2013/7/26

Glendale市が日本のニュースに  時事

慰安婦像設置に日系住民が猛反発、公聴会大荒れ 米・グレンデール市

グレンデールは、1983年2月から1987年12月まで住んでいた街です。ロスアンゼルスの北、ダウンタウンからフリーウェイで20分ほどのところ。東側にはパサデナ、西側はロッキード社の本山でもあったバーバンク、西南には今や映画のメッカとなったノース・ハリウッド、本家ハリウッドまでもすぐという便利な街です。ジュラシック・パークで有名になったマイケル・クライトンという作家が日本人の商社マンをテーマに書いた小説 Rising Sun の舞台の一つに、この街のショッピングモールを使ったりしました。
 70年代までは白人の街でしたが、次第にアルメニア人(イラクの北)の移民が増えてきて、私が住んでいた S.Adams St. の周囲もアルメニア人だらけになりました。そして市長もアルメニア人になったと聞いています。
 当時、韓国人はそれほど多くはありませんでしたが、近く韓国人経営の焼肉弁当屋があって、私達も良く買ってきて食べたものです。しかし、韓国系移民も最近増えたのでしょうね、こんなニュースが報道される位ですから。アルメニア人も宗教上の対立からロシアやイラク、トルコから迫害された人種です。韓国人から「迫害の歴史」を聞かされると無条件に同情してしまうのでしょう。
 
 そこで、こんな記事もぜひお読みください。
1



2013/7/26  15:18

投稿者:h-doi

ジェームス・E・アワー 日韓の間の「真実の話」をしよう

世界の有識者はこういう見方をしている。靖国とアーリントンとは同じ。日本としては、中韓にとってなくてはならない日本になる以外にないのだろう。

NPO

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ