2017/1/29 | 投稿者: のんた


シャンプーすると髪がギシギシになる・・・。


もしかして、ノンシリコンシャンプーを使っていませんか?






ノンシリコンシャンプーは最近注目されているようですが、そもそもシリコンがなぜシャンプーから排除されることが良いこととされているのが、よくわかりません。



シリコンは、安全性が認められている成分ですし、シャンプー時に指通りを良くする”潤滑油”のような役目をしてくれます。





洗浄成分だけだと、シャンプー後に髪はギシギシときしむのは当たり前で、それを防ぐために各シャンプーメーカーは工夫しているようですが、やはりシリコンのなめらかさにはかないません。



シリコンは小さなミクロの粒で、それが毛穴に入り込んで毛穴をつまらせると思われているようですが、毛穴に入り込むくらいですから、またシャンプーすれば毛穴から簡単に出ていきます。


それよりも、シャンプー後に髪がギシギシになるほうが、よほどデメリットが大きいのでは?



撥水性もあるため、水をよく弾きます。


タオルドライ時も、効率良く髪の毛の水分を取り去ることができます。



ノンシリコンである事のメリットよりも、デメリットのほうが大きいので、それならばシリコンを配合したほうが使い心地もよく、髪も乾きやすく、なによりシャンプー時の指通りがなめらかですから毎日使うのには最適ではないでしょうか。



シャンプーすると髪がギシギシする人は、特に気にせずシリコン入りのシャンプーを使っても問題ありません。



それでも、どうしてもシリコンは嫌だ!という人は、潤滑油としてのシリコンの代わりになる「馬油」を使ったシャンプーがあります。



「馬油」は、人の皮脂と同様の役割をしてくれ、またシャンプー時の指通りも良くなります。




「馬油」の最大のメリットは、やはり頭皮の乾燥を防いで頭皮を健康に保ち、さらに髪の毛もコーティングされることでツヤツヤになる事でしょうか。






馬油入りのシャンプーの良いところは、洗浄剤で洗い流してしまった”頭皮や髪の毛に必要な皮脂”を、馬油成分で補ってくれることです。






ノンシリコンにこだわるけれど、シャンプーすると髪がギシギシになるのが気になる方は、馬油シャンプーに変えてみると全て解決すると思います。





が、あまりシリコン云々にこだわらない事と、洗浄力が強すぎるシャンプーを避け、天然成分だけで作られたものを選ぶ、というのもいいですね。






要は、必要な脂分である皮脂を全て洗い流してしまうほど洗浄力が強すぎるシャンプーは、できるだけ使わない事が大切です。




シャンプーだけでツヤツヤ サラサラの髪にする、忙しい人向きのヘアケア










0

2016/11/6 | 投稿者: ぷーさん

まつ毛の育毛剤として、「リバイブラッシュ」という製品があることをご存知でしょうか?

マツエクの持ちが悪い、マツエクはクレンジングを繰り返すとすぐに取れてしまう、そんな悩みを抱えている人の多くが、まつ毛育毛剤として「リバイブラッシュ」を選ぶ理由は、やはりリバイブラッシュの効果の高さや、口コミの良さかもしれません。


マツエクよりも自分のまつ毛をフサフサにしたいから ➯ リバイブラッシュ



■どのくらいの期間で効果が出る?

これは個人差があるのでなんとも言えませんが、私の場合には約3週間くらいです。

「あれ?まつ毛濃くなったし、伸びた?」

と感じました。


家ではコンタクトレンズを外してメガネを使用しているのですが、そのメガネにまつ毛が当たるようになったため違和感を感じたのが最初です。

それ以前に少しずつ濃く、伸びていた可能性は十分にありますが、気づいた時が、メガネにまつ毛が当たった感覚ということなんです。


使う前は、マツエクの持ちが悪いうえに(1週間もすれば半分くらいなくなってる)、毎回お金(1回3200円)がかかるので、なんとか自毛が生えないか悩んでいましたから。

ただ、使用前の状態を確実に記憶していないので、変化の具合まではわからないのが残念。


現在の状態を見て、おそらく他人は”マツエク、続けてるんだな”と思っているはず。

それくらい、まつ毛が太く濃く、なにより伸びたのが実感できます。



■リバイブラッシュはなぜ効果が高い?

それは、キャピキシルという新成分を配合しているからでしょう。

キャピキシルという成分は、カナダの化粧品メーカーが開発した”育毛成分”です。


実は日本でも唯一、育毛効果のある成分として認められているものに、ミノキシジルという成分があるんです。

このミノキシジル、たしかに髪の毛がどんどん生えてくることで、薄毛の男性には”神”のように崇められている成分でして、実際に「リアップ」という商品にも配合されているくらいです。


ただし、ミノキシジルには深刻な副作用があります。

それは、頭皮がかゆくなったり、心臓に負担をかけたりすること。
さらに、ホルモンバランスにも影響するため、あくまでも男性型脱毛症にのみ使用可能、なんです。


そして決定的に女性が使えない理由として、全身の毛が濃くなる”多毛症”という副作用が挙げられます。

ムダ毛を全身全霊で嫌っている女性にとって、多毛症は絶対に許せない現象ですよね?


そんな理由もあり、もしも女性が使うのであれば、男性の1/5程度のミノキシジルしか使用が許されていません。

これじゃあ、効果なんてほとんど期待できませんよね?
というか、副作用のほうが怖いでしょ?


■キャピキシルって何?

キャピキシルは、天然成分ではありませんが、植物由来の成分をかけ合わせて作られた、安全・安心の成分なんですよ。

しかも、発毛効果はミノキシジルの約3倍!もあります。


副作用は一切確認されておらず、女性でも安心して使用することができますし、そもそも塗った場所にしか効かないため、ミノキシジルのように血管から全身へ回って悪さをすることはありません。


女性だけでなく、もちろん男性も副作用無しに発毛効果が期待できますし、なんと子供でも使えるという安心成分、しかも発毛効果が抜群なんですから、使わないほうが損でしょ?
(子供が使うシチュエーションは無いと思いますが)

キャピキシルを主成分とするリバイブラッシュに、副作用がなく安全なのはこのためです。



■危険な成分も入ってない

多くのまつげ美容液、まつげ育毛剤には、ビマトプロストとう成分が配合されています。

これは、緑内障の薬なのですが、万が一正常な目に入ると色素沈着を起こす危険があります。

だからまつ毛美容液やまつ毛育毛剤の多くには、注意書きに”絶対に目に入らないように”と書いてあります。


リバイブラッシュには、ビマトプロストが使われていませんから、万が一目に入っても副作用の心配はありません。
もちろん、あえて目に入れないよう注意する必要はありますが。


■リバイブラッシュの使用感は?

リバイブラッシュは、あるていどの粘度があるので、付けた時に垂れてしまったりという事がほとんどないですね。

ブラシ付きのキャップを外せば、そのまま塗ることができます。

付けすぎると目の周囲がバシバシして瞬きしにくくなりますから、それよりもちょっとずつでもいいので毎日続けることが大切だと個人的には思いますよ。



■ デメリットは?

なんといっても、値段が高いということでしょう。

約6000円もします(高っ!)

もうちょっと安くなれば、気軽に試せるんですけどねえ・・・。


ただ、2ヶ月分で6000円なので、そう考えればさほど高い・・・とは言えないかも?

マツエクの持ちを考えれば、2ヶ月6000円なら逆にコスパは良いような気もしますし。



しかも、定期コースにすれば5000円に価格が安くなりますし、最初の2ヶ月間は「全額返金保証」が付いているので、

「高いけど試してみたい・・・でも効果がなかったら損だしなあ」



と思ってる人は、ぜひ”お試し感覚”で試してみてはいかがですか?

ダメだと思ったら、お金返ってきますから損はないと思いますよ。


マツエクよりも自分のまつ毛をフサフサにしたいから ➯ リバイブラッシュ




0




AutoPage最新お知らせ