就職活動完全攻略マニュアル
  | 投稿者: 就職活動完全攻略マニュアル

就職活動完全攻略マニュアル

人間は、きっかけがないと思考を起こさない前提があります。
ですから、話のスタートはいつも「行動」になります。

つまり、面接官とのやりとりは、エピソードから話し始めるのです。

※ここでの行動とは、もちろん、能動的だけではなく、受動的な
意味合いも含んでいます。たとえば「見た」「聞いた」「出会った」など。
私もそうです。ダンスができる友達と、偶然「出会い」、その姿を「見た」のです。

学生にしろ、転職者にしろ、多くの人は、この一番初めの「行動」を話すところができていません。
私のように、「なぜですか?」と聞かれて、「目立ちたかったからです。(思考)」
といった具合で終わってしまっているのです。

例えば、
「限界まで挑戦したかったからです!」
「無限の可能性を感じてみたかったからです!」
などなど。

「イメージが湧くように、行動⇒思考⇒行動の順を追って話す。」

⇒非常に大事なテクニックです。
私の例で言うと、明らかに、1年目より2年目の方が、具体的に
イメージが湧きますよね。「あー、そんな体育館の風景ありそうだね。」
となりますよね。それが大事なことです。

就職・転職活動でよく耳にする「自己分析」とは、
『思考』→『行動』→『思考』→『行動』というサイクルの中での
『思考』と『行動』両方について、時系列順に、具体的に、
【思い出していくこと】なのです。

それができると、イメージが湧くように話せるようになります。

就職・転職活動は、「自分ストーリーを作りあげること。」と言ったりします。

●「行動⇒思考⇒行動」というサイクルを、イメージが湧くように話す。
ということが、「自分ストーリーを話す」ということなのです。

⇒いかがですか?みなさん。

就職活動について、少し先が見えましたか?

しかし、私がM君から、1番初めに聞いた内容は、
残念ながら、今お話したテクニックではありません。

先ほど話した例は、言ってみれば、進むべき方向を少しだけ示したもの。
M君の内容を、発展させたテクニックです。


 ▼      ▼      ▼      ▼     ▼

就職活動完全攻略マニュアルの詳細はこちら


※私から就職活動完全攻略マニュアルのお申込みをされた方には、素適なプレゼントをご用意!
詳しくは就職活動完全攻略マニュアルの申込みページをご覧下さい。
0

  | 投稿者: 就職活動完全攻略マニュアル

就職活動完全攻略マニュアル

ここで、あなたに質問です。
Q:あなたは、今まで、就職活動について、十分に勉強しましたか?

はい、まあまあ、やっています。
はい、本当に苦しみながらも、自分のやりたいことを探しています。
はい、業界研究を人以上にやっています。○○業界について、かなり詳しいです。
就職活動って、そもそも、あまり勉強するものじゃないと思います。
・・・上のどれかに1つでもチェックが入ってしまった方。
はっきり言いましょう。

甘すぎます。

いいですか、みなさん。

あなたは、今までの人生の中で、就職活動のことを
まっっっっっっっっっっっっっったく勉強してきていないのです。

◆具体的に、こう言えばイメージが湧くでしょうか。

■あなたは、自転車の乗り方を10 年以上も学んできています。
■あなたは、お箸の使い方を、10〜20 年以上も学んでいます。
■あなたは、小学1 年生から算数(数学)を習い始めて、15 年以上になります。
■あなたは、中学1 年生から英語を習い始めて、10 以上になります。
■あなたは、人間の道徳について学び始めて、20 年以上になります。

さて、あなたに改めて質問です。
Q:あなたは、今まで、就職活動について、十分に勉強しましたか?
(何年間、就職活動について、学んできましたか?)
⇒長い人でも、数ヶ月。短い人は、実質の学習期間で、数日程度のものでしょう。

いいですか、学生のみなさん。

就職活動は、本屋で購入した本をペラペラ読み、ワークシートを
ちょこっとやって、何人かOB訪問を行い、先輩から面接の秘訣を聞き、
それで、誰でもさくっと内定を出せるような、簡単なものではありません。

すでに数社受けている方であれば、気づいていると思います。

「就職活動って、こんなに大変なんだ・・・と。」

そりゃー、そうですよ。

奥が深く、マスターすることが難しく、競争率が激化しているフィールドで、
今までの人生で、まっっっっっっっっっっっっっったく勉強してこなかったことを
「はい、とりあえずやってみてください!」と言われているのですから。

誤解しないように言っておきますが、決してあなたが悪いのではありません。

日本の教育に問題があるのです。

だって、これから何十年と働こうとしているあなたに、
「仕事」について、日本の教育機関は、何にも教えてこなかったわけですから。

あなたが、数学で学んだ「Y=2(X-5)」は、役に立っていますか?
あなたが、歴史で学んだ「ナクヨ(794)ウグイス平安京。」は役に立っていますか?
あなたが、英語で学んだ「現在完了形」は役に立っていますか?
そんなことより、就職活動の正しいやり方を、教えてほしかったですよね。
私は、就職活動生だったとき、そう思いました。

正しい教育とは、

◆子供達が、一番好きになれる仕事に就けること。
◆子供達が、頑張ったら頑張っただけ、きちんと報われること。
◆子供達が、本当に困ったときに、勇気が湧く方法を教えてあげること。
◆子供達が、「幸せになれる方法」を知ること。

・・・といったことですよね。

だから、中学・高校や大学で「就職活動のやり方」を教育の一環プログラムとして
設けていないことは、日本の教育のいわゆる「歪み」なのです。
本来は、絶対に必要なことだから、きちんと子供達に教えなければいけないことなのです。
できるわけないですよ。何も教わらずに、大きなことを成し遂げるなんて。

⇒とはいえ、中には、いきたい会社に、何社もさくっと内定してしまう人がいますよね。

これ、どういうことだかわかりますか?

これは、今までの人生で、「たまたま」就職活動のやり方についてどこかで聞いているのです。

就職活動のやり方は、大変奥が深く、いわゆる人間学に近い部分を持っています。
面接官の心を動かさないといけないわけですから。

さくっと内定を決めてしまう人は、今までの人生のどこかのタイミングで、
その人間学について、情報を入手しているのです。無意識に。
決して、才能が大きいわけではありません。

就職活動のやり方(人間学)とは、本当に奥が深いです。
きちんと勉強しなければ、絶対にマスターできません。

私の収集したデータでは、きちんと、就職活動のことを理解し、
正しい就職活動を行っている人は、全体のわずか1%程度です。

これは、すなわち、「情報格差」です。

正しいやり方を、知っている人は知っている。知らない人は知らない。

いくら頑張っても、報われない人は報われない。

だって、方向を知らない人は、前に進まなければいけないのに、
後ろへ走っているようなものですから。

かわいそうです。本当に。
就職活動についての、正しい進め方を知らないあなたが。
私は、自分がすごく不器用な人間なので、あなたの気持ちが痛いほどわかります。

助けたい。

そう思い、一致団結した一流企業勤務者(面接官含む)5人が集まり、
1つのテキストが作られました。

テキスト作成が着手される前、5人が集まったミーティングで、全員一致で、
ある1つの結論に至りました。


 ▼      ▼      ▼      ▼     ▼

就職活動完全攻略マニュアルの詳細はこちら


※私から就職活動完全攻略マニュアルのお申込みをされた方には、素適なプレゼントをご用意!
詳しくは就職活動完全攻略マニュアルの申込みページをご覧下さい。
0

  | 投稿者: 就職活動完全攻略マニュアル

就職活動完全攻略マニュアル

就職活動・転職活動真っ最中のみなさん。
将来、働きたい会社は決まりましたか?
就職活動を、決して甘く見てはいけません。
はっきり言って、どこの会社に就職するかで、
その後の人生は、180度変わってしまいます。
間違っても、「どこでもいいや」なんて考えたら、人生終了です。

特に、金銭面。

一流企業でなくても、ある程度の会社に就職できれば、
3〜8年くらい勤務すれば、年収600万円〜800万円に到達でしょう。

万が一、外資金融・テレビ局・広告業界・商社・都銀など、
一流企業に就職することができれば
2〜4年目で年収1000万円を超えてきます。
年収1000万円あれば、お金のことを心配することがありません。
一般的な生活の中で、欲しいものは、すべて手に入ります。

ちなみに、金銭面だけではなく、恋愛面も大きく変わってきます。
電通に就職した、僕の同期のS君。
彼は、学生時代まで、ルックスは今いちで、性格も大人しい感じ。
女っけがまるでなく、決してモテる男ではありませんでした。
・・・がしかし、入社して半年も立たないウチに、なんとモデルの彼女をゲット。
出会いは、合コンだったそうです。
企業のブランドは、恐ろしい威力を持っているのです。
また、一流企業でなくても、ある程度の会社に勤めている人は、
合コンなどに誘われる機会も多く、恋愛生活も充実しています。

・・・ところが、逆に、中小企業、中でも、弱小企業に就職してしまうと、
まさに悲劇とも言える人生が待っています。

■適当に就職活動に取り組み、何となく弱小企業に入社を決めた、
僕の知り合いのH君。「どこでも同じだよ。要するに自分次第だし。」と
口癖のように言っていました。彼は、会社のこともよく調べず、就職活動を
していたので、結局誰も知らない名前の会社に就職を決めました。

・・・しかし、いざ入社してみると、社長の横暴が頻発。毎日深夜まで残業。
それでいて、1年目の年収は、わずか250万円。
ついには、週末出勤も与儀なくされてしまったそうです。

苦しみに絶えた結果、1年も立たない内に、転職活動開始。
がしかし、弱小企業の名前はどこに行っても、誰も知らず、逆に
マイナスイメージ。結局、しばらく続けた転職活動は失敗。
今は、レストランでホール・キッチンのアルバイトをしています。
それからすぐ、大学時代から2年間付き合ってきた彼女に別れを
告げられてしまいました。皮肉にも、新しい彼氏は、一流企業の
営業マンだったそうです・・・。

●かたや一方は、毎週合コン。長期休みの度に海外旅行。
買いたいものを好きなだけ買い、食べたいものを好きなだけ食べる。
彼女・彼氏がすぐできて、プライベートも充実。お金に余裕があるから、
結婚後の生活にも経済的な不安を抱える必要はありません。

●そして、かたや一方は、深夜残業・週末出勤の末、年収250万円。
H君のように、最終的にアルバイトに戻る可能性だって十分あります。
そうしたら、彼女を作るどころか、合コンだって一切誘われません。
もしかしたら、一生結婚できないかもしれません。

どうですか?みなさん。
今、この瞬間に就職活動を本気でやるかやらないかで、
今後の人生は、これほどまでに変わってしまうのです。

「今は入れる会社に入って、近い将来、転職すればいいや」なんて考えている人。

人生、そんなに甘くありません。

今、就職活動を本気でやらなかったら、はっきり言って

人生、こけます。

だから、本気になって、目の色変えて、就職活動をしないといけないのです。
何としても、幸せな人生を勝ち取るために。


 ▼      ▼      ▼      ▼     ▼

就職活動完全攻略マニュアルの詳細はこちら


※私から就職活動完全攻略マニュアルのお申込みをされた方には、素適なプレゼントをご用意!
詳しくは就職活動完全攻略マニュアルの申込みページをご覧下さい。
0




AutoPage最新お知らせ