2017/3/18

忘れてはいけないこと  

剣の部員たちよ
君たちは見守られている

いま夜なべして背番号を準備してくれている親御さん。
明日の開会式合わせて慌ててユニフォームを洗濯している。
明日の朝早くお弁当を作る。
君たちを起こし準備をさせる。
がんばってこいよ!と背中を叩き、送り出す。

それからお家のことをして、一生懸命グランドへ
試合で応援!
ガンバレ!ガンバレ!と

そして、お家に帰って「お帰りなさい、がんばったね。」と優しく迎えてくれる。
まだまだご飯の支度や明日の準備。
親御さんって忙しいんだよ。

すべての事に感謝だね。
君たちは一人で頑張っているつもりかもしれないが、親御さんだけじゃなくみんなに支えられている。

今日、スーツ姿で仕事の合間を縫って来てくれた監督。
地方の仕事をなんとか片付け寝る間を惜しんで来てくれた助監督。
仕事を終わらせ駆けつけてくれたトレ監やコーチたち。

みんな君たちが気になって君たちのために行くんだよ。足が向いちゃうんだよ、グランドへ。

卒団式でも感じてくれたと思うが親御さんの思いは君らが考えていた以上に重いものだったのではないかな。
そして指導者も見ていないようで見ているんだよ。それぞれの思いを持って接していたことが感じられたと思います。

だから、君たちは親には『ありがとう』の気持ちを持って接して文句なんか言わない事だよ。少しでも親御さんの負担を少なくするため自分でやれる事は自分で。できれば、手伝えることは手伝おう。

そして指導者に対しては話をよく聞き、言われたことをやろうと一生懸命努力すること。それが思いに応えることだよ。

萩原
docomoiPhoneから送信?
5

2017/3/3

六年生最後の四中練習  

君たちすごいね。
格好よかったよ。
と素直に思える前A監とのシートノックと紅白戦。

見てて楽しかったわ。
あのプレーを見せられると
代表はじめ指導者みんなが、まだ居て欲しいと言いたくなるよね。
後輩たちに良いお手本になった。

やっぱり君たちが剣のチームで努力して最後までやり遂げられたことがあの紅白戦やシートノックに表れたのですね。
そしてチームに対する姿勢や態度は指導者が引き出さなければいけないね。

君たち出来るんだ出来たんだもんね。
最後は胸張って卒団だ。
明日で旅立つ。
親御さんには卒団まで見守って頂いたことを感謝して、

これからもがんばれ。

萩原
docomoiPhoneから送信?
4

2017/2/25

卒団前の池ニ  

六年生は部員として最後の池ニでしたね。
けど意識してたのは私だけだったようです。

A監も話していましたが最後まで六年生に引っ張っていってほしかったなぁ。
態度で示して欲しかったなぁ
どうももうおれらは現役じゃない感が出ちゃうんだよなぁ。
楽しそうにするのはいいんだけど剣の野球が楽しいというよりただ来て手伝っていればいいんでしょみたいに感じちゃうんだよなぁ。
始礼終礼で時々伝えてたつもりなんだけど、六年生たちだけで遊んでる感が、、、

はっきりいえばこちらサイド指導者側がいかんのだけど。
私個人的な考えでは整列で六年生後ろとか荷物持たないくていいとかやっちゃうとチームに対する気持ちも薄れるんじゃないかと思うんですよね。
それでグランドでは気持ちを持って引っ張れって言われてもねぇ。子供はどれが良くていけないのかどこまで手を出していいのか分からなくなると思うんですよね。
子供が迷わないようグランドでは出来るだけその時いるA監、A助監に確認やなんて言われているか子供にも確認しながら進めているつもりなのですが、しかし、総括してそう導かせているは私でもあるんですよね。
もっと指導者会議で話を詰めないといけないなぁと思いました。それでも会議でそんな事ないとなれば私の考え方が間違えだってなるのでいいのですが。

まぁ、六年生いる間は最後まで頭に立たせチームに尽くし六年生の偉大さ格好良さを保たせてあげた方が下級生の憧れやチーム伝統を引き継げるのではないかと。
変にすれてとっぽくなり、おれらはお前らと違うもう卒団だからとやらせるより剣で学んだ地味な事を忘れずキチンと最後までやるんだよとやった方が素晴らしいと思うのですが。

ブログって一方的でずるいとは思いますが、ちょっと本グラから池ニ練習にかけて思った事あって暫く振りに綴りたくなりました。

萩原
docomoiPhoneから送信?
4

2017/1/9

「駅伝」感動をありがとう  

子供たちのがんばりって本当に伝わる。
そして感動をくれる。

連盟参与がお話ししてくれた通り、四連覇の軌跡は決して今年だけのことではないですよね。
先人の努力があったからこそ今があるということ。忘れないでほしいです。
そして参与は走ることの大切さを改めて考え直してほしいともおっしゃっていましたね。
本当にそう思います。

さて、駅伝大会にて私の中で最も感動したシーンがありました。
それはBチームキャプテンが最後の直線を走っている場面でバトンゾーンから遠目に見ていた時です。
角を曲がったところでは疲れていた走りだったのですが、頑張って一生懸命走っていましたね。
そして残り半分近くになった時「仲間」が並走してくれました。
明らかにスピードが上がりました。
彼女もすごかったし、「仲間」の力、応援って凄いなぁと感動しました。

Aのキャプテンがトップで帰ってきた時に仲間が並走し応援するのは分かります。しかし他チームとデットヒートで走っている訳でもないのにBチームの子に対し自然と近寄り応援するなんて。
本当、『TEAM』なんだなぁって。

結局「心」で走るんだなぁって。

代表の言う「練習は裏切らない」がここでしっかり出ましたね。
駅伝監督の知恵ももちろん大事で感謝しておりますが、子供たちがその指導にちゃんと付いてきてくれた事が嬉しかったです。それが自然と心を育んでくれたのだと思います。
お疲れ様でした。
そしてこれからが君たちの本業、野球をやる季節です。
新チームです!
楽しくがんばりましょう!


docomoiPhoneから送信?
6

2017/1/5

待ち遠しいなぁ  

餅食ってひとまわり大きくなってるかな。
一部の子には7日に会えるかな?
正月なまっちゃってるから明日あたりから体動かさないと間に合わないよ。学校も始まるしだんだん朝ちゃんと起きていかないとね。
頼むよ子供たち。親御さんもお尻叩いてあげてくださいね笑
ああ、逞しくなった君たちに会えるのを楽しみに酒飲んでます(^ ^)

萩原
docomoiPhoneから送信?
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ