2011/1/13 | 投稿者: 糖尿病

詳細はこちら

クリックすると元のサイズで表示します

糖尿病と診断されてしまったあなたへ
「カロリー制限をしなくても血糖値が下がらない」
「運動が面倒で長続きしない」
と悩んでいませんか?
実は、キツイ運動も薬も使わずに、たった3日間で血糖値を下げる食事療法があるのです。
もしかして、あなたは下記の様な糖尿病治療をしていませんか?
・薬やインスリン注射で血糖値を下げようとしている。
・1日1万歩は歩くように言われたので頑張っている
・肉類、脂っこい物は避けるようにしている
・腹八分目で低カロリーを心掛けている
・糖尿は完治しないので、必要以上に気にしない
もしそうなら、あなたは間違った治療を続けていることになります。
あなたが「血糖値を簡単に下げたい」「きつい食事制限や運動が長続きしない」と悩んでいるのでしたら、この記事を読んでみてください。
あなたの血糖値が下がる3つの方法をお伝えします。
この療法は年間100人以上が実践して、たった3日間でも血糖値が大きく改善する事が証明されています。
この糖尿病療法のすごいところはまだあります。
自宅に簡単で取り組めるだけではなく、安全に血糖値を改善する事が出来るのです。
「安全に血糖値を改善ってどういうこと?」と思うかもしれません。
一般に、病院で糖尿病と診断されると「食事と運動に気をつけて薬を飲んでください」と言われ、当たり前のように薬を処方されます。
しかし、糖尿の薬には危険な副作用があるのはご存じですか?
医者に処方された薬だから安全だと思っている方も多いかもしれませんが、それは全くの誤解です。
実は糖尿病の薬には副作用の危険があります。
一番怖いのは「低血糖障害」です。
そもそも糖尿病とは「血糖値が異常に高くなる病気」です。ですから「血糖値を抑える薬」を飲むわけです。
ところが、これが効きすぎると逆に血糖値が下がりすぎる(=低血糖障害)になってしまうことがあるのです。
しかもこの副作用は珍しいものではありません。
実際に、低血糖による被害が多数報告されているのです。
つまり、糖尿病治療薬は常に低血糖の危険と隣りあわせなのです。
しかも低血糖は、処置を間違えば最終的には昏睡、死に至ることもあるとても危険なものです。
ですから、血糖降下剤を飲んでいる方は、「外出先で低血糖になったらどうしよう」「一人でいるときに低血糖になったら大変だ」と心配し、常にブドウ糖を持ち歩かなければいけません。
それだけ低血糖は危険で、常に気をつけなければならない副作用なのです。
しかも、もし寝ている間に低血糖になったら本人はもちろん家族も気付かず朝まで放置などということにもなりかねません。
このように、糖尿病の薬というのは、決して気楽に飲む薬ではないのです。
このことを、あなたは医師にちゃんと説明されたでしょうか?
「そうは言っても、薬を飲まないと糖尿病は治らないし」
そう思っている方も多いと思います。

今すぐ食事療法で血糖値を下げたい方はここをクリック

糖尿病の薬にはいろいろなタイプのものがあります。
インスリンの分泌を促進したり、糖の生産を抑えたり、糖の吸収を遅らせたりなど。
これらは基本的にはすべて血糖値を下げるための薬です。
しかし多くの患者さんが誤解してしまっているのですが、これらはあくまで「血糖値を下げるだけの薬」であって「糖尿病を治癒する薬」ではありません。
つまり、いくら薬を飲んでも糖尿病は良くなっていかないのです。残念ながら、糖尿病を根本から治癒する薬は、現在ありません。ただ薬の効果で一時的に血糖値が下っているだけなのです。

大勢の糖尿病患者のカルテを見ていますと、薬では糖尿病の進行を防げないことがはっきり見て取れます。
ほんの一時的に、2年か3年は血糖値を下げますが、確実にすい臓は弱っていきます。
事実、医学が進歩して糖尿病治療に様々な薬や治療法が開発されても、糖尿病患者は一向に減っていません。
厚労省の調査によれば、 平成9年に1370万人だった糖尿病患者と予備軍の数は、 平成18年には1870万人になってしまいました。
患者数が減らないどころか、10年もしないうちに500万人も 増えてしまっています。
これだけいろいろな新薬や治療法が開発されてきたのに、 患者数は減るどころか増えているのです。
つまり、いくら薬やインスリン注射で治療を行っても、 見せ掛けの血糖値が下がるだけで糖尿病は決して治らないのです。
この現実を聞いて、あなたは何かがおかしいと思いませんか?

食事療法で血糖値を下げたい方はここをクリック

0

2011/1/13 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ