2010/7/24

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2010/7/24

「ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!」上村康成氏 口コミ評判  

「痛風でも、お酒は我慢できない」
「痛風でも、好きなものを食べたい」
「もう、あの痛風の恐ろしいほどの激痛は二度と体験したくない」
などということで悩み、大きなストレスを感じているのなら、少しお時間をください。


7回の痛風発作の後、痛風患者50人以上にインタビューをし、試行錯誤の末に、“ある法則”を見付け出し、
ついに発見した 「お酒・食事を我慢せず、尿酸値を正常に戻し、痛風の発作が起きないように改善をする方法」をお教えいたします。

この自宅で簡単に出来る“ある方法”を知ってしまえば、

好きなお酒を我慢することなく、食べたい食事を食べながら、ストレスなく、痛風の発作を改善するための方法を手に入れてください。


しかも、今後は、あの痛風の激痛とは永遠にさよなら出来るようになります。
このようなことを聞くと、あなたは、「あやしい」「嘘だ」と思うかもしれません。

しかし、この方法を試した、数百人以上の人達が、お酒を毎日飲み、好きなものを食べながら、尿酸値を正常に戻し、
痛風を改善しているのです。そういう方達が実在するのです。




上村さんは、7回もの痛風の発作を経験し、その後、痛風患者50人以上にインタビューを完工し、試行錯誤の末に、
痛風を改善した人達に共通する“ある法則”を発見しました。



それから10年以上も痛風の発作が一切起こっていません!


現在は、自営業として仕事を持ちながら、痛風改善アドバイザーとして、痛風で悩まれている多くの方へこの方法をお伝えしております。

上村さんがこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。


痛風の激痛に悩んでいる人が増加し、飲みたいお酒も飲めず、食べたいものも食べれずに大きなストレスを
抱えている人があまりにも多いから。

そして、痛風に対する誤解がとても多く、「痛風患者はお酒はダメ、好きな食べ物は食べれない」ということを信じて、
毎日ストレスが溜まる、辛い生活を送っている人があまりにも多いからです。

痛風に対する考え方を少し変えるだけで、自宅でお金をかけずに痛風を改善して、こらからは、お酒も飲める、
好きな食べ物も食べれるストレスのない人生を送ることは、簡単なんです!」



早速、あなたに、「自宅で出来る痛風改善方法」のすべてをお話させて頂きたいのですが、その話をする前に、
まずは、上村さんが7回も痛風の激痛を経験し、医者に「お酒は絶対に厳禁です!このままの生活だと、
命にかかわる重大な症状を引き起こしますよ!」と言われながらも、毎日ビール2リットル以上も飲みながら、
しかも食べたいものを食べながら痛風を改善するまでの経緯を少しだけお話させて頂ければと思います。


詳細はこちらをクリック

体質改善の専門家の先生も推薦の「ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!」

上村さんは当時はまだ38歳ですし、
「痛風」は50歳60歳以上の人がなるものだというイメージがあったからです。

薬も処方され、激痛自体は2〜3日程度でかなり楽になり、1週間もすると、少し
痛むくらいになりました。そして、2週間ほどで、痛みは全くといって良いほど、なくなりました。


その時、医者に「生活を改めて下さいね。そうしないと、また、痛風の痛みが襲ってきますよ」と言われました。

その時、上村さんは、「こんな激痛をまた経験するくらいなら、規則正しい健康的な生活をする!」と決意しました。

しかし、その意欲も1カ月と持続しませんでした。


1カ月もすると、あれだけ辛かった痛風の激痛のことも、頭からすっかり抜け落ちてしまいました。

そして、また、毎晩飲み歩く暴飲暴食の元の生活に戻ってしまいました。
そして、どれくらい経ったでしょうか、また、1年もたっていないと思います。

また、あの悪魔のような痛風の激痛が上村さんを襲ってきました。

今度はさらにひどい痛みで、話をすることすらできない程でした。

再度、病院に行くと、信じられない程にショックなことを医者に言われました。




「上村さん、これからはお酒は絶対に厳禁です。また、食事制限もしっかりとして頂きます。おそらく、
今まで食べていたものを食べれないと考えて下さい。このままの生活を続けていると、痛風の発作の間隔がだんだんと短くなって、
さらにとんでもない事態になりますよ。」

と言われてしまいました。



そして、また、痛風のあの激痛をすっかり忘れてしまい、
ちょっとだけならいいやと、ビールや焼酎を飲んでしまい、気がついたら、毎晩飲み歩く今までの生活に戻っていました。

それから半年もしないうちに、3度目の痛風の激痛が襲ってきました。

そして、また、1週間もしないうちに、痛風の発作が治まり、ということを繰り返していました。

そんなことを6回も繰り返していました。

なぜか、痛風の痛みが襲ってくる間隔が、以前より確実に短くなってきたように思いました。

そして、7回目の痛風の痛みが襲ってきた時に、

医者に、「このままだと、人工透析の可能性もありますよ」との、予想外の一言が・・・



え、痛風のはずなのに、このままだと、人口透析?
痛風で一番怖いのは痛みじゃないの?

これは、痛風を経験した方すべてに当てはまるのですが、
実は、痛風で本当に怖いのは、あの恐ろしい激痛ではないのです!

痛風患者の多くがあまり深刻に考えていないかもしれませんが、

実は、痛風は、放置して進行していくと、腎臓に重大な障害が起きてしまいます。

また、最悪は、命にかかわる事態になり、運が良く一命は取り留めても、後遺症が残るような重大な症状を引き起こします。
おそらく、この事実について、いろいろ考え初めてしまうと、痛風であるあなたは、怖くなり、今日の夜、眠れなくなると思います。

このままだと、あなたにも、重大な症状を引き起こす可能性が十分にあるからです。

上村さんは、このとんでもない事実を聞いた日の夜は、怖くて、正直、まともに眠ることができませんでした。

詳細はこちらをクリック

体質改善の専門家の先生も推薦の「ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!」


この手紙を読んでいるあなたは、幸運だと思います。

なぜなら、もし、この手紙を読まないで、このまま痛風を放置しておけば、今はいいですが、最悪な事態になる可能性が
十分にあった訳ですから!

上村さんは、もしかしたら、このままだと自分はとんでもない状況になるのではという、生まれてから味わったことがないほどの、
寒気というか恐怖を感じました。

しかし、どうしても、唯一の生きがいであるお酒を飲むことを止めて、禁酒することが出来ません。

また、食べたいものを我慢できません。



そこで、上村さんは、とんでもないことを、考えてしまったのです。



「お酒を飲みならが、しかも、食べたいものも食べながら、痛風を改善する方法」を自分で見つけるしかない!
正直、医者が聞いたら、呆れ果ててしまうようなとんでもないことを、考えてしまったのです。

そして、自営業であり、幸運にもスタッフに運営を任せることが出来たので、上村さんは、痛風の研究に没頭しました。

それから、「痛風」に関する書籍や文献をどれだけ読んだか分かりません。また、痛風の専門医の講演会にも行きました。
痛風の方達が集まる会合などもあったので、そこに行って、かたっぱしから、どのように痛風対策をしているかを聞いてまわりました。
おそらく、話を聞かせて頂いた人数だけでも50人以上になるのではと思います。

■痛風のメカニズム
■プリン体のこと
■尿酸値について
■痛風の治療について
■薬について
■医師との付き合い方
■なぜ、お酒がいけないと言われるのか
■痛風の悪化が引き起こす命を脅かす症状について
■痛風に良い食事のレシピについて
■運動について
など、「痛風」の研究をするうちに、

痛風の改善に成功された方に共通している“ある法則”が
存在することに気が付きました。

別に、「お酒を飲んでも大丈夫だ」などという安易なことではありません。
痛風を改善された多くの方は、禁酒をし、食べたい食事も我慢をするという、
本当に痛風患者として理想的な優等生の生活を送っていました。



どの方も、“ある習慣”を取り入れていたことが分かったのです。

しかも、その習慣を毎日維持することは、

もしかしたら、上村さんのように大好きなビールを1〜2リットルも飲むような、食べた物を我慢しないで食べるような、
“痛風患者にとっては通常は考えられないような生活”を送りながらでも、痛風改善は可能なはずだ!



この時、“お酒を我慢しないで、好きな物を食べながら、痛風を改善する”発想の転換というかヒントが浮かびました。



それから、お酒を我慢せず、好きなものを食べながら、
自分で痛風に関して膨大な本を読んで分かったこと、専門家に聞いたこと、50人以上の痛風を改善した方達に聞いたことを
まとめたノートを何度も読み返しました。


ただ、すべての生活を好き放題にして良い方法ではありません。

それでは、絶対に痛風は改善しません。


お酒を飲んでも、好きなものを食べても、それ以外で、上村さんの改善方法に従って、生活全般を少し変えて頂くだけです。

このような、痛風患者にとってありえないような生活を送るために、“ある生活のルール”を守ってもらうだけです。


そして、痛風に対する考え方を、180度転換してもらうだけです。

痛風を改善する“決定的なポイント”をきちんと理解し、

そのポイントさえ外さなければ、むしろ、

お酒を我慢しないことや、好きな物を食べることを我慢しないことは、痛風を改善するのにプラスに働くということに気が付きました。
上村さんは、この方法で痛風を改善できました。
しかし、もしかしたら、上村さんが特異体質であり、上村さんだけに通用する個人的な方法なだけで、他の人には通用しない方法なのかどうか分かりませんでした。

そこで、痛風患者のフォーラムなどで知り合った方々に、上村さんのこの痛風改善方法を教えて、試してもらいました。

すると、驚くことにどの方も、お酒を我慢することなく、食べたいものも食べて、しかも、痛風の痛みは一切襲ってこない!

という結果を得ることが出来ました。



詳細はこちらをクリック

体質改善の専門家の先生も推薦の「ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!」



その他お勧めブログ
美容・ダイエット関連 用語早わかり集
http://health-diet-biyou.seesaa.net/

オークション出品、落札日誌
http://auction369.seesaa.net/

やっぱりもう買うのはやめよう!情報商材。評価・評判・口コミ・暴露
http://damedame-joho-shozai.seesaa.net/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ