2018/1/31

集団ストーカーという呼び名について  

「集団ストーカー」、「テクノロジー犯罪」という名前がすでに情報工作


集団ストーカーの本質は、国家間を超えた超法規組織と各国政府合同による、一般市民に対する組織的テロ及び、精神破壊工作です。

テクノロジー犯罪の本質は、政府、軍、民間合同の先端科学技術も利用した、一般市民に対する遠隔拷問及び、人体実験です。


集団ストーカーという名称自体が、人々に間違ったイメージを与えるための人造語の可能性が高いです。一般の人が、集団ストーカーという名前を聞いても、せいぜい多くの人に集団で付きまとわれ、嫌がらせをされているぐらいにしか感じないでしょう。

集団ストーカーの内容は、被害者ごとに違うので、一概にはいえませんが、私は最近、つねに命の危険を感じるレベルにいます。



集団ストーカーという名前を聞くと、小説「1984」のニュースピーク(新語法)を思い出す


小説「1984」
は、集団ストーカー被害者なら一度は読むべき作品です。


ニュースピーク Wikipedia

ニュースピーク(新語法、Newspeak)はジョージ・オーウェルの小説『1984年』(1949年出版)に描かれた架空の言語。作中の全体主義体制国家が実在の英語をもとにつくった新しい英語である。その目的は、国民の語彙や思考を制限し、党のイデオロギーに反する思想を考えられないようにして、支配を盤石なものにすることである。

(引用終わり)

※詳細は、引用元を全文お読みください。

家庭内暴力を「DV」と呼ぶのも、政府、警察、自衛隊が主体的に関与した一般市民への組織的テロを「集団ストーカー」と呼ぶのと同じです。呼び方を変え、人々を問題の本質から引き離す情報工作です。


映画 1984 トレイラー ※YouTube


1984 George Orwell Movie Trailer (1984)



※映画は原作に劣るので、もし映画を見るなら原作を読み終えてからの方が良いです。








本日、8080ナンバーによるパトカーによるストリートシアターがありました。
私は、集団ストーカーシステムにおける警察の関与を99%確実だと考えていましたが、今なら100%関与が確実だと断言できます。

集団ストーカーシステムには、自衛隊、警察も関与しています。
この事実を、一般の方にも知ってもらいたいです。

最近、テクノロジー攻撃と脳の劣化が一線を越えています。そのため、大した記事が書けなくて申し訳ないです。ですが、私はもう覚悟を決めました。

真実を描き、死ぬ、それだけです。
次週の日曜日に、自宅にインターネットがつながります。
その時、新たにブログを立ち上げます。

ブログ名は、「人類の独立」でアメブロで立ち上げる予定です。


※私は現在、軽度の認知症、自閉症傾向にあり、肉体を完全に遠隔操作されている状態にあります。また、脳への干渉も非常に激化しています。新しいブログの情報には注意してください。これまでに書いた、ウォーカー名義の情報の方を重視してください。

※新しいブログのペンネームは「悠」にする予定です。




本日見た情報

〔【重要】 「グローバル権力」による「フルスペクトラム全世界民衆支配」を許してはならない〕◎ DEW(指向性エネルギー兵器、電磁波兵器))は「陰謀論」でもなければ「SF」でもない! 実在はウィキリークスの公開文書に明らかなことである!!! ―― ◎ TPPに反対にするなどして激しいハラスメントに遭い、暗殺の危機を生き延び、スノーデンさん同様、モスクワに逃げているニュージーランドの活動家・ジャーナリスト、スージー・ドウソンさんが証拠を示し、国際社会に告知報道!

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/01/post-ff10.html

2

2018/1/31

企画書 集団ストーカー 入門書  


私は以前出版企画を立てていましたが、諸事情があり企画を停止していました。
ですが、リラックスさんのブログにあった一文を見て、出版企画を再開することにしました。

今回の出版企画は、100ページ程度の小冊子です。

内容は、ウォーカーのブログ及び、ウォーカーのブログ ミニのまとめになると思います。
タイトルは、「集団ストーカー 入門」です。

私は現在、心身共に限界ですが、最後にこれだけは完成させたいと考えています。

著作権はフリーにする予定です。

この小冊子は、私の最後の役目だと考えています。


3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ