2012/12/4  21:44

The in crowd  Jazz

8ビートのジャズと言うとジャズロック、クロスオーバー、フュージョンなどと
呼ばれますがリーモーガンの「The sidewinder」
ハービーハンコックの「Watermelon man」などが有名です。

この曲はその中の一曲、ラムゼイルイスの「The in crowd」です。


この曲をベンチャーズがカバーしていました。
ベンチャーズなのにギターが少ない、レスリースピーカーの音が大活躍のアレンジです。
ギターのメロが少ないためかライブでの演奏は少ないと思います。
聞いたことがありません。


このベンチャーズバージョンを今のバンドでやりました。
リーダーがコピーして譜面にしたものを、キーボードが弾いています。
クラシックピアノ出身の彼女も、譜面がないとアドリブに苦労します。
完コピーを目指していますが・・・
https://www.youtube.com/watch?v=Ne_B4rFJokM


ベンチャーズバージョンです。



オリジナル・・だと思います。



「The sidewinder」は8ビートと言っても8分音符がはねています。



「Watermelon man」です。3:54から始まります。
ウッドベースでの8ビートには違和感あるのですが
それを感じさせないビートだと思います。素晴らしい!!^▽^^▽^





0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ