(無題)

2010/9/7 

週末に30分のトレーニング、たったこれだけで、
あなたの体が格闘家のようになるとしたら・・・・

あなたは、この特別なトレーニング方法を知りたくありませんか?

このブログは、身体を動かしたいけど、
時間がないと諦めている、
或いは強迫観念で無理やり毎日ジムに通っているが疲れる、
などで悩んでいるあなたのためのブログです。

“週に1日30分以内の効率的なトレーニング”を行うだけで、
体脂肪率を下げて、かっこいい筋肉をつけることが
可能になる秘密を全て公開しています。


詳細はこちら
0

(無題)

2010/9/7 
あなたは、気づかないうちに、誤解をしています。
もしそう思うならが、これから先もよみ進めてください。

※ 体脂肪を減らすためにひたすら有酸素運動を疲れるまでやらないといけない
※ かっこいい身体になるためには重いバーベルやマシンで毎日、
   トレーニングしないといけない
※ 格闘家のような身体になるにはとにかく時間をかけないと駄目
※ 街の本屋さんで手に入るスロートレーニングの本のやり方が
   正しいスロートレーニングだ

もしそう思っているなら、あなたは大変な誤解をしていることになります。


その証拠に実際に実践者の声をおききください


今まで常識と思われていたことは
大間違い!
あなたも一度は聞いたことがあると思います。

「体脂肪率を下げるには有酸素運動をやってください、、、
「筋トレをやると筋肉を引き締めて、スタイルを良くするために軽くやってください」と・・・
フィットネスクラブとかで、特に女性に対しては、
こんな言い方をしますね・・
でも、考えてみてください。
「引き締まる?」「筋肉が?」
意味、わからないですね。
事実を簡単にいうと。
筋トレを適切にやると女性でも「筋肉繊維は太くなります」
そう、筋トレを適切にやると女性でも「筋肉繊維は太くなります」
「そして、同時に体脂肪率も下がります。」
「有酸素運動に時間をかけるよりも真剣に筋トレをやったほうが効率が良いのです。」
これが真実ですね。

では実際に筋肉をつけるにはどうしたらいいのか?

筋肉を発達させるためには、
「週に6回、1日2時間、重いウェイトでトレーニングしないといけない。」

こんなこと忙しい生活のなかで、あなたはできますか?

きっとこう思うんじゃないですか?

時間がない・・・・・

自分には無理・・・・

今までも続かなかった・・・・

そうなんです。

これが普通に生きてれば当たり前なんです。

1年以上も経って、達成できない目標を持ち続けるのは心に負担をかけるのです。

ではどうしらいいの?

答えはこちら
0

(無題)

2010/9/7 
選択してください?

@1週間に1回30分のトレーニング
A7分間のトレーニングを毎日行う

このどちらかの方法ならあなたもできるでしょう。


これまでの筋トレは、先天的に回復力に恵まれた、
ごく限られた「タフな人」しかできないものだった。
山田式「スロートレーニング」では、
「回復を重視すること」を行うため、
継続的に進歩が可能になってくる!

まず最初に“週に1回”誰にでもできる
「フォームを覚えるための基礎トレーニング」を行う

筋肉がダイレクトに刺激を受けて、
トレーニングの強度が上がっていく

ここで、もし必要なら、回復のための期間を増やしていく

1週間に1回30分のトレーニングよりも、
毎日、7分間のトレーニングのほうが都合の良い方は、
「フローの7分間のトレーニング」を採用する

個人の生活習慣により、自由自在にアレンジできる
どんどん、効果があがってくる


たったこれだけです。
これだけのことを実践していただくだけで、
体力は実感できるほどに上がっていくのです。

気がつけば、Tシャツ姿やタンクトップが似合う
「かっこいい身体」を獲得してしまっているのです

詳細はこちら
0

本物のスロートレーニング、その効果

2010/9/7 
本物のスロートレーニングを実践することによって

あなたの体力はみるみるうちに向上し、
かっこいい身体になり、
Tシャツがとても似合う体になることでしょう。
念願の腹筋割れも努力次第ではないでしょうか

もう、身体のことで悩む必要はありません。


時間をかけずにかっこいい身体を獲得することで
悩みが一つ消え
余計なことで、神経をすり減らす必要がなくなります。

今すぐあなたの身体を改造してください。

マニュアルはこちら
0

teacup.ブログ START!

2010/9/7 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ