2005/7/10

Jシリーズ第四戦レポート  イベントレポート

Jシリーズレポート
第4戦 秋田県田沢湖

7月9日〜レース前日〜

朝6時頃に会場に到着。12時に東京を出発したんだけど…まぁ大分早く着いた(笑)テキパキと準備を済ませて、試走に向かった。田沢湖のコースはスタート直後からジープロード基調の登りを3キロ程走り、日本一長くてスリリング(楽しい)なシングルトラックメインの『黒森山』を下り、またテクニカルなシングルトラックを走り〜スタート地点を脇にまた少し下り、それを登って帰ってくる、一周8キロの国内最長コース。クライマーにもダウンヒラーにもチャンスがあるコース。また、登り区間と下り区間の路面の変化が激しいのでタイヤ選択に迷うコース。
この日は二周試走。晴れていたので、一周目は普段から使っているタイヤのハイローラーUSTを前後に履いて走行。一周目から黒森山を攻めて走ったら、転倒二回…コースアウト二回…と散々。二周目は路面が荒れた時の事を考えて、前輪にグリップの良いイグナイターUSTを履いて走行。チームの山本カズさんと走り、ラインを盗んだ。トップの選手と走ると、参考になります。コース後半の60センチほどのドロップオフ(フラット着地)を減速せずに飛んだら、着地で…「ブリッ!!」なんか嫌な感じがしたけど、気にせずにこの日は終了。


7月10日〜レース当日〜

朝、宿で目が覚めると…「ザーザー…」やって来ました。雨です。D(泥)シリーズです。
丸田兄弟のスタートに合わせて、早くに会場入り。ゆっくりとサプリメントや食事やらを摂って支度。スタート一時間三十分前から徐々に身体を動かして、レースモードに切り替え。アップをいい感じにこなしてステージン
グヘ。ランキングが悪いので、ほぼ最後尾のスタートだった。
レースは12時スタート。しばらく幅の広い上りが続くので、スタートダッシュは我慢して集団内で走行。下りは田んぼ状態な路面&周りに○○な選手ばかりだったので、まともに乗っていくことが出来ずにフラストレーションを貯めて一周目の黒森山終了。その後も、囲まれて思うようにはしれなかったけど、高速区間で放して独走開始。ドロップでジャンプ。『ブリブリッ!!』また嫌な予感…そんなこんなで1周終了。
2周目には随分と集団もバラけたので、「我慢!!」を頭の中で唱えて登りを進んだ。後ろからスドーマンがやってきて抜かれたが、長い戦いになると読んだので、自分のペースを維持して走った。下りは周りに人がいなかったので、大分攻めて走った。乗れない箇所はバイクをストックにしてジャンプして下りていった。またもや、ドロップでジャンプ。今度は大ジャンプおそらく飛距離4メートルくらい。「ブリブリブリッ!!ガシッ!!」
マジヤバイ予感…と思ったら、リアの変速機がおかしくなった…ロー側二枚しか使えなくなった。何度も止まって直したが、メカに弱いので再生不可。リタイヤも考えたが、フロントの変速でなんとか誤魔化して2周目終了。
3周目の入り口で、ギヤをガチャガチャ動かしたら直った!!『神はた…』止まってた分を巻き返さない事には長期戦も何も無いので、登りはややペースアップ。脚が攣り気味だったが最終周に入れるか微妙だったので無理矢理GO!!下りも無理矢理GO!!押しで脚がもつれて転んでもGO!!黒森山を下りたところでスドーマンと合流。とりあえず我先にGO!!ドロップは大人しくマニュアル越え。キレイに決まった…(最初からやれよ!!)スタートエリア脇を通った時に残りタイムを見て、「ギリギリやんっ!!」って感じだったので、踏ん張ったが、腰が終了してた。最後の押しでたれてしまい、タイムアウトで終了。何位かは全く解らいまま終わりました。

総括
前回の富士見のあと「あ〜自転車見たくね〜」と思い、頭を「自転車遊び」の方向に持っていったのが良かったのか?33位というリザルトだった。全日本前でトップレーサー数人が出場していなかったのと、参加者がいつもより少なかったのも手伝ってのこのリザルトだと思うが、今まで納得の行く結果がだせなかった僕にとっては、今回の順位は素直に嬉しい。嫌いな雨&長い登りのコースでも集中すれば、まぁまぁ走れるのが解った。食わず嫌いだったのかも…この感じを維持して来週の富士見でも頑張りたいと思います。


使用機材
バイク  キャノンデールスカルペルチーム
タイヤ F:MedusaUST(2.1) R:IgnitorUST (1.9)  ともに2.1気圧

機材は最高でした。ニューバイクが来てから一ヶ月間でセッティングを出すこととバイク慣れることができた。
スラムの変速は歯切れ良かったし(トラブルは自分の責任)、テラロジックフォークは無駄な動きを排除してくれるので、ハンドリングとペダリングに集中できた。
タイヤはジープロードの登りに合わせて、後輪に走りの軽いドライタイヤを履いた。脚が無い僕にはマッドタイヤでゴリゴリと踏んでいくのは厳しいので、この選択は正解だったと思う。「グリップが心細いかな〜?」と思ったが、全然問題無かった。むしろ、リアをスライドさせて下って行く様な今回のコンディションでは、コントローラブルで良かった。今回もキャノンデールとマキシスのスタッフの皆さんに助けてもらいました。いつも本当にありがとうございます!!

結果→33位       
設定週回数 8キロ×4周 

応援&サポートありがとうございました!!

Team Cannondale 鈴木禄徳
0



2005/7/12  20:12

投稿者:ヨシ君

はい!!頑張ります!!
富士見は…まぁそぉいう感じなんですが(笑)U−18最後なんで、そんなこと言ってられません!!全力で行って来ます!!

2005/7/12  17:07

投稿者:west

今季最高の結果ですね。これでメカトラなかったらもっと良かったのにね。残念。でもいい勉強になったね。次の全日本は、富士見ですね。あまり得意じゃなさそうだけど、上位目指して頑張れ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ