2009/8/31

手のしびれはどうして起こる?  原因

急に手が痺れていると感じたり、腕や足が痺れたりするなと感じる場合があります。本当に急にピリピリッとした感覚が来て痺れるのです。なぜこう言った「痺れ」と言う物は起きるのでしょうか?

一番大きな理由としては神経が圧迫されてしまう事によって痺れが発生すると言った様な状況になると言う事が挙げられると思います。
神経は首〜鎖骨の下あたり〜肩〜腕〜手と言う様に通っているのですが、この間にある神経が、何らかの理由で圧迫されてしまう事により痺れが発生してしまうと言う事なのです。

そうなってしまう原因と言うのはたくさんありますが、その原因の一つに頚椎ヘルニアと言う病気があり、それになってしまった場合、痺れに関しては治るけれども頚椎は元に戻らないと言った症状が起きてしまいます。

また痺れが起きてしまう原因には「肩凝り」と言うのもあり、肩凝りに依って緊張、硬くなってしまった筋肉が神経を圧迫させてしまうと言う症状を引き起こしてしまいます。

これほど神経は身体の色んな部分と密接に関わっている事が分かると思います。しかしこの他にも外的身体の受ける要因もあります。それが「ストレス」です。家や外でストレスを抱えてしまう事により、自律神経失調症気味になってしまう場合があります。こうなると神経に色んな命令を出す機関があまり働かなくなります。となると結果的に神経が何をどうしたらいいのか混乱してしまい、痺れが起きてしまうと言う事も珍しくないと言う事になります。
タグ:  しびれ 原因

2009/6/6

手のしびれをチェックしよう  症状

手が痺れる。腕が痺れるなど身体に異変を感じる人もいると思いますが、手の痺れは何故発生してしまうのでしょうか?下記に手が痺れてしまう原因のチェック項目を挙げてみましたので是非自己診断をしてみて下さい。

・過去にムチウチの症状になった事がある場合、それが原因で神経を圧迫する事があります。ですから手が痺れてしまうと言う症状も発生しやすいのではないかと思います。

・寝る時に真っ正面ではなく、左右どちらかを向いて寝る事が多い人にも痺れが出てくる事があります。横を向いて寝ると言う事は体重を背骨で支えている訳ではないので、身体半分の体重が下側になっている身体を圧迫していると言う事になりますので、手が痺れてしまうと言う事もあると言う事になります。

・首を打撲した経験がある人、首の間接を痛めた経験がある人も要注意です。完治を例えしていたとしても形は残っているものなので、再発もしやすく血行不良になりやすいと言う事になります。
血行不良になると手に痺れが起きやすくなってしまいます。

・次に精神的に弱かったりする人も注意です。ちょっとした事で落ち込みやすいと人間って下を向くようになるので、猫背になってしまいます。そうすると肩や首の神経を圧迫してしまう為に痺れが発生してしまうと言う事になるのです。


と、簡単にチェック項目を挙げてみましたが、手や腕が痺れる原因はこれだけではありません。病気等が原因の場合もあります。
でもいつなるか分からないからと落ち込まず、なるべくストレスを溜めずに発散して前向きに暮らしていきましょう。
タグ: しびれ 

2009/6/5

妊娠としびれ  妊婦

妊娠している最中に手や腕に痺れを感じたり、むくみを感じたりする人が多いと思いますがその原因と言うのはどう言う事なのでしょうか?

基本的に起きる症状としては、手や腕の感覚が鈍くなってしまったり、何となく痺れていたりだるかったりと言う事だと思います。日常生活においてはこれらの症状と言うのはあまり影響が無いと思うのですが、稀に痛みが来る場合もありますのでもし痛みやしびれがある時にはすぐにお医者様に相談した方がいいと思います。
また痺れと言うのは「手」だけに限って発生するものではなく、「腕」にまで伸びる場合があります。

妊娠中にどうしてこう言う痺れなどの症状が起こるのかと言うと、赤ちゃんがお腹の中にいると言う事で、赤ちゃんに栄養を持って行こうとする為に身体の細胞が血管を少し太くしてしまうのです。その太くなってしまった血管が神経を圧迫して痺れと言う形で身体に出てくると言う事になります。身体の中が赤ちゃんを育てる為に起こってしまう症状と言う事になるので、あまり心配はしなくていいと思います。

手の痺れ自体は1週間位手首を動かさなければ治るとは思うのですが、手首を動かさないと言うのはかなり難しいと思います。そういう場合にはタオルを温めた物を手首に巻いてみるなどしてみて下さい。消炎鎮痛剤と言う手もありますが、薬を飲む場合には必ず産婦人科医に相談してくださいね。

何にしても不安になり過ぎる事は赤ちゃんにも良くないので、ちょっと気になる様であれば直ぐにお医者様に相談するようにしましょう。
タグ:  しびれ 妊娠

2009/4/24

女性に多い手の痺れ  原因

女性の方に手の痺れが多いって知っていましたか?
手が痺れるのと同じように腕の方まで痺れてしまう事があるみたいなのですが、この手の痺れと言うのは大きく分けると原因が3つあるので、説明してみたいと思います。

【胸郭】
女性の胸郭が狭い場合、手や腕に痺れが発生する場合があります。胸郭とは背骨の中でも首の辺りにあたるのですが、この部分にある骨と骨の間が狭いと神経が圧迫されてしまうので、痺れが発生する様になると言う事になるのです。
また、なで肩の人に腕の痺れが発生しやすいとも言われているのですが、それもなで肩と言う体系が神経を圧迫しやすいからなのです。

女性は骨格が男性より小さい為に神経が圧迫されやすいと言う性質や体質がある為、女性の方が手の痺れと言う物が発生しやすいみたいです。

【頚椎】
頚椎ヘルニアを持っている人は特に手の痺れなどには注意が必要だと思います。頚椎ヘルニアは頚椎が変形してしまっている物なので神経も血液も圧迫されやすく、手や腕の痺れ、血行不良による肩凝りなどの原因になります。

【首の筋肉】
手の痺れが発生する原因として首の筋肉が硬くなってしまっている人も挙げられます。首の筋肉が硬いと血行不良にもなり、頭痛も肩凝りも酷くなってくると思います。これは女性に多い症状なのですが、事務やパソコンなどでデスクワークが多いと一日中同じ姿勢を取る事になります。ですから筋肉を硬くさせてしまうと言う事に繋がる訳です。
タグ:  しびれ 原因

2009/4/14

手のしびれと頭痛  原因

手の痺れが起きるのと同時に頭痛もある場合、自律神経失調症の疑いがあると思います。

痺れと頭痛って全然関わりが無い様に感じますが、実はものすごく深く関係があって、良く一緒に症状として現れているのです。

その共通点は血流の流れの悪さで、頭痛は頭への血流が悪くなる事で起こりますし、手の痺れも血管が圧迫されて血流が悪くなり神経に影響を与える事で起こる様になり、どちらもその血流の悪さが原因となっています。ではどうして血流は悪くなってしまうのでしょうか?

その主だった原因には、今現代人が誰でも持っていると言われている「ストレス」が挙げられます。仕事や家庭、人間関係など様々なストレスを抱えている人が今はたくさんいると言われています。その中で身体に症状が出る人も多く、偏頭痛→手の痺れと言った症状を訴える人が多いみたいです。

ストレスとは身体の内的要因ではなく、外的要因となり、人間関係、不規則な生活、食生活、睡眠不足などがストレスの原因になってしまう事になります。

また、痺れと頭痛、本当はどちらか一つしか症状が出ていないのにも関わらず、既に自分で自己催眠をかけてしまっていて、症状を誘発していると言うケースも少なくはありません。
ではどうすればこう言った症状は無くなるのでしょうか?

方法はいくつかあると思うのですが、ストレスをためない事、肩凝りの原因となる行動をしない事が大切です。
また、睡眠を充分に取る事で多少改善される場合があります。寝ると言う事は身体を横にすると言う事です。血が横になる事で身体全体を巡る様になります。睡眠はそれほど大切な事なのです。
タグ:  しびれ 原因

2009/4/10

手の痺れとむくみ  症状

手に痺れが発生したりそれと同時にむくみが出たりする場合がありますが、それは同一の事が原因の場合もありますが、それぞれに原因がある場合もあるって知っていましたか?

「むくむ」と言う事は以下の様な事で、血液中の中に水分が含まれていると思いますが、その水分は細胞によって吸収・排出が繰り返されています。その水分が多すぎてしまったり、血液自体がドロドロだったりすると細胞が血管に戻らなくなってしまい膨らんでしまうと言う結果になります。これが「むくみ」の正体になります。

その一方、「手の痺れ」と言う物の主な原因としては肩凝りなどの血行不良にあると思います。肩を使い過ぎていると血の巡りが悪くなってしまう為に血行不良になってしまいます。そうなると肩から自律神経失調症と言う様な症状に陥ってしまい、手が痺れてしまうと言う症状を引き起こしてしまうのです。

これらは一見原因がバラバラの様に思えますが、共通点があるのです。これら二つの症状の原因における共通点とは「血行不良」と言う事です。身体に血液が浸透していかないのです。

血行不良は食生活が原因だったり、運動不足が原因だったりします。血液と言うのは身体にとってとても重要な物で、身体に栄養をいきわたらせてくれる役目をしているのです。その血液の通りが悪くなると言う事は身体に栄養がいかなくなるので、血液の中から栄養を取ろうとして水分が欲しくなりたくさん水分を取ってしまうと言うような悪循環になるのです。

痺れとむくみは合併症みたいな物と思っ

2009/4/7

手のしびれが発生しやすい項目  原因

手の痺れと言うのは結構厄介な物だと思います。ならないに越した事はないと思うので普段からの予防が大切になります。

手の痺れが出てくるかどうかと言うのは日常生活でいかに気を付けているかによってもかなり変わってくると思います。ではどう言う生活をしている人が手の痺れが出やすいのかチェックしてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

【デスクワーク】
デスクワークをしているとどうしても、手を前に置いたり猫背になったりしまいがちです。首に疲れが溜まる事により神経が圧迫されてしまい手が痺れてしまう可能性が出てきます。特にパソコンをずっとやっているとモニターに目が集中してしまいますので、どうしても肩や首が凝ってしまうのです。
しかし仕事ですので、どうしてもやらなきゃならないですよね。そう言う時には1時間に1回は席を立って肩を回したり、遠くを見るようにしたりするだけでも大分変ってくると思いますよ。

【姿勢】
普段から猫背で歩いていたり、斜めに座ったりして姿勢が悪い人は肩や首の筋肉と言うのがどうしても正常の場合と比べて偏ってしまいます。
こう言った場合には、姿勢を正して真っ直ぐ立つ様な練習をして、防いでいく様にしましょう。

【睡眠】
きちんと睡眠を取る。これは何よりも大事な事だと思います。枕が合っているか布団が合っているか朝起きて身体が痛いなどという事はないか、などがあると神経を圧迫しかねません。まずは自分の布団が合っているかどうかを確認する事から始めてみましょう。
タグ:  しびれ 原因

2009/4/5

手の痺れと病気の関連性  原因

身体が病気になると症状として色々出る様になります。それらの症状は「病気になっているよ」と私達に知らせてくれている信号でもあるのです。
それではその症状が「手の痺れ」として現われた場合、考えられる病気はいったいどのような病気なのでしょうか?

【絞扼(こうやく)性神経障害】
こう言う難しい名前が付いた病気がありますが、簡単に言うと神経が絞めつけられる事により、痺れが出てしまうと言う病気です。主だった物には「手根管症候群」と言う神経そのものの障害を指している病気もあります。

【アルコール依存症】
過度のアルコール摂取が原因で起こる痺れです。

【薬物中毒】
過度のドラッグや農薬など、薬物の摂取が原因で起こる痺れです。

【脳に関係する病気】
これはとても大変な病気で、脳梗塞、脳卒中、脳出血、脳腫瘍等の前兆として痺れが発生する場合があります。症状は痺れだけではなく、顔面麻痺、歩行困難、言語障害、めまいなどがあります。こう言った痺れ以外の症状も併発している様であれば早目の受診をして下さい。

【腱鞘炎】
長い間、ずっと同じ様な動きで手や指を使い続ける事によって、腱鞘炎になってしまう場合があります。例えば長期間パソコンでキーボードを打ち続けていたり、長い間何かを書く作業をしていたり、ピアノを弾き過ぎたり、テニスをずっとやっていたりすると腕・手・指を酷使する事になりますので腱鞘炎になりやすくなります。もちろん炎症を起こしている訳ですから痛いのもありますが、同時に痺れも起こさせる場合もあるのです。
タグ:  しびれ 原因

2009/4/3

手が痺れる原因  原因

手や腕、指先等が痺れてしまう原因と言うのはたくさんあります。ではいったいその原因とはどう言う物があるのか?下記に少し挙げてみたいと思います。

【神経が圧迫される】
末梢神経が圧迫されてしまう事で手や指先に痺れが発生してしまう事があります。手や指先の何処の場所が痺れているかによって末梢神経のどの神経が圧迫されているかが分かります。その末梢神経も何処を流れているか箇所により名前が違っていて、正中神経、腋窩神経、筋皮(きんぴ)神経、橈骨(とうこつ)神経、尺骨(しゃっこつ)神経等があります。

【脊髄の障害】
脊髄の障害が痺れの原因となる事もあり、代表的な物は脊髄のヘルニアだと言われています。これは頚椎に負担がかかってしまっている為に起こる物で、首を反ったり首を前傾させたり、頚椎が変形したりしてくると症状が強く現れる様になります。頚椎が変形してしまう原因の一つに加齢や事故などがあります。症状を和らげる為には負担を首にかけない事が大切です。

【糖尿病】
若い人達から見てみると糖尿病で痺れ?と思うでしょうが、血糖値が高い状態が続くと、手・指先・足先と言ったような身体の末端から痺れが起きる様になります。また痺れだけでなく痛みや末端の感覚が鈍って来ると言う症状も出て来る様になります。糖尿病を放っておくと、症状は更に色々出る様になり、排泄障害、顔面麻痺、筋肉の委縮など本当に大変な症状が出て来る様になりますので、きちんとした処置を受ける様にして下さい。
タグ:  しびれ 原因

2009/4/2

手に起こる痺れと言う症状  原因

手の痺れや足の痺れに関して言うと誰でも経験がある物だと思います。例えばですが長い時間正座して同じ姿勢を取っていると足が痺れて暫くじんじんしてしまいますよね。じんじんした後は感覚が無くなってしまう様な気になっているなどしませんか?

手の痺れにも同じ様な事が起こります。これはずっと同じ姿勢を取っている事で血管を圧迫してしまう為に血液が上手く神経に届かなくなってしまう事が原因だと言われていて、要するに痺れの原因の一つは血行不良だと言う事が伺えると思います。

また、血管を圧迫して痺れが出る以外にも直接神経に負担がかかり神経が行っている様々な伝達経路が鈍くなってしまった場合にもこの様な痺れが起きます。

単純に「手の痺れ」と言っていますが、これにはたくさんの原因と症状とがあり、人によって違うので比較するのは難しいと思います。

症状にはビリビリした様な感覚や痛みがあったり、まるで麻酔でもかけられたかの様に感覚が無くなってしまったり何となく行動が思い通りに行かなくなったりと本当に様々な症状が挙げられるのです。またその症状が出る場所も特定はされておらず手〜腕全体、指だけ、手首、上腕のみ、下腕のみと本当に色々あります。病院に行く際にはこの場所も重要な診断基準になりますので、きちんと把握しておく必要があります。

その場所を把握する事で何処の血管や神経が圧迫、負担されているのかが分かります。ですからそれによって解消法も変わってくると言えるでしょう。
タグ:  しびれ 原因

2009/4/1

手の痺れと神経に関する事  病気

「手の痺れ」とそれに関係する「神経」に関してお話してみたいと思います。近年、手や足、腕に痺れを起こす人が増えて来た様な気がします。この様に手が痺れている事なので、神経系の病気と判断して「手根管症候群」と言う様に病名が付いています。

では何故手や足、腕などに痺れ等が発生してしまうのでしょうか?こう言った痺れとかは、デスクワークなど、ずっと同じ姿勢で作業をしていたり事故などで強い衝撃を受けてしまったりする場合に生じる可能性が高いです。またそれだけでない原因で痺れが発生してしまう可能性も高いです。

痺れはあまり軽んじて見て欲しくはないのですが、もし長い期間痺れが続いてしまうのでしたら病気が原因である可能性もありますので、早めに病院に診察に行かれる事をお勧めしたいと思います。

手や足、腕の痺れである「手根幹症候群」と言う症状の痺れの原因と言うのは、手の平の付け根部分にある靭帯と骨に囲まれている長さが3cm位のトンネル状の部分があり、それを「手根幹」と呼んでいるのですが、その部分の圧力がかかってしまった時に「手根管」の中にある神経が圧迫され、その結果手や腕に痺れが生じたり、痛みが生じたりしてしまうと言う事になるのです。

しかし、手の痺れと言うのはこう言った「手根幹症候群」だけが原因とは言えず、怪我の後遺症として発生してしまう場合、姿勢によって発生してしまう場合など様々なケースがあると言えるでしょう。
タグ: しびれ 原因

2009/3/30

手の痺れ、手根管症候群、2つの関係  病気

「手根管症候群」が手の痺れの原因となっている場合がありますが、今自分の身に起きている手の痺れが「手根管症候群」なのかどうかを調べる為には知覚的・電気生理学的に検査をする必要があります。

もし手が痺れている時に、ずっと手首に負担をかける状態、例えば手首を曲げた状態で暫くそのままにしておいて痺れが強くなっていく様でしたら、神経系にかなりの負担がかかっていると言う事なので神経科や外科などの科をすぐ受診して治療をしてもらう様にしてみて下さい。そうする事で何処の神経が悪さをして痺れを引き起こしていくのか分かりますので適切な処置が受けられると思います。怖いのは大丈夫と変な自信を持って受診しない事です。痺れは何が原因で起こるか分かりません。ですから軽んじてみる様な事はしないで是非受診する様にしましょう。

次に手の痺れが酷くない場合、痛みもさほど感じない場合には治療法として消炎鎮痛剤を使用すると言う方法があります。この場合にはあまり動かさない様に手を固定させておくことをお勧めします。そうする事で手にかかっている圧迫が解消され元の状態に戻っていく様になると思います。

取り敢えず症状が軽くても病院には行った方がいいので、それまではあまり痺れが出ている手に負担をかけない様に、なるべく固定しておくようにしましょう。どうしても手の痺れが治らない場合ですが、最悪の場合手術で神経の圧迫部分を解消させると言った方法もあるようです。
タグ: しびれ 原因 病気

2009/3/26

手の痺れ「手根幹症候群」以外の原因  原因

手に痺れと言う形で症状が出る原因は「手根幹症候群」と言う病気もあるのですが、それだけではなく、別の病気や障害が原因となって痺れが発生してしまうと言う事はよくある事だと思います。

その症状として一番多いのが「血行不良」かもしれません。血行不良で起こる症状には「肩凝り」と言う症状がありますが、手の痺れと言うのも血行不良で起こる事があるのです。その代表的な症例としては正座をした後立ち上がると痺れがくるとか、腕枕をすると腕が痺れるとかあると思いますが、これは足や腕の一部が圧迫されて血行不良を起こしたのが原因だと思われます。皆さんこれは経験があるのではないでしょうか?

またその他の原因に関して言うと神経系のヘルニアが原因の場合もあります。手の痺れって手首が圧迫された事だけで発生するものではなく、その手首を繋いでいる首や肩などの部分が圧迫される事でも痺れる事があります。また脳梗塞などの前兆でも痺れが起きてしまう場合もあります。

このように、色々な病気の前兆として手足や腕などに痺れが出てくる場合もあるのです。手や腕などに痺れが発生しても少し放っておくと治ってしまう場合もある為に、案外軽んじて見られてしまう「痺れ」ですが、何かの前兆として起こっているのであれば放っておくことは出来ないと思います。
ですから、放って置かずに必ず病院へ行って医師の診断を仰ぐようにして下さい。何も無ければそれだけでも安心だと思います。
タグ:  しびれ 原因

2009/3/25

出産後に現れる手の痺れ  原因

手に痺れと言う形で症状が出る原因は「手根幹症候群」と言う病気もあるのですが、それだけではなく、別の病気や障害が原因となって痺れが発生してしまうと言う事はよくある事だと思います。

その症状として一番多いのが「血行不良」かもしれません。血行不良で起こる症状には「肩凝り」と言う症状がありますが、手の痺れと言うのも血行不良で起こる事があるのです。その代表的な症例としては正座をした後立ち上がると痺れがくるとか、腕枕をすると腕が痺れるとかあると思いますが、これは足や腕の一部が圧迫されて血行不良を起こしたのが原因だと思われます。皆さんこれは経験があるのではないでしょうか?

またその他の原因に関して言うと神経系のヘルニアが原因の場合もあります。手の痺れって手首が圧迫された事だけで発生するものではなく、その手首を繋いでいる首や肩などの部分が圧迫される事でも痺れる事があります。また脳梗塞などの前兆でも痺れが起きてしまう場合もあります。

このように、色々な病気の前兆として手足や腕などに痺れが出てくる場合もあるのです。手や腕などに痺れが発生しても少し放っておくと治ってしまう場合もある為に、案外軽んじて見られてしまう「痺れ」ですが、何かの前兆として起こっているのであれば放っておくことは出来ないと思います。
ですから、放って置かずに必ず病院へ行って医師の診断を仰ぐようにして下さい。何も無ければそれだけでも安心だと思います。
タグ:  しびれ 原因

2009/3/24

:手の痺れとむくみの関係  原因

今の日本の夏ってものすごく暑くて、クーラー無しでは本当に生活出来ませんよね。クーラーがガンガンかかっている所で生活をしていると体温調節がうまくいかなくなるのか、クーラーがかかっていない所でも汗を掻きにくくなっていると感じた事は無いでしょうか?

特に手の平や顔に関してだとは思うのですが、主な原因は新陳代謝がクーラーによって衰えてしまっている事にあると思います。夏なのに汗を掻かない生活、クーラーで快適な生活を送っていると汗を掻く機会が無くなってしまうので、身体のバランスが崩れてしまうと言う事なのです。ですから出来るだけ身体を冷やし過ぎない様にしておかなければならないと思います。こう言った冷やし過ぎの生活を続けていると、身体に「痺れ」や「むくみ」と言った症状が現れる様になり、放っておくと身体全体に症状が出て来る様になるみたいです。

もし「痺れ」「むくみ」が日を追うごとに酷くなってくる様であれば、クーラーを消して外の風に触れる様にするとか、クーラーが消せないのであれば温度を上げるとかして身体を冷えから守る必要があると思います。

また手や顔がむくんでしまうと、手や顔を圧迫してしまうと言う事に繋がります。そうなると痺れも出て来る様になります。そしてその症状を何も対処もせずに放っておいてしまうと病気になってしまうケースもありますから、やはりきちんとした対応が必要になると思います。身体を冷やすと言う事は大変危険な事なのだと理解する様にしましょう。
タグ:  しびれ 原因



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ