彰ちゃん一家  ジルクルーズ

この彰ちゃん(しょうちゃん)ブログに訪れていただいてありがとうございます。
このブログには私こと彰ちゃんのつぶやきを載せています。今年はどんなことをつぶやくことになるのかなぁ。クリックすると元のサイズで表示します
6

2018/5/21

遠征で電視観望してきました  天文関係

 昨日は日曜日でしたが仕事でした。その後ご苦労さん会もあったのですがパスしました。
 この日童夢天文同好会は遠征日でした。先週の土曜日の予定だったのですが、一週間遅れで天気のよい昨日が急遽遠征になり、いつもお世話になっているMさんから案内のメールが来てました。これはいくしかありません。場所は早坂高原で自宅から1時間程度です。
 せっかく早坂に遠征ですので、25cmのドブソニアンを持っていって電視観望しようかと思ったのですが、仕事疲れでその気力はありません。しかも翌日は代休日ながら仕事関係で下見に出かける予定があったので、ここはお気楽電視観望に決めました。架台はKenkoのSE-AT100nに先日購入したSkyWatcherwifiアダプタ経由でスマホアプリを使い自動導入して楽しもうと思います。電視観望はSIGMAの70-200F2.8レンズを使います。カメラはZWO社ASI385MCです。このレンズで電視観望をして、条件がよければどの程度まで見えるものなのかを確かめたいと思いました。
 集合場所の早坂高原ビジターセンターに着くと誰もいません。Tさんに直電するとすでに撮影場所に移動しているとのこと、車で数分だとのことです。
 明日が平日だというのに、Tさん、Sさん、Kさんが機器のセッティング中でした。私の他にもこのあと、Suさん、Mさんも来たので、総勢6名での遠征です。皆さんはどうやら最初木星を撮影後、星雲星団撮影と欲張りな撮影計画のようです(笑)

 クリックすると元のサイズで表示します
 私も早速準備に取り掛かりました。・・・寒い。5月になったとはいえ、ここは山です。ちょっと考えが甘く、防寒具がちょっと物足りない。重ね着しましたが、下半身が寒いです。
 SE-AT経緯台をアライメントすると、結構な精度で自動導入ができました。スマホ(機種変前のアンドロイド機をお星様関係用として使ってます)のアプリで無線で自動導入。快適すぎです。
 月でピント合わせをしながら暗くなるのを待ち、M81,M82,M51,M92,M57,M27,M13,M8,M20などをどんどん導入してみました。やはり自宅で電視観望しているときとは条件が違い、暗い星雲もかなりはっきりわかります。こんなに簡単に見えていいのでしょうか。やはり暗い空の条件は電視観望にも有効です。200mmの望遠レンズでM13を電視観望して球状星団らしく周辺部の星が分離して見えるのはちょっと驚きです。
 最近SharpCapを使っていなかったので、V3.1の使い方をまた忘れてしまっています。カミナリマークを押しても思ったようにうまく星雲をあぶりだせません。いやぁ、忘れっぽくなってますね。
 疲れきっていたのと、寒いのと、翌日の仕事がらみのキャンプ場下見があるので、23時頃に皆さんに声をかけて撤収しました。みなさんおそらく朝まで楽しんだでしょうね。私もポタ赤もっていって写真撮影もしたかったなぁ。でも十分楽しめました。みなさんまた遠征行きましょう。また声をかけてください。
クリックすると元のサイズで表示します
 M13を導入し、電視観望しているところです。
クリックすると元のサイズで表示します
こっちがgain確か350程度で2秒露出の画像をfits形式でキャプチャ。jpegに変換しただけのものです。
0

2018/5/15

SkyWatcher wifiアダプタでSE-AT100N  天文関係

 昨日仕事を終えて帰ると,結構透明度がよくて晴れています。これはちょっとだけ星を見ようかと思いました。先日届いたSkyWatcherのwifiアダプタを使って,ジャンクなSE-AT100Nを自動導入経緯台として試してみることにします。
 まずは架台を水平にセット。架台についているレベラーで合わせます。次に架台の電源をオン。スマホのSkyWatcher SynScanアプリを起動します。(Proは赤道儀版)wifiでwifiアダプタに接続。このアダプタはアクセスポイントのモードを持っているので,自宅外でもルーターなどを通さずに直接接続できるところがよく考えられてます。あっさりと接続。
 アライメントを行います。ハンドコントローラーと同じようにブライトスターアライメントがあるのでこれを選択しました。ハンドコントローラーと違っているところがありました。最初に2つの星を同時に選択します。その後1つめの星でアライメント。このとき,スマホの矢印キーでは経緯台が動きませんでした。(操作方法が悪いのかも?)経緯台本体の矢印ボタンで昨日は1つめのアライメント星,木星を入れました。1つめの星でアライメントが終わると,2つめの星を指定すると勝手に星の方へ動いていきます。ここで普通と同じように中心に星を修正してアライメント終了。
 試しにいろいろな星やメシェ天体など入れてみましたが,SE-AT100N反射鏡筒の焦点距離が450mmなのでPL25mmのアイピースで倍率20倍弱。実視野が広いので,自動導入で視野内にどんどん導入できます。M51,M57,M91,M81,M82,M13などどんどん導入してみましたが,視野内に入ってきました。
 10cm反射鏡筒はプラスチックなのか本当に軽く,斜鏡の光軸調整しかついていないのと,光軸も買ったままで合わせていないのですが,思った以上によく見えます。
 Kenkoアウトレットショップで12K円弱で買った物なのですが,傷一つ無く新品状態。これに上記SkyWatcherのwifiアダプタで送料を入れて6K円強で自動導入経緯台です。充電式の乾電池を入れ,操作はスマホで無線を使う。ケーブルレスで本体の重量も軽くてすぐ持ち出せる。大型の機器より本当に手軽に持ち出せるので稼働率は高くなりそうです。
 この望遠鏡はもっと人気が出て良さそうな気がします。なんだかジャンクで出ている自動導入経緯台をもう1台くらい買おうかという気持ちになってきました。
0

2018/5/13

Sky Watcher SynScan Wifiアダプタ  天文関係

 先日Sky Watcherから新しい赤道儀が発売される記事を見ました。この赤道儀にはそれほど興味はなかったのですが、それと同時に発売されるSky Watcher Syn Scan Wifiアダプタが目に留まりました。この製品はSky Watcher社のウエブページで知っていましたが、日本国内でも発売されることになったということのようです。
 このWifiアダプタがあるとSynScanコントローラのかわりにポートに接続することにより、Androidのスマホやタブレットから赤道儀や経緯台をコントロールし、自動導入ができるようになります。
 実は以前よりヤフオクでEQDIRECTケーブルの代わりにブルーツゥースで操作できるアダプタが販売されており買おうかと思っていたのですが、お値段13K円で迷ってました。
 ところが今回のwifiアダプタは6K円弱です。本家SkyWatcherのサイトで情報を探ってみるとAndroidスマホアプリで無線で自動導入できるようになるだけではなく、Windowsアプリも存在しており、そのためのASCOMドライバも提供されていました。ということは、スマホでもWindowsのアプリケーションでも使えることになります。ということで発売日5月11日の前日に速攻でポチッ
として本日到着しました。
 来てすぐアンドロイドスマホにアプリをインストールし、試しにKenko SE-AT100N経緯台に接続。あっさりと接続が成功し、自動導入ができました。これすごいです。すごすぎます。Kenkoのアウトレットショップでジャンクで購入したのですが、それに6K円ほどの出資で自動導入経緯台として使えることになります。
 アンドロイドスマホで無線で自動導入できるようになったので、これはWindowsのアプリケーション上でも使いたいに決まっています。ネット上を徘徊してももちろん日本ではそのような情報は見つけられません。同じようにWindows上のASCOMでこのWifiアダプタを使いたいとアメリカの掲示板での情報を見つけ、大体のヒントがわかったのでさっとく試してみました。
 何とかうまくいきました。ASCOM Driver for SynScan AppのインストールとSynScan Appのインストール。Windows上のソフトで使いたければSynScan Appを起動しておいて、wifiアダプタ経由でマウントに接続、その後使いたいWindowsソフトを起動します。そして、マウントの接続でASCOMを選び、その中のSynScan Mobile Telescopeを選択すれば無事自動導入できることになります。
 実際に電視観望+眼視観望などする場合には、これまではノートPC一台で導入と電視観望をしていたのですが、ノートPCを電視観望専用にして、導入は無線で手元のスマホを使ってというのがいいように思えてきました。それにしても天文界もいい時代になったものです。無線で自動導入ができるというのはケーブルもなくすっきりしていいです。値段も安いのでみなさんもどうぞ。
 クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/5/6

子どもの日ナイトミュージアム  天文関係

 昨日子どもの日、盛岡市こども科学館では、毎月恒例のナイトミュージアムでした。さすが子どもの日だけあって、来場者数がこれまでで最高だったようです。夜の部、いつもだとプラネタリウムで「今夜の見所」ということで、今夜の観望会の見所が無料で紹介されるのですが、今回は子どもの日なので、夜間も有料のプラネタリウム番組が2回行われたようです。それぞれが160名、120名とのことだったので、来場者は300名程度だったでしょう。
 ただし、残念なことに昨夜は夕方から低い雲が広がり,時々雲の切れ目があるのですが、ほとんど星を見せられるような状態ではありませんでした。せっかく見に来てくれた多くの方々にほとんど何も見せることができず、私もがっかりです。この観望会のために一日繰り上げて新潟から帰ってきたのに・・・
9時近くになり少しだけ雲が切れて、なんとか木星を見せることができたのですが、シーイングが最悪で、木星本体の縞模様はほぼ見えないような状態でした。ですから木星の周りのガリレオ衛星を見てもらったり、いろいろ星の話をしたりしてお茶を濁したようなものです。
 今回も私は25cmの自動導入ドブソニアンでの眼視観望+ASI385MCによる電視観望ができるように準備したのですが、曇っている間は、遠方に見えている鉄塔を見てもらい「目ではほとんど見えませんが、望遠鏡やこのカメラで見えているPC画面では見えていますね?」などということしかできませんでした。
 唯一よかったのは、電視観望のためのPC台の場所が改良前よりよくなったことを確かめられたことと、電視観望に使っている東芝のノートPCと25cmGOTO DOBの電源をPC対応モバイルバッテリーから供給したところ、4時間程度の使用では残量にまだ余裕があることを確かめることができたくらいです。前回の星祭りの時は、ノートPCのバッテリー残量が半分以下の状態から使ったため3時間程度の使用でバッテリーの残量が残り少なくなりましたが、使用前にノートPCの充電をしっかりしておけば1回の観望会での使用には心配がなさそうです。
 今回の観望会も残念な感じでしたが、来週土曜日は童夢天文同好会の遠征観撮会なので、真っ暗な空の元、電視観望にトライしてみたいと思います。ああ、楽しみです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/5/1

今年の連休は  家族の記事

今年のゴールデンウィーク前半は,終わりました。中日の29日には盛天の総会がありましたが,今年は組合関係の大会と重なってしまい出席できませんでした。あとはいつもの休み程度で散歩したり買い物したりであっという間に三連休が終わってしまいました。まあ,3連休前の仕事疲れで疲れをとっていた三日間といった方がよかったかもしれません。
今日明日とまた仕事が忙しいですが,何とかやっつけたら3日から家族三人で新潟方面に出かけてきます。娘の旦那さんの家にご挨拶です。昨年伺おうと思っていたのですが,先方の都合がつかず今年に延びてしまいました。娘と婿さん,孫も合流する予定でとても楽しみにしています。
ただここに来て心配事が・・・。孫が風邪をひいたとのメールが奥さんにありました。体調が戻らなければ娘家族は来ないかもしれません。孫と会えるのを楽しみにしていたので,何とか復活して欲しいものです。
ということで,ゴールデンウィーク後半は新潟方面に出かける予定です。初日は夕方に新潟の温泉宿でみなさんと合流。その翌日に家を訪問予定です。その後お昼ご飯は「タレカツ」をみなさんで食べに行く予定。折角なのでその晩は新潟方面の道の駅にP泊して5日にでも帰ってこようかと思います。
3日,4日は天候が悪いようなのでちょっと心配です。ゴールデンウィーク中なので,高速も結構な混雑だと思います。途中で事故の渋滞などがないように祈るばかりです。5日は盛岡市子ども科学館のナイトミュージアムなのですが,ちょっと参加できないと思います。これを見ている盛天会員の皆様よろしくです。
0

2018/4/23

SkyWatcher GOTO DOB10 電視観望台改良  天文関係

 21日のもりおか星祭りにSkyWatcherGOTO DOB10を持って行って,眼視観望と電視観望の両方を見てもらおうと準備していったわけですが,少し気になった部分があったので翌日改良しました。
 ノートパソコンを置く台をDOBの架台横にそのままの位置につけたのですが,この場所だと見る天体の高度が高くなるとノートパソコンと望遠鏡の接眼部分があまりにも近くなりすぎて邪魔だということに気がつきました。そこでノートパソコンを載せる板の部分を右側(反射望遠鏡の主鏡側)にずらすことにしました。ちょっとバランスが悪くなりますが,鏡筒を天頂付近などに向けても邪魔にならなくなりました。
0

2018/4/22

第11回もりおか星祭で  天文関係

 昨日は第11回もりおか星祭でした。私はこの日仕事だったのですが1時間早めに仕事を切り上げ会場に向かいました。
 4月の子ども科学館ナイトミュージアムが天候不順で中止だったため、今回が25cm自動導入ドブによる眼視観望+200mmカメラレンズによる電視観望のテストです。日が暮れ時間がたつにつれて春霞がかかってきました。そのため、本当に明るい星しか見えません。できれば星雲や星団などを見てもらいたかったのですが、これでは厳しいようです。西に低くなったM45すばるを導入しましたが、望遠鏡の眼視観望では倍率が高すぎてペケ、電視観望でも星の並びが見えるだけでもちろんガス雲などあぶりだせません。今回は月だけ眼視観望と電視観望を楽しんでもらうことにしました。
 この日はおそらくこれまでのもりおか星祭で最高の来場数ではないかと思いますが、200名程度の方々が来場しました。望遠鏡の近くに来た方に声をかけ、まずは電視観望のPC画面で見えているクレーターや海の話をします。昨日だと、カタリナ、キリルス、テオフィルスクレーターの話をしてから、実際に望遠鏡でクレーターを見てもらいます。「キリルスやテオフィルスクレーターの中にも山のような部分が見えてますよね。」などと話をしても、事前にクレーターの名前を画面で説明していますので、こちらが見てもらいたいポイントがそのまま伝わる感じがしました。
 これまでだと、「画面の下のほうに綺麗な入り江が見えていますよね?虹の入り江といいます。」と話しても{どこですか?」というようなことが多くありました。やはり眼視観望+電視観望は観望会などで有効なツールであると感じました。
 それにしても、多くの方々に来てもらい星を見てもらうことができ、私自身十分楽しめました。仕事で疲れきった体ですが、私にとっては心機一転エネルギー充填ができました。次回観望会等でまた眼視観望+電視観望を試してみたいです。クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/4/9

電視観望+眼視観望を  天文関係

 前回のブログに書いたとおり、観望会などで同時に電視観望+眼視観望ができるよう、この土日を使って少し工作をしてみました。
 最も悩んだところが、SkyWatcher GOTO DOB10にどうやって望遠レンズ等を同架するかでした。初めは伸縮部分のあたりにL型アングルなどを使いやってみようといろいろテストしてみたのですが、接続部分が弱く使い物になりそうにありません。最後の手はと思っていた、鏡筒部分に穴を開けて手持ちのアリ型を直接つけることにしました。それにビクセンのアリ溝アタッチメントを逆付けし、そこにガイドマウントをつけることにしました。ドブと望遠レンズを同一方向に向けるためにはぜひつけたかったので。クリックすると元のサイズで表示します
 この方法だと結構頑丈に取り付けられました。
 せっかくなので、最初のアライメント時に使った後は光学ファインダーは外し、電子ファインダーもつけられるように。クリックすると元のサイズで表示します
 あとは電視観望できるようにノートPCを載せる台をつけます。テーブルを用意してその上で見てもらってもいいのですが、眼視観望の割と近くにそのままPC画面があれば両方を比較してみてもらえるかと。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
現物合わせの木工作で、見た目が悪いので後で塗装することにします。GOTO DOBの架台部分に設置したので望遠鏡の鏡筒がどの方向を向いてもPC画面はいつでも同じです。もちろん望遠鏡と一緒に回転しますので、画面を見たい人は動いて見る事になります。

土曜日の子ども科学館の観望会は天候不良のため中止となりましたが、次回観望会に実践投入して楽しんでもらおうかと思います。
0

2018/4/5

次にやってみたいこと  天文関係

ここ最近は,電視観望のためにセレストロンのNexStar経緯台やKenko SE-AT経緯台を使って自動導入する方法を確認してきました。
Kenko SE-AT経緯台は,SkyWatcher GOTO DOB用コントローラで自動導入できることを確認。
SynScanコントローラにシリアルケーブルを繋いで,ASCOM上でSkyWatcher,AltAZを選択すれば自動導入できることを確認。
SynScanコントローラを繋がなくてもEQ DIRECTケーブルを接続し,ASCOM上でドライバを組み込むことにより(少しコツがいりますが)自動導入できることが分かりました。


NexStar経緯台ではコントローラにシリアルケーブルを繋いで,PCからコントロールできます。EQ DIRECTのようなコントローラを繋がず直接ケーブルを繋いでPCからコントロールする方法を探したところ,その情報を見つけることはできましたが,どうやらかなり難しい点がいろいろありそうなので,こちらはそれ以上調べるのはやめにしました。

そこで,次にやってみたいこと・・・
観望会を行う際に,電視観望で星雲星団などを見てもらおうと思っているのですが,PC画面で見てもらうのと同時に望遠鏡で眼視観望もしてもらえたら,これまた面白いのではないかと思うのです。
確かに電視観望は,肉眼ではなかなか見えない淡い星雲までも見せてくれて,観望会では有効だと思いますが,望遠鏡を直接覗いての眼視観望の楽しさも同時に味わってもらいたい気がするのです。個人的に天体写真を撮影してきれいな写真を見るのも好きなのですが,宇宙から届く光を自分の網膜で感じ取ることのできる眼視観望も大好きです。
それなら二つを組み合わせたら2倍楽しんでもらえるのではと思います。


そこで,私の手持ちの環境では SkyWatcher GOTO DOB10に親子亀方式で70-200mm望遠レンズ+ASI385MCを載せ,25cmドブソニアンで眼視観望してもらい,同時にその横で電視観望によるPC画面で見てもらうという方法です。普通通りにGOTO DOBで自動導入して眼視観望ができ,同時に同じ対象を電視観望してもらうという一石二鳥方式です。さっそく試してみたくて,現在望遠レンズを同架できるような方法を考えているところです。今週末の観望会には間に合わないかもしれませんが,考えただけでワクワクします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ