2012/3/9

(無題)  ダイエット

どうしても気になる、二の腕や太もものセルライト。このセルライトは普通の脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)と違って、一度身体についてしまったらダイエット(心身に負担のかかる方法で行っても、体に悪いですし、効果は期待できないでしょう)をしても無くすことは出来ません。

けれど、その部分に湿布(消炎鎮痛剤を配合した第二世代の湿布と呼ねれている湿布もあります)を貼るのみでセルライトを収縮させて、目立たなくする事ができるためにす。それが、現在注目されている部分痩せ湿布(皮膚が弱いとかぶれてしまうこともありますし、消炎鎮痛剤が配合された湿布を長期間使用し続けるのは良くないといわれています)ダイエット(睡眠不足や栄養不足が妨げになってしまうことも多いようです)です。

この部分痩せ湿布ダイエット(人によっては、多額の費用と時間をかけて行うこともあります)、単純に市販の湿布(皮膚が弱いとかぶれてしまうこともありますし、消炎鎮痛剤が配合された湿布を長期間使用し続けるのは良くないといわれています)を気になるところに貼れば良いと言った訳ではありません。
湿布(皮膚が弱いとかぶれてしまうこともありますし、消炎鎮痛剤が配合された湿布を長期間使用し続けるのは良くないといわれています)は必ず、薬草が浸透されている湿布薬を使います。この湿布(消炎鎮痛剤を配合した第二世代の湿布と呼ねれている湿布もあります)薬に含まれる薬草の効果が直接肌に働き、血行が良くなって新陳代謝を促し、セルライトを収縮させてくれます。

また、薬草には様々な種類があるため、これを組み合わせる事で、より大きなダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)効果が期待できるでしょう。例を挙げると、毛穴を開いて他の成分である浸透を促すとうがらしやショウキョウ。肌に浸透して血流を良くする、セージ、ローズマリー(シソ科の常緑性低木の一種で、色々な品種があります)、タイム。

新陳代謝(体の部位によって入れ替わる速度が違いますが、三ヵ月程度で全ての細胞が新しくなります)をよくする、アシタバやアロエ。老廃物や脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)を排泄する、セイヨウハッカ、ウイキョウ(胃炎や風邪、母乳不足などにも効果的な他、ダイエット効果も高いようです)、パセリ。

これらの薬草を、自分自身の状態に合わせて組み合わせてみて下さい。やり方としては、身体の引き締めたい部分を決定したら、そこに継続する事で貼るようにしましょう。いくらやせたいからといっても、身体中にベタベタ貼るのは厳禁です。
一日1回、風呂あがりに貼り替えるといいですよ。取りあえず1週間継続することでみて、かぶれないか様子を見ながら続けてください。もし、かぶれた場合には、すぐに使用を中止します。
0

2012/3/8

杉田かおるの毒だしダイエットのやり方について  ダイエット

杉田かおるさんと言えば、45歳でヌードを披露した事で話題になりましたが、その理由はダイエット(人によっては、多額の費用と時間をかけて行うこともあります)に成功したからなんだとか。
一時期の杉田かおるさんは体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)が63キロにもなってしまい、どういうダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)をチャレンジしてみてもすぐにリバウンド(ダイエットでリバウンドが起きてしまう原因は、ダイエット方法が間違っているというケースがほとんどです)していました。

でも、この毒だしダイエット(睡眠不足や栄養不足が妨げになってしまうことも多いようです)に目覚めてからは、70日間で10キロのダイエット(女性なら誰でも一度くらいはしたことがありますよね)に成功し、リバウンド(例えね、アトピーなどで薬を止めたことにより、薬を服用する前よりも症状が悪化したケースをこう表現します)もなかったものです。そうやって手に入れた美しいプロポーションを私達に披露したという事なんです。
その毒だしダイエット(色々な方法がブームになりますが、結局のところ、食事の改善と運動しかありません)の方法は、通常のダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)とは畭なって、食事の量の制限はないでしょう。問題は食事の内容にあるものです。

食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)は野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)中心に変え、その時、積極的に無農薬野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)を摂取することが大切です。1日3食ちゃんと食事をしますが、たんぱく質(たんぱく質を極端に制限したダイエットはリバウンドの元です。
また、痩せられても不健康そうにみえたり、実際に不健康になってしまうでしょう)、ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)A、ビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)の3つの組み合わせを心掛けましょう。

こうすることにより肝臓の機能が高まり、身体内の蓄積されている余計な栄養分や老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)なんかの毒素(五大有害重金属と呼ねれている鉛、水銀、カドミウム、アルミニウム、ヒ素が毒素として代表的です)を効率よく身体の外に出す事ができるようになっていくわけです。そして、このシェイプアップには五つの掟があるようです。
・集中力(個人差はあるものの、人間が集中できる時間は15分から30分くらいだといわれています)はせいぜい続いて3カ月、ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)は短期決戦

・食事が変われば体が変わる、自分再生お食事ノートを書く
・目を背けたい日の朝も夜も、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすので
はなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)計には絶対に乗る
・とことん毒を出しきり、クリーンな体と心を手に入れる
・痩せるのに年齢制限なし、ご自身の可能性を信じる

たべる事を我慢せずにダイエット(次々に新たな方法がブームになっては消えていきます)がしたい人は、この毒だしダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)を試してみてはいかがですか?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ