N95マスクを使う前の注意点

2013/3/25 
このPM2.5の規格のマスクには、色々な物があります。

メーカーによって、サイズや形状が違います。

マスクをする時、少しのサイズや形状の違いで隙間ができた経験はありませんか?

少しでも隙間ができると、N95マスクをしても無意味です。

また、同じマスクでも、人によって顔の形が違いますので、隙間ができる人、できない人が出てきます。

自分の顔にフィットするマスクを探すようにしましょう。

N95マスクは、一般のマスクに比べると非常に価格が高いです。

お試しに買ってみるという事は難しいかもしれませんが、健康被害をなくす為には買って試すしかありません。

濃度の危険な時だけでも、社団効果の高いN95マスクを着けるようにしましょう。
0

PM2.5に最適なマスクは?

2013/3/25 
PM2.5は、大気汚染物質である粒子の大きさを表しますので、成分などは検査してみないと分かりません。

この成分によっては、体にとって危険物質である可能性も出てきます。

できるだけ吸わないようにする事がいいのですが、大気中の物質である為、呼吸していれば自然に体内に入ってきます。

外出する時には、マスクを着用し、自己防衛をする必要があります。

しかし、このような微小粒子状物質であるPM2.5に、通常のマスクでは効果はありません。
微小粒子をシャットアウトするマスクが必要です。

このマスクは、N95と呼ばれるマスクで、米国規格に合格したマスクです。

N95規格のマスクは、0.3μmの微粒子を95%以上遮断しなければならないとされています。

ですから、PM2.5の微粒子は、ほぼシャットアウトされ、効果はあるそうです。

関連サイト:PM2.5マスク・対策110番
0



AutoPage最新お知らせ