脂肪肝について

2012/9/24 
脂肪肝と診断されて入院と肝生検の検査を指示されました

一年前に、脂肪肝になりウルソを半年服用して

肝臓の数値は元に戻り問題なく過ごしていました、
丁度生理前症候群の症状もあり
3か月間、月経前に漢方薬を2種類服用していたのと、過食の為に この3カ月で
また脂肪肝と診断され(インスリンも少し高いです)血液検査をみると炎症を起こしている
可能性もあると言う事で医師には(今回診察を受けたのは
前回脂肪肝と診断され治療を受けていた病院とは違う病院です)こういう状態だと
1週間入院して貰い 食事指導と肝生検を受けて貰う事だそうです。
ダイエットのきっかけ作りの様な。。
けれども子供が小さいので、入院は難しく、肝生検の検査のみ受けるにしても
2日くらい入院が必要みたいなのです。どちらも難しいなら
後は、ダイエットを頑張るしかない。と先生はおっしゃっています。
中性脂肪も気になります
私も体重は落とす事を頑張りますが、今現在肝臓が炎症を起こしている状態で
ウルソなどの薬は服用しなくてもいいのでしょうか。
0

筋トレって何のためにやるのか

2012/7/16 
何故脂肪が増えてスタイルが崩れてしまったか
 
●エネルギーの摂取の方法が不適当(過剰または偏っている)
●エネルギーの消費量が過少(普段殆ど運動しない)
●基礎代謝が落ちている(これは定期的な筋トレをしない30代以上の人間なら誰にでも起こる事です)

この3点でご自分の状況に当てはまる事を改善していけば良いのです。
これで結果が出れば「もっと、もっと」とやる気は継続できるはず。

要は
●結果を急ぎすぎる(食事面や運動面でのアプローチをしてすぐに【数値】での変化を求める)
●極端な方法(食事量を極端に減らす、突然無理な運動をするなど)を選んでしまう
●体重などの【数値】にばかり結果を求める
●楽に結果を得ようとする(楽な運動、????ダイエット)など

をしなければ良いのです。

<正しい知識をもって正攻法で身体にアプローチする>
これが運動を続けるコツです。

その【正しい知識】とは
<筋トレが何故必要か>を知るということでもあります。

また、「どんな筋トレが正しいのか」こちらもあまり知られていないので、
簡単に「筋トレは苦手」と言われてしまうようです。とても残念なことです。

ジムでもネットでも「受け身」にならず、自分の身体を変えるために知ってやる!というくらいの意気込みで、理想のスタイルに近づくためには何が必要かを知る事ができれば
同時に【やるべきこと】が明確になって継続へのモチベーションに繋がるかと思います。筋トレはとても大切です
0



AutoPage最新お知らせ