アクセスポイント@をめでる

2012/9/2 
個人的なオススメは、有線LANとブリッジするタイプのアクセスポイントで、ムダがないというのが理由だ。無線LANの設定に絞れるので、環境作りも楽なのだ。インターネットへの接続環境を途中で変更したとしても、無線LANの設定は、何もいじらなくても問題なく動く。
例えば、フレッツISDNからフレッツADSLに変更した場合には、TAやDSUがADSLモデムやADSL対応ルータに変更になるだけで、ネットワーク(LAN)の中身の環境を変える必要がない。ISDNモデルやCATVモデルを購入したとしても、不必要な機能を切り離し、有線LANのブリッジとして利用できるので大差はないが、不必要になった機能を切り離すために、若干設定し直す必要がある。


ファイルの交換だけならアクセスポイントは不要
無線LANを構築すると言っても、単にファイルの交換だけが目的であればアクセスポイントは不要です。この場合、無線LANアダプタを装備したパソコン同士を「アドホックモード」で接続します。このモードを利用する場合、あらかじめお互いの無線LANカードで、通信モード・ESS-lD・通信方式・暗号方式・チャンネルなどを同じ値に設定しておく必要があります。
経済的ポケットwifi レンタル
0

会社の休憩時間は物凄く楽しい会話でいっぱい。

2012/8/13 
はじめまして、こんにちはバンです。
日記をこれから開始したいと思います。
色々なニュースとかを取り上げていくのです。
ぜひよろしくおねがいしますね^^
0



AutoPage最新お知らせ