2018/5/13

【魚拓】小冊子 集団ストーカー 解決への道筋  

集団ストーカー 解決への道筋!

集団ストーカーが終わるとすれば、大きく分けて2つのケースがあります。

A.システムを所有する支配者層が、停止する

システムの所有者は現金な連中ですから、システムで得られる利益よりもリスクが高まった場合、集団ストーカーシステムを停止する可能性があります。逆にいえば、この犯罪システムが、低リスクで安定的な利益を与えている限り、システムは継続されるでしょう。

※被害者が的外れな非論理的なやりとりをしていると、支配者はまだまだやりたい放題できると勘違いしてしまいます。支配者が、このままではまずいな…このままでは、世論に自分たちのしてきた犯罪がばれてしまうかもしれないな…と思わせるように、持っていきましょう。


B.システムが物理的に運営不能になり終焉する

こちらは、戦時中の日本の秘密警察を考えてもらえればわかると思います。外的要因で急にシステムが運営不能になるケースです。被害者の知らないレベルの外的要因で、被害が終焉する可能性もありますが、期待しない方が無難です。


集団ストーカー 解決の手順


最も現実的な解決方法は、A.の世論を味方につけ、権力者にシステムを停止せざるを得ない状況に追い込むことです。そちらの方向で、解決の手順を考えました。

@情報の収集・分析・共有

情報分析の質は、情報発信に深く影響します。
様々な角度からあらゆる情報を集め、わかりやすくまとめましょう。
海外の被害者との、情報共有も重要です。

※著者は、集団ストーカーに関する情報が集約された「情報ライブラリー」が必要だと考えています。これがあれば、周知もやりやすくなります。


A一般人・有力者への情報発信

一般人や有力者に対する情報発信は、この犯罪解決の鍵となります。その際、何より大切なのは理性的なアプローチです。


B一般人(世論)を味方につける

著者の仮説(1)では、被害者、加害者、日本の人口の比率は、1:100:10000程度だと考えています。被害者VS加害者では勝ち目がありません。

被害者 + 一般人 VS 加害組織(特に上層部)
という形にするのが理想です。 

末端の工作員は、傭兵部隊と奴隷にすぎません。上層部が命令すればどんな犯罪もこなしますが、命令が無ければ何もできないのです。つまり、加害組織上層部の判断が何より重要になってきます。

※(1)NPOが認識している被害者は2000人弱ですが、著者を含めほとんどの被害者はNPOと関与がありません。実際の被害者は日本の人口(約1億2千四百万人)の0.01%(1万2千人程度)と仮説しています。指向性エネルギー兵器を利用した身体的攻撃を含まない、監視や洗脳の対象者はさらに多いでしょう。この犯罪は嫌がらせなどではなく、植民地政策を含む静かなる戦争の兵器なのです。

政府や公的機関への接触や情報発信も、被害者だけではなく、一般人や有力者に協力してもらうことで、今までと違った反応が得られる可能性があります。被害者だけだと、どうしても反応が限られてしまいます。


※著者は、政府もこの犯罪に関与していると考えています。政府に集団ストーカー犯罪を訴えるのは、警察にパチンコの取り締まりを頼むようなものです。


C政治的影響力の拡大

一般人や有力者を巻き込み、世界中の被害者が繋がり、まともな組織を作る必要があります。テクノロジー犯罪の分析も、素人だけでは限界があります。多くの専門家に協力してもらえれば、飛躍的にこの犯罪の解明が進みます。

私は、加害勢力を真似てシンクタンクを生み出すことを提案します。これだけ被害者がいれば、様々な職業の人がいるのでかなりのことが出来ます。被害者は、もっと自分たちの潜在能力に気付くべきです。

加害勢力の情報工作や分断工作に打ち勝ち、一般人や有力者と協力し、共に解決に向けた組織を生み出せたなら、このシステムを所有する権力者層も本気でシステムの停止を考え始めるでしょう。これは、夢物語ではありません。


D権力者層に圧力をかけ、システムを停止させる!

集団ストーカーの解決は、原発問題とよく似ています。
どちらも、あらゆる産業の利権が大きく絡んでおり、日本の支配者や裏社会と関わりが深いのです。圧力をかけなければ、まず解決は見込めません。

そして、マスコミが完全に情報を操作しているという点でも両者はよく似ています。政府を所有する権力者の利権に関する問題は、世論を直接動かすしかないのです。
それと、経済と信用という観点も必要です。過去の植民地経済と同じく、集団ストーカーシステムも赤字になり世論の反対意見が強まれば、停止される可能性があります。

集団ストーカーに関与する企業の不買運動も有効な手段です。
この犯罪に関与することは、不利益と信用喪失につながるという認識が広まれば、たとえ頼まれても拒否する人が増えていきます。そういった面で見ると、チラシ配りも非常に有効な手段なのです。


何もしなければ何も変わらない、ちょっとずつ始めよう!

大切なのは、強い解決の意志と理性を保ち、行動し続けている被害者が大勢いる状態を保ち続けることです。そうすることで、必ずチャンスにめぐりあえます!

どんな小さなことでもいいので、自分が出来る範囲でこつこつとやっていきましょう。



補足:問題解決の基本手順
@問題の認識→分析→行動→結果
A結果の分析→行動の調整→問題の再認識
 
@とAを繰り返す。
0

2018/4/15

【魚拓】小冊子 集団ストーカー 被害が始まった時の心構え    

被害に始まったばかりの方へのアドバイス


集団ストーカー被害者は世界中に多くいます、あなたは一人ではありません。この犯罪は良くも悪くも長期的なものです。短期的に殺されたりすることは無いので、時間をかけてゆっくり対策を立てましょう。

集団ストーカーは、科学的な精神破壊工作です。
もし、精神的に不安定になっても、それは、人間としては正常な反応なので、あまり深刻になりすぎないようにしましょう。


集団ストーカーの嫌がらせは、ホラー映画の演出と考えましょう


集団ストーカーの嫌がらせは、ホラー映画の演出や、手品によく似ています。
種さえわかれば、冷静になることが出来ます。集団ストーカーの手口はマニュアル化されていますので、まずはこれを知りましょう。


集団ストーカーの基本的手法 検索キーワード

集団ストーカーの手法の詳細については、インターネットで調べてみてください。
本小冊子では、検索キーワードのみ記載します。

ガスライティング
アンカリング
コリジョンキャンペーン
ストリートシアター
付回し
ほのめかし
ノイズキャンペーン
ブライティング
マインドゲーム
モビング
MKウルトラ
COINTERPRO(コインテルプロ)


集団ストーカー対策は、無視が一番です

集団ストーカーの被害には、様々ありますが、日ごろ行われている精神破壊工作の演出は無視が一番効果的です。ただし、テクノロジー犯罪は、無視できる問題ではありません。

まずは、無視できる被害と無視できない被害を仕分けしましょう。
そして、時間とエネルギーを無視することの出来ない被害の対策に、使いましょう!

テクノロジー犯罪に対する心構えについては、私も非常に困っています。
何故なら、これはまさに軍事レベルの科学的拷問であり、心構えやアドバイスなど役に立たないのが実情だからです。
私がいえることは、多くの人たちがあなたの苦しみを理解することができなくとも、私たちは、その痛みを知っている、共に負けずに今日という日を生き抜きましょう! ということです。大したアドバイスが出来なくて申し訳ありません。


集団ストーカー被害者の心構え

こちらの心構えは、できたらいいな…というレベルです。
私もほとんど、実践できていません(笑)
軽い気持ちで、読んで頂けたら嬉しいです♪

集団ストーカーの被害者に必要な心構えは、理性と知性、そして寛容です。
感情的になり、非理性的な言動を繰り返すと、この犯罪を知らない周りの人たちに誤解されてしまいます。少し冷静になって、自分の被害を理解してくれない家族や友人に対しても広い気持ちで接してみてください。


この犯罪では、ストレスコントロールが非常に重要になってきます。
被害が酷い時は無理をしないことも大切です、工作員の嫌がらせで疲れたら、自然のある所で生気を取り戻しましょう。ユーモアも忘れずに、マイペースで頑張るぐらいがちょうどいいかも知れません。


集団ストーカーの被害を、ご家族に知らせるべきかどうか

これは、ケースバイケースになります。
何故なら、ご家族の性格が非常に関係しているからです。

ある被害者さんは、この犯罪の被害をご家族に相談し、ご家族はそれを理解されました。
別の被害者さんは、ご家族に統合失調症と勘違いされ、精神病院に入院させられました。
この問題は、非常にナイーブであり、ご自身で判断するしかありません。

もし伝えるとしても、ご家族と親友の本当に信頼できそうな一部の方に留めておいた方が良いです。もし相談する際は、資料を揃えてからにしましょう。手ごたえがないと感じたら、早めに切り上げたほうが無難です。


新たな視点で、もう一度被害を見てみましょう

恐怖はその対象を冷静に見つめ分析することで、恐怖の肥大化は抑えられます。
例えば、私が被害にあった頃の話をします。当時、毎日黒塗りの車に組織的ストーキングされていた私は、謎の組織に命を狙われているのではないかと誇大妄想していましたが、冷静に運転席を見つめると、くたびれた、ただのおじさんやおばさんが乗っていたのです(笑)

末端工作員の多くは、ただ上層部の命令を聞いているだけのロボット人間でしかありません。集団ストーカー被害者が気を付けるべきなのは、テクノロジー犯罪や、家宅侵入や異物混入を行う技術工作員であり、嫌がらせをするだけの末端工作員は相手にする必要はありません。

今まで怖くてしょうがなかった集団ストーカーも、改めて冷静に見ると、洗脳されて人を傷つけることを強いられている、かわいそうな人たちに見えてくるかもしれません。この小冊子を読んだあと、怖がらずに自分をストーカーしている人たちを冷静に見直してみてください。

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ