますが。

不眠症、神経症、鬱状態、高血圧、糖尿、痛風、逆流性食道炎(胃炎)、月経困難症、月経前緊張症候群、不安神経症、パニック障害、更年期障害、高脂血症、高血圧、歯周病、痔、頭痛、偏頭痛、メニエル、めまい、ガン、椎間板ヘルニアなど多数。ほとんど嘘。

最近、このインターネットの世界も規制、抑圧の手が伸びてきているようだ。有名なサイトが突然遮断されている。まあ、僕の様に影響の無いブログは問題ないと思うが、もし、僕のサイトが遮断された時には、僕のブログの読者は、声を上げて下さい。ブログをお持ちの方は記事にして下さい。そしてその方たちのブログも閉鎖されたら、今度は、そのブログを見ていた人たちが記事にして下さい。そうやって対抗しましょう。ネズミ算で抵抗するのです。ネット自体が無くならない限り増殖できます。そして、必ず、僕は復活します。

今日も、記事を読んで頂いてありがとう。眠れなくても大丈夫です。
64



2012/3/14  9:51

投稿者:元気

壁際椿事さん

こちらこそはじめまして、就職活動はうまくいきましたか?(笑)
不眠症と言う病気はありません。ある種のこだわりですね。だから、不眠症が解消されればまた他のことにこだわる。こだわりの対象が変わるだけ。本質であるストレスを改善しなければ。

それにしても、理由はわかりませんが、よく起きていられましたね。ある意味凄い。

あなあの記事を読ませて頂きました。フリーランスとは自由な立場でいいですね。ぜひ就職活動などせず、フリーで頑張ってください(いい加減でごめんなさい)。

電力が足りないから原発再稼働などではなく、発想を変えて、電気に頼らない生活。どうですか、非電化住宅http://www.hidenka.net/などリサーチしてみませんか?場合によっては非電化建設会社を立ち上げるとか?

これなら災害にも強いし、環境にも優しい。これからは非電化だと僕は思います。ネットで検索すれば、いろんな非電化があります。これは、僕も個人的に調べています。これは個人的なことなので、もちろんあなたの自由ですが。まあ、どうであれあなたの今後のご活躍を楽しみにしています。ありがとうございました。

2012/3/14  9:32

投稿者:元気

ぷみさん

それなら非常によく理解されていると思います。製薬会社の会議室で何が話し合われているのか?どうすれば売り上げを伸ばすことができるのか?そう考えれば、製薬会社が何をしているか容易に想像できるはず。皆さんの会社の販売戦略会議を思い出しあてはめてて下さい。

本当に治療が必要な方は、不眠症が本質ではなく、不眠症をもたらしているストレスが本質です。これは僕が治療しましょう(笑)

ぷみさんは本当に凄いですね。あんなに難解な本を翻訳できるとは、そして目の付けどころが素晴らしい。あの本に気づくことが素晴らしい。感性と直感が優れていると思います。近いうちに記事にします。先日、僕の亜コースティックギターを444hzでチューニングしてみました。まだ途中なのでこれでいいのかわかりませんが。

気持ち良く歌えました。

2012/3/14  9:26

投稿者:元気

mixi 猫さんが好きです 鈴木えみ子さん

医者は病気を治せないし、知識も全くない(すべての医者がそういうわけではなく良い医者も稀にいます)。このことを何故か一般的に全く誤解しており。医者が言うことが正しいと思っている。何しろ、良い大学を出ているし、頭がいいのだからと。頭がいいのと学力はあまり関係ないし、専門バカもいる。専門バカは専門以外のことは全く分からず、しかも自分の専門についても易しい言葉で説明することもできない。

学力とか権威などの肩書に畏怖したり、ありがたがったりする必要は全くない。実はあなたも東大の教授と議論が出来る。相手にならないと思い込んでいるだけ。対等の人間として議論できるのだ。専門的知識など要らない。ここに気づいてほしいと僕はいつも思っています。

膝、腰が良くなるのは当たり前のことです。良かったですね。

2012/3/13  14:58

投稿者:壁際椿事

はじめまして。楽しく読ませてもらいました。
昨年末、12月29日夜から、31日夜まで、48時間、起きていました。24時間過ぎくらいから、「頭が変になるのでないか」という思いにとらわれ、36時間過ぎからは、「このまま横になったら再び起きられないのではないか」という思いに陥りました。
結局、31日夜床に就くと、元日の10時ごろ目覚めました。睡眠時間12時間くらい。ふだんより少し長い程度です。元日は、目覚めから快調です。
不眠症というのも、結局、自意識なんですね。

http://blog.goo.ne.jp/nakayoshi_2009

2012/3/13  14:32

投稿者:ぷみ

以前製薬会社のPRをしていたのでよくわかります。
薬を売るために病気が宣伝されています。
本当に治療が必要な方もいるでしょうが、そんな気にさせられている人の方が圧倒的に多いのだろうと思います。

http://pumipom.jugem.jp/

2012/3/13  13:35

投稿者:mixi 猫さんが好きです 鈴木えみ子

この記事を読んで、思い出しました。
膝・腰が痛くて悩み抜き 大きい病院に行きました。
(まだ50歳)

<結果> 
医者:「年相応ですよ」
私:??「もう治らないんですか?」
医者:うなずいて 終わり。

帰り道 悔しくて涙が出て 
・・以前に主人の腰痛が治った「整骨院」に直行し
「この悔しさをぶつけました」

<結果>
先生:「歩いてみ・・」
私:???
(つま先から歩いていた)
・姿勢良く・かかとを先につけて歩く
・正しい歩き方+歩きやすい靴に変えて全快です。 

http://mixi.jp/view_message.pl?id=3ccb299a214f7fd6ece5bab8c0e5a86a&box=inbox&page=1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ