2018/2/11  14:40

328.動きで心ととのえる  

「感覚と動きで心ととのえる」

図書館で借りて、「『首から下』で考えなさい」という本を読みました。
著者はシアン・バイロックという人。
アメリカの方です。

体を使うことで脳が活性化して、心もコントロールできる、といった内容です。
心よりも体の声を聞く、というようなことを、アメリカの方も感じているんですね。

何事もエビデンスを求めるというか、論理的というか、事例や研究調査データや脳の仕組み解説などがふんだんに盛り込まれていて、少し取っ付きにくいけど説得力がありました。
そういうところは、さすが外国の本という感じです。

姿勢をよくしたり、体の感覚に集中したり、ジェスチャーやダンスやウォーキングなど、「体を道具として使う」具体的なやり方が書かれていました。
積極的というか、能動的というか。
体をどんどん動かすことで脳にどんどんアプローチしよう! という方向性のようですが、感覚のフィードバックも当然ふまえていると思います。

著者の方は東洋的なものにも関心があるようだったので、ヒモトレを紹介したら喜ばれるかも? なんて妄想してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/2/7  17:23

327.なんちゃって雪ワラーチ  

わたしの作る「履き物」は、ワラーチもシューズも100均材料のなんちゃって品です。
そんな物でも履いて歩けば楽しいし、本物が持つ心地よさの一端くらいは感じられるかなと思ってます。

大雪や吹雪の時は無理ですが、お天気がよければかなり寒くても数分間は外に行けます。
朝のゴミ出しのついでに自宅前を歩いてみたりして。
なんちゃってワラーチやシューズでも、靴より雪質を感じやすいです。

雪を踏んでサクサク言ってたのは冬の初めの比較的あったかい時。
いまはザクザクとか、うんと寒くなるとギュッギュッという感じになります。
除雪する前と後の違いとか、さすがに雪の中に入っちゃったら冷たいとか、雪の上より濡れた玄関の床のほうが滑って危ないなど。
足が色んな経験を積んでます。

裸足はちょっと、足裏が雪についた瞬間にギブアップでしたけど。

写真のは新作のなんちゃってワラーチ。
バスマット製で、厚さが2センチもあります。
足裏感覚は少し落ちるようですが、さすが厚底、あったかいです。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/2/2  20:02

326.マイシューズ  

「雪質を感じて歩くマイシューズ」

去年の夏にはワラーチで初めてのサンダル作りをしましたが、今度は靴に挑戦です。
ツイッターで見つけた、黒森庵の、こんくらい。さん作の「マイシューズ」。
100均材料で真似して作ってみました。

見よう見まね的作り方です。

フロアマットに足型を書いて、目打ちで穴を開けます。
穴よりも5ミリ位大きめにカットします。

フェイクレザーを適当に切って、先に踵側から縫い付けていき、甲側を後から縫います。
ときどき試着しながら、足の形に沿うように調整します。

糸はふつうの木綿糸を2本どり。
返し縫いしました。

出来上がりはなんだか不恰好。
でも初めて自分で作った「靴」!
愛着わきます。

履いてみると、軽いの!
ワラーチと同じくらい軽い。
そして足の指が冷たくない。
ワラーチだと指先が冷えて痛くなるけど、シューズはそれがないです。

縫い目から水が染みてくるし、フェイクレザーは薄くてペラペラなんですけどね。
でもあったかい、というか冷たくないから不思議です。

雪質を感じたお話に続きます。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/1/27  23:21

325.やめる勇気と腸食で  

「不安ならやめる勇気を大切に」
「いまはまだ小食よりも腸食で」

最近、1日3食に戻しました。

夏頃から少しずつ取り組んできた小食。

1日2食まできてたのだけど、そこにコレステロール対策を加えたのが、やりすぎだったみたいです。
秋の検査でコレステロールが減ってなくて、薬を再開すると言われて焦ってしまいました。

とりあえずどんな食事がいいのか調べつつ、小食も続けてたのだけど。
結局は何を食べたらいいのか分からなくなってきて。
だんだん食べる量自体が減ってきて。

痩せるし気持ちは落ち込むし。
薬を飲むことにも不安があり。
便秘も続くようになってしまい。
けっこうストレスだったみたいです。

とくに辛かったのが便秘。
1か月くらい、お通じがないかあっても少しという日が続きました。
便秘するだけで、精神的にあんなにこたえるとは知らなかった。

あれは食べていいとか、これは食べたらダメとか、食べ物をいちいち評価して、感謝できなくなっていました。
食べることも楽しくなくなって、こんなに色々やってるのになんで便秘するんだよー! ってイライラしてしまったり。

そんな時に読んだ小食の本に、
「不安感を感じたらやめましょう」
ということが書かれていました。

それを読んだら気持ちが楽になって、いったん小食をお休みしようと。
まずは便秘解消を優先しようと。

そして朝ごはんを再開。
量は以前より少なめで、腸によさそうなものを摂るようにしました。

「まごわやさしい」食材とヨーグルト、オリーブオイルなどを積極的に食べました。
具体的には、すりごま・りんごとニンジンのすりおろし・寒天・サバ缶・きな粉・おからパウダーなどです。
オリゴ糖やフルグラも食べてます。
忙しいときや、あまりお腹が空いてないときは、白湯と野菜ジュースだけにしたり。

お弁当はサラダにサバ缶やすりごま、のりなどをトッピングして、オリーブオイルと酢しょうがをかけたものと、豆乳スープ、小さめのパンかオニギリのことが多いです。
豆乳スープは、持参した豆乳を職場で温めて、インスタントのスープを溶かしたもの。

晩ごはんは、野菜多めを心がけつつも、家族が一緒だしふつうの食事です。

あとは水分補給の麦茶に寒天を入れたり、りんごニンジンのすりおろしをおやつ代わりにしたりしてます。

今月からこんな食事にしてみて3週間くらい。
始めてすぐに朝のお通じが復活。
いまもほぼ毎日お通じあります。
良かった。
本当にほっとしました。

来月は、またコレステロールの検査がありますが、腸によさそうな食事は結局コレステロール対策と共通してますよね。
だからあまり気にしすぎないで楽しく食べたいです。
小食に再チャレンジする時には、いまの食べ方を基本に少しずつ朝ごはんを減らすところから始めようと思います。

何事も楽しみながら取り組むことが大切らしいです。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/1/16  12:52

324.記憶に残すマイ川柳  

「読んだ本記憶に残すマイ川柳」

やりたいけど続かないことの1つに、読書記録がある。
マッピング、引用、コピーや帯のスクラップ、本の写真を撮る、などなど。
色んな方法があって、試してみるけど、しばらくすると挫折している。
まあ本自体、パソコンやタブレット(わたしスマホは持ってません)に押されて最近あまり読んでないけどねー。

どれも、やり始めは楽しいのだけど、手間がかかったりすると面倒になってしなくなってしまうのよねー。

今回も、いつまで続くか自分でも自信ないけど、読んだ本の内容や感想から、川柳を作ることにした。
1冊につき1句。
メモ帳に書くだけ。

簡単だから、しばらくは続けられるかなー。


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ