2018/4/1

コントローラ無しでSE-AT経緯台の自動導入  天文関係

この頃,Kenkoのオンラインショップのジャンクで入手したKenko SE-AT100N経緯台を弄って遊んでいます。これまで色々なネット情報や自分のテストで,SE-AT経緯台は,SynScanV4とV3のコントローラを使えば自動導入ができることを確かめました。ただし,問題はKenkoのSE赤道儀やEQ6Pro赤道儀に付属のコントローラケーブルでは,SE-AT経緯台には接続できないことです。
SE-AT経緯台の接続部分はRJ12モジュラージャックです。そのため,SE赤道儀やEQPro赤道儀の接続部分(RJ45 DSUB9ピン)のため,ケーブルは使えないというわけです。
私はたまたまSkyWatcher GOTO DOB10を持っていて,これに付属のコントローラのケーブルRJ45<-->RJ12のケーブルを使うことによってKenko SE-AT経緯台を自動導入経緯台として使えるようになったというわけです。これは予想ですが,KenkoのSE-GT(GOTOということのようです)自動導入経緯台やSkyWatcherのGOTO DOBなどもともとSyntaが作っている自動導入経緯台のケーブルはこのRJ45<-->RJ12のケーブルではないかと思うのです。
そこで,KenkoのSE赤道儀やEQ6Pro赤道儀を持っている人が,手持ちのSynScanコントローラを使ってSE-AT経緯台を自動導入経緯台にしたいと思いませんか?ジャンクで15K円程度で入手できるSE-AT100Nが自動導入経緯台として使えたらこれほどラッキーなことはありません。
そこで,今回はこのRJ12<-->RJ45ケーブル作成の情報をアップしようと思います。それと併せて実は前から気になっていた,SE-AT経緯台をSynScanコントローラなしにPCからコントロールできるという情報についてです。情報元はこちら・・・

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000403719/SortID=18481981/

これによると,どうやらそのためのケーブルを用意して,ASCOM上で,経緯台のドライバーをインストールするとASCOM対応の自動導入プラネタリウムソフトでSE-AT経緯台がPCからコントロールできると言うことのようです。これは確かめないわけにはいきません。

また,以前よりKenkoのSE赤道儀やEQ6Proを使う場合に,EQ-DIRECTというPCと赤道儀を直接繋いでコントロールするケーブルに興味をもっていました。ネット上には多くの自作記事がアップされていますし,ヤフオクでも時々売られています。私も以前から作ってみようと思いながらそのままになってました。というのも折角ならSE赤道儀とEQ6Pro赤道儀両方に使いたいじゃないですか。この2機種は赤道儀本体に接続するポートがRJ45とDSUB9ピンと違っています。そして今回のSE-AT経緯台のRJ12とそれぞれ違っています。それぞれ3機種で使えるようにするにはどうしたらいいかと考えたわけです。(すみません,ちょっと話しが跳びましたが,ネット情報をいろいろ読んで考えたのですが,どうやらSE-AT経緯台をPCから直接コントロールできるケーブルもGND,RXD,TXDの信号から考えて,このEQ-Directケーブルと同じだと思ったのです。実際に確かめたところ正解でした。)

そこで長々と書きました,今回確かめながら作成する物がいくつかあります。
1 SE-AT経緯台とSynScanコントローラを繋ぐRJ45<-->RJ12のケーブル作成。

2 EQ-Directケーブル作成(KenkoのSE赤道儀用 USB-->RJ45)

3 EQ-Directケーブルに繋ぐEQ6Pro変換用ケーブル(RJ45-->DSUB9ピン)

4 EQ-Directケーブルに繋ぐSE-AT経緯台用変換ケーブル(RJ45-->RJ12 6極4芯)

これを作成後,テストしたところSE赤道儀,EQ6Pro赤道儀,SE-AT経緯台すべてがケーブル接続のみでPCからコントロールできるようになりました。
そのケーブルの写真のみアップして,そのピンアサインなどはまた後で書きます。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



2018/7/18  5:44

投稿者:彰ちゃん

ハリーホリーさんどうもです。

いろいろ楽しまれているようですね。
私もいろいろいじって撮影環境や観望環境を整えるのを楽しんでいます。
ジャンク大好き人間ですので今後ともよろしくお願いします。

2018/7/17  21:56

投稿者:ハリーホリー

コメントありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。
私、安定した接続までをバトル云々言ったわりに、あっさりサレンダーと情けない次第です。
話は変わりまして、昨日のプライムセールでボルタUA80Mfを単体で20%オフを期待していたんですが、月観測用のだったのでパスしました。その代わりと言っては何ですが双眼鏡用のビノホルダーを初ゲットしました。昨年ジャンクで購入したKENKOのアートスにつけて双眼鏡での観望でも楽しみ?ながらSE-AT100Nの課題を整理していこうかなと思っております。

2018/7/17  6:32

投稿者:彰ちゃん

ハリーホリーさんどうもです

最近SE-AT100NからAZ-GTiを中心にいじってますので、SE-AT100N関係は忘れてしまった点が多々あります。

poth HUB自体で恒星時運転させられたはずです。どこかチェックさせられたはずです。ただし、バグがあるようで調子よく自動導入できていると思うと、導入が完全に終わってないうちに次の操作をするとハングするような状態があったように思います。
そのうちまたいろいろ確かめてみます。

2018/7/16  21:35

投稿者:ハリーホリー

コメントありがとうございます。
現状では、SE-AT100Nに関しては、コントローラを介して(恒星時の〜をONにして)ステラナビゲータ10に接続し自動導入できます。なんと選ぶ望遠鏡種がKENKO SE2だったりします。またちゃっかり先週末にはアップグレードに成功し日本語表示にもなっていることですし、これだけでも十分すぎる成果でした。本家のSE2は上記と同様の方法はもちろんのこと、EQダイレクトケーブルを使用し「恒星時の〜」の警告を回避するためにPOTHを起動し、AZ GOTO por Armazem~のドライバで接続後、ステラ10起動でPOTH hubを選んでやればコントローラを使用せず自動導入という目的を果たせます。前置きが長くなりましたが、SE-AT100Nに話を戻すと、同様の方法が通用しません。すぐに接続が切れてしまいます。物理的なコードの不具合ではないらしいことは明らかですが、WINDOWS7なのがちょっとまずいのかAZ GOTO por Armazem~に何かのバグがあるのかは不明ですが、諦めざる得ない状況です。ちなみに「恒星時の追尾〜」はEQMODではtrack rateというところのイラストをクリックするようになっていますね。SE-AT100Nに関してはASCOMでPOTHを経由せずにAZ GOTO por Armazem~のドライバで接続までは楽楽ですのでもし「恒星時の追尾〜」をONにする方法さえPOTH経由意外にあればよいのですが、私の能力では探し出すことができません。何より不思議なのは、「SE-AT100Nで自動導入できましたよ」という多くの声の主が例外なくもっとも高いハードルとしているのがEQダイレクトケーブルの製作に関することで、言い換えると物理的な接続さえしてしまえば、私のように悪戦苦闘することなく自動導入出来ているように思えます。彼らがお使いになっているはEQMOD ASCOM HEQ5/6というものなのでしょうか。EQMOD ASCOM simulatorではないですよね。シュミレータは可動する確認だけで、望遠鏡は動きません?!。ですのでもっとEQMODを勉強してみる必要がありそうです。安定した接続を確保した後でないとWiFi接続のアドバンテージも生きてきませんね。とほほ。長文になってしまいました。明日からまたお仕事ですので無理なされず、頭の隅っこにちょっと置いていただいてそのうち、アドバイスいただけることがあれば幸いです。

2018/7/15  23:13

投稿者:彰ちゃん

ハリーホリーさんこんばんは

ケーブルレスで使えるととても便利です。スマホで操作できるなんて昔では考えられません。本当に便利な時代になったものです。
観望会で天気が悪い時、「望遠鏡をスマホで操作できるんですよ。」と言って子どもたちに操作させるとそれだけでも喜んでもらえますよ。

2018/7/15  16:11

投稿者:ハリーホリー

もちろん欲しいです。いえ、買います。
今のバトルオブSE-ATが収束しシーズファイア〜したら買います。
その節はせひスレッドを参考にさせていただきます。

2018/7/14  17:26

投稿者:彰ちゃん

ハリーホリーさんどうもです。

かなり手こずってらっしゃるようですね。私もかなり苦労した点ですが,同じようなメッセージは見ておりませんので,ちょっと分からないです。
SE-AT経緯台用のドライバも,実はバグが結構ありそうな気がして使ってました。まあ,個人の方が作られた物ですのでありがたく使わせてもらっています。
それと,最近はSE-AT経緯台使わずAZ-GTi経緯台を使って遊んでいるのですが,SE-AT経緯台にSkyWatcherのWifiアダプタをつけると,ケーブルで繋いだ以上に便利に遊べますよ。お値段も安いのでお勧めです。

2018/7/14  16:47

投稿者:ハリーホリー

かなり進展致しました。まずステラナビ10のHPのサポートのところにPOTHの使い方が出ておりまして接続の方法を確認しました。しかし同じ症状が・・もう諦めようと思っていたらProperties...をさらに開くと口径と面積、焦点距離を入力するところがあって、正しく?入力して以降、あれだけあった警告がなくなり、スムーズに接続できました。そのあと、ステラナビゲーターを立ち上げて万事うまく行ったと思いきや、同期をしようとすると「望遠鏡との通信が途絶しました。切断します。(2)ケーブルや電源を確認の上、再度接続を行ってください。」となり、それ以上進展しません。あと一歩がんばりたいです。

2018/7/14  15:01

投稿者:ハリーホリー

さらなるご返事ありがとうございます。
実のところ申しまして、今回ケーブル作成前の時点で、おおむね彰さんのブログの関連する項目は精読させていただいて、先にソフト関係なでをインストールした後に、作成に入りました。そこの肝の部分も何度も何度も読み直しているのですが、う^ん、このPOTH Scope Dome Hubの設定後にいろいろポップアップの表示が出て、切断されてしまうのでした。PCを再起動させて再トライして、問題点を整理致します。

2018/7/14  14:55

投稿者:ハリーホリー

たった今、さらにコメントさせた頂いた後に気がつきました。なんとご返信が!!。
折角のお休みでご多忙の折、駄文を全部読んでいただき誠にありがとうございます。彰さんのブログの情報は完璧に近く感謝の言葉しかないです。
それで・・つい先ほどの投稿はさらに支離滅裂になっているかと存じますが、どうやっても経緯台を動かせないのです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ