トイプードルの夏バテ予防対策  

梅雨の時期の蒸し暑さで不快に思うのは、人間も犬も一緒のようです。
特に犬は人間より暑がりです。なぜかというと、犬の汗腺は肉球にしかないのっで、体内の熱を発散させるほど機能していません。なので、熱が体内にこもりやすいので、舌をだして荒い呼吸をして体内にたまった熱を放出しているそうです。
夏バテになりやすいのは、水分不足や地面から出る熱、食欲不振、それに、クーラーによって体調を崩してしまうこともあるそうです。

夏バテをしないようにするには、ドライフードにふりかけをかけたり、缶詰のフードを少したしてあげたりして、水分を多くとらせてあげること。水分は人間が思っているほど犬は取っていないみたいなので、飼い主さんが積極的に与えてあげたほうがいいと思います。
あと、犬用のミルクもあげるといいと思います。その時はカロリーが高いので、少しご飯を少なくしてあげたほうがいいと思います。今は、犬用のスポーツドリンクもあるので、少しづつあげてもいいと思います。
あとはクーラーの温度設定を25度から28度くらいにしてあまり、外との温度差がないようにします。
散歩の時間も気をつけて、日中の暑い時はなるべく地面もあついので、避けて、早朝か、夕方の涼しくなってきた時に散歩に行ってあげるといいと思います。水分補給を忘れないようにしてあげます。
夏バテがどんどん悪化してしまうと、内臓の器官が機能しなくなってしまうので、水分を多くとり、早めにかかりつけの動物病院へ受診するようにしたほうがいいと思います。



《今日のPickUP》
国内旅行 プレミアムステージ 美白 しつけ 親 若返り 庄内砂丘 CMの女王 好感度 歩いても歩いても
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ