2017/4/14  18:10

sakura  


枝垂桜
椿


ピンクの艶やかな花々に、目も心も癒されながら、どうにか生き延びてます。


クリックすると元のサイズで表示します

まず仕事編。
年度が替わり、新体制が発足。
とにかく人手不足感がひどく、日々疲労困憊。。
どうにか休まず出勤するので精一杯の日々・・・
だったのだけど、ここにきて、次男が先にダウン。

人手不足だと言っておきながら。今日は想定外の早退。
年長になっても、まだまだ発熱してしまうとは。(>_<)。
って気分だけど、まぁ仕方ない。

身も心も、親子で休める必要があるんだよって、思し召しだと思い込むことにして、
病院行って早めの帰宅、こんなにゆとりのある夕方に感謝。


そして家族編。
旦那は今月から異動になり、都内は都内でもやや遠い勤務地に。
もともと送迎なんて完全に戦力外だったけど、
長期休暇だけは、学童も手分けしてもらえてたのに、、、
もう完全にアウト。

朝も私より早いし、帰ってくる気なんてないだろって日々です。
育児は100対0で私担当。

そんなの今に始まったことじゃないし、もはや子供たちも大きくなってきたから、
なにかをあてにするわけでもないですけどね。
家事さえやってくれればオールオーケーですけどね。
けどね。
疲れてるのはわかるけどさー、それは私も同じだっての!ってさらに鬼嫁の日々ww

だから、息子たちはパパになつかないんだろ!ってくらい、子供の相手さえしない。
もーーーーーーーーこのストレスからは、永久に抜け出せないことでしょう。


学年が一つ上がった子供たちは、それぞれ頑張ってます。
まぁ、慣れた環境での進級、そこまで心配なこともなく、
勝手に帰宅したり遊んだりできるようになった長男は、頼もしい限り。


とにかく、疲れ回避のために、料理をひたすら手抜きする日々。

って、これも前からずーっとか??

ロンドンに行ったら、手料理を頑張ることにしますw


あ〜〜〜〜、もう年なのかなって思うほど、日々を乗り切るので精一杯(;・∀・)
早くこいこいゴールデンウイーク〜〜〜〜〜!!!!
0

2017/3/25  8:37

年度末  KOSHI:6歳〜

長男、二年生の一年間も無事に修了。
年間皆勤賞も取れて、本当に丈夫で健康な子に!骨折はしたけど。
学校が大好きで、休まず元気に通えるリズムがついて、本当に安心した一年間でした。
勉強のフォローや声かけはまだまだ必要だけど、長男らしく、責任感あって真面目な子なんだなぁと、年々思うように。
内弁慶で人見知りだった乳幼児期とのギャップが大きくて、なんとも。。
幼稚園入園までの私と過ごしていた日々を思い返すと、まるで別人。
言葉を溜め、うちなる気持ちを溜め、母にべったりで社会性に欠ける感じだったのに、いまや「クラスを明るく元気にしてくれます」って!
どんなだ!(笑)

人格形成の大事な時期(0〜3歳)に、イライラの塊だった私との関わりは、、悪影響だったのでは?と、常々思うのだけど、、
こんなわたしでも無条件に信頼して、頼ってくれて、拠り所にしてくれるのは、申し訳ないというか、ありがたいというか。
小学生になって、学校や学童、友達関係の世界が中心になってきたことで、うまーくお互いに距離を取れるようになったかな、と思います。

来月から三年生って、、
ホントに?!と思わずにはいられない。

二年生最後の生活科で、自分の歴史を振り返るっていう授業があって、赤ちゃん時代の写真や思い出を一緒に話して、つらかった思い出も、可愛かったエピソードも、全部笑って懐かしめるほど、
息子も私も成長できたんだなぁって、嬉しくなりました。
ちなみに息子が書いてきた自分発見の感想は、、
ノーコメントで(^^;
作文がんば!w


なんだかんだと、長男のことは小さい頃から鮮明に覚えているし、いつもそばに寄り添ってきたし、今は私に寄り添って支えてくれる存在。

ガミガミかーちゃんなのに、いっつもままがすき、って素直に言ってくれて、かわいい限りだーこのやろー!!(笑)


小学校生活、本人はとても長いようだけど、私は毎日が一瞬で…!
「◯つ」って年齢を数えられるのも、次の誕生日まで!

もっともっと、子供時代のいまこの瞬間を、噛み締めないとなぁ。
0

2017/3/6  22:30

旧友再会weekend  

ママ友と飲んだり
子連れで遊んだり

そんな週末も楽しい。

けど、この土日は、
私のバックボーンを知る、
青春時代(!)を共にした友達と、たくさん会いました。

出会って18年になる、高校時代の部活の仲間と。

そして、大学時代からのITCの仲間と。こちらも、なんやかんやと10年以上の付き合い。

「ママ」でない自分を知る、昔からの友達と会えるのは、ホントに楽しかった!

既婚、未婚に関係なく、自分と同世代の友達と、飲んだり喋ったり、昔話に花を咲かせる時間は、何物にも変えられない一時だった。

30代半ばに突入してこそ、友達のありがたみが染みる。


職場と家と、保育園学童の往復で、息つく暇なく平日を、というか人生を駆け抜けていく中で、
出会ってきた人への感謝が強くなりました。


いろんな価値観や生き方に触れて、たくさん笑って、一気に10年前、15年前にワープしたような、懐かしい手触り。


時間は作らないとダメだ!

SNSや年賀状でやり取りするだけになりがちだけど、顔を付き合わせて会う時間ってホントに大事にしたい!!



誰にだって
人生が一気に動いていくときってある!

私も、いまが正にその時。

長男を出産して、育児人生に突入した時並の、ビッグウェーブきてます。

もがいてもあがいてもいいから、突き進めー私!

24歳の私より、経験値も増しているから、いけるはず!!


と、鼓舞する、そんな月曜日。


遊び呆けた反動、今日は仕事つらかったー(笑)


さぁ寝よう。
0

2017/3/4  23:39

まずは形から。  road to London


【書いて覚える楽しいフォニックス】



【Jolly Song (Jolly Phonics)】




赴任まで1年ある!というメリットを生かして、とにかく英語の学習を再開。
というか、子供たちに少しでも教えてから渡英したい!と思い、
フォニックスのテキストに着手。

「書いて」の方は長男、Jolly songは次男向け。

私が大学生のころにやったような、発音トレーニングや発音練習方法が載っていて、
あぁ、8歳からこれ知ってたら、もっと私も話せるようになったのだろうなぁと思う・・・。

長男は、意味わかんない!ってキレそうになるし、
私も我が子に対してはやはりいい「先生」にはなれず、怒ってばっかり。。
この調子で大丈夫か〜?!と思いつつも、とりあえず継続は力なり、頑張ってみます。

P=プ、b=ブ、のような発音体系は、すこ〜しわかった、のかな。

次男は、CDかけ流しておくだけで、まだ聞き取れる耳のようで、
all Englishの歌詞もところどころ口ずさんでいる!!!


うーん、やっぱり、モチベーションとして、「外国に行く」ってならないと、
うちの子たちは本気にならないようです。
ってか、私が。
次男はいまだに渡英の意味もわかってなさそうだし。


長男と一緒に、発音練習がんばるぞー
0

2017/3/2  20:44

山あり谷あり10年。  結婚生活

23歳にして、ほぼ勢いで結婚してしまってから(笑)、
あーーーっという間に10年が経ちました。

スイートテン!
ダイヤモンド!


のはずが。。

どこどこ?
いつくれんの?(;゜∇゜)


ニューカレドニアにまた行こうねって約束はどうなったんだ??


まぁ、たとえ買ってくれたところで、おいおい一体どこのお金使った?そんな大金どこにあったよ??
ってなるのは目に見えてますが<(`^´)>
悲しいかな、オサイフが一緒生活。。


この10年のうち、
dinks期間がほぼなくて、
ほとんどを子育てに費やし、
あれやこれやと手探りで、
それでも夫婦で乗り越えてきた10年。
お互いが長男長女であるせいか、けっこう真面目に、淡々と、時には冷たいほど冷静に、時には我を忘れるほど爆発して(これは私だけw)
どーにかこーにか、子供たちの成長とともに、夫婦として、家族として、成長してこられた日々だったなぁと思います。

特にここ2、3年は、私も仕事のギアをどんどんアップして、お互いの協力なしには生活も成り立たないほどに。
時間や精神的なゆとりは減った感じするけど、金銭面ではやっぱりゆとりがあり、週末をのんびり過ごすことで、うまくバランスとれるようになってきたような。
私も一人で出かける時間が増え、それこそ、10年前のゆとりが出てきたなぁと。

乳幼児を育てるのにヒーヒーしたり、ヘトヘトになったり、起こったり泣いたり、
それこそ育児を共にした「戦友」でもある旦那。

学生時代の交際期間を含めたら、もはや15年来の仲!
お互い年取ったね〜と笑いながらも、10代最後、20代、30代と、共に年を重ねてこられたのは、何よりの幸せです♪

これからの10年も、実りある人生になりますよう。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/2/11  6:55

頑張る自分を応援する  

毎朝お弁当×2を作っている私!

子供の送迎や病気対応も、ジジババに一切頼らず、夫婦でやりくりしてる生活×4年の私!

平日六時半お迎えから、整形外科通院をこなしてるよ!帰宅が八時前後で本当に辛いぜ私!そして子供も!

帰宅→手洗いうがい→キッチンに直行生活が当たり前だ!車から降りたらご飯食べるときまで座れない毎日だってへっちゃらな私!


と、自分を奮い立たせないとしんどくなってきた、この骨折通院生活。。
帰宅が遅いってのが、ほんとーーにしんどい。
子供いて日常的に八時帰宅とかだったら、生活崩壊しちゃう!ってくらいドタバタ。
ご飯つくって食べさせて 、風呂→寝かせる→私もできるだけ早く寝て体力温存。な毎日。

体力気力勝負の仕事なのもあり、持ち帰り仕事も家事も、ほぼ手付かずのまま、とにかく寝ることを優先しないと、1日もたない。。
加齢による劣化かしら?(笑)

それでも思うことは、私の体力がもたなくなる一方で、子供たちの体力はアップしているという事実。
食事づくりの間は、黙ってテレビみてリラックスしてるか、勉強やお絵かきして自分の時間を過ごしてくれる。
泣きわめいて抱っこ抱っこ、とか、足元にまとわりついて離れない、あーもうオンブしちゃえ!みたいな種類のしんどさがないゆえ、どうにか生活できてるかな、と。

帰宅して寝るまで、二時間もない日が続く長男。テレビもまともに見れず、勉強もみてあげられず、のんびりする時間がないのが可哀想で、もっと関わっていたいのになぁと思う私自身が、一番フラストレーション抱えてる。


早く早く!という毎日から、早く解放されてしまいたい、仕事辞めてしまいたい、と毎朝思うけど、いざ職場に行けば、身体は勝手に動き、あれもこれもやりたいなぁと思う。
お金だって必要だし、そう簡単に辞められる生活ではない!と頭ではわかってる。

息子の骨折治ったら、私の辞めたい病も治るかしら。


駅前のヒカンザクラも咲き始めた。春はすぐそこ?
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/31  17:52

つれづれ  

今日は、次男が嘔吐&発熱で、午前中のうちから早々と早退・・・

骨折長男の通院で遅刻早退を繰り返し、
次は次男の体調不良ときた・・・。

お正月なんてもはや遠い昔だけど・・
今月は冬休みも取り、まともに働いたか?ってくらい、迷惑かけっぱなし。

でも、子供にとっての母は、私しかいないんだ。

ここは、折ってはいけない芯として、まだまだまっすぐ伸ばしておきたいなと。

思いがけない早退で、子供たちも早々と帰宅。
のんびりと自宅で過ごす放課後、長男のリラックスする様子と言ったら。
そして何より、私自身がホッとしているのも事実(^-^;

骨折り息子の送迎や通院は、「思いがけない」負担となって、家族みんなに波及。
そりゃ、本人が一番不自由していることには違いないんだけど・・・
次男が調子悪いのも、昨日遅くまで通院に付き合わせたからってのもありそう。

時間に追われ、心理的にも追われ、結局「家事をしない」という選択肢をとるしかない。

今日はまだ火曜日だけど、折れそうな芯を立て直すのに、十分な休息を、私も取れたかな。


もうすぐ年長&3年生の息子たち、3年前とは比べ物にならないほど、手がかからない。
もう「小さい子供がいる」とは言えないところまで来ているのだけど、
生活「すべてのお世話」からは解放されたとはいえ、まだまだ「子ども」。

なんでだろう、「仕事」として、子供たちの世話をしたり、生活全般を共にするのは
全然苦ではなく、むしろ楽しさ満点なんだけど、
我が子となるとそうもいかず、鬼BBAになってる瞬間のほうが多そう。。。

「仕事」の間に我が子と離れて、学校や保育園が終わった息子たちと会うと、
それはそれで戦争スタートなんだけど、心からホッとする日々。

なんで我が子が乳幼児のころは、こんな風に「かわいいなー、成長すごいなー」って
手放しで喜べなかったのだろう、という若干の後悔も含まれながら、仕事と向き合う日々。

「こんなにかわいい時期なのに、仕事仕事で離れてたり、土曜日にほいほい預けたり、後悔しちゃうよ絶対!!」と声を大にして言いたい!!!!

のだけど、「ずっと一緒に居続けること」のつらさも、よーーーくわかる。。。

でも、これだけ成長してきた息子たちと一緒に過ごす日々は本当に楽しくて、
学童も延長保育も辞めさせて、家で夕方から夜はのんびりしたいなーーーと思ってしまいます。
学校に行ってる間だけの仕事でもいいんじゃないか?とか。
週末、仕事仕事で子供たち放置してるけど、もっと旅行行ったり思い出作らないと、
また後悔するんじゃないか?とか。


その「選択肢」があること自体、ぜいたくな悩みかもしれないけど

こうやって、体調不良やケガで、ふと自分も休みになるたびに、立ち止まってしまう私・・

まだまだ「働く母」としては、甘いかな〜
悩んでる暇あったら、働け!家事をしろ!といったところでしょうか。笑


ロンドンに行ったら、もう学童に行かない、やったー!と喜ぶ長男をみて、
ふと、あぁ、やっぱりママにはおうちにいてほしいんだな。と、気づいてしまいました。

でも、現実は「お金を稼いでくる=大人は働く」という社会構造にも気づいている長男。
こういう内面の成長はすごい。
彼なりに、いろいろ折り合いつけてるんだろうなぁ。
明るく振舞ってごまかすことも覚えた。
絵にかいたような元気な小学生。

4年生からは、のんびり・・・かどうかはわからないけど、
少なくとも仕事に追われてギャーギャーライフ、からは解放されるのか〜と思うと、
長男と同じポイントで、私も心が小躍りしていることに気づいてしまい(;・∀・)


なんとも複雑です。

どうやって消化していこう。
0

2017/1/29  23:00

あけまして2017  

もはや月1エントリーも難しくなってきてますが💦
バタバタと2017年が始まり、もう一か月が終わろうとしています。
大人の一か月って、一瞬だなーほんと。

今月、33歳になりました。
息子と旦那にプレゼントをもらい、たくさんお祝いしてもらえました♡
15回目のお祝いにして、初めて旦那から花をもらって、びっくり。

そして、長男が骨折。。。
本厄終わったとはいえ、まだまだ後厄・・・家族への災難は気をつけなきゃ、
という矢先。。西新井大師いったのにー。。

そしてそして、ついに。
旦那の長年の野望(?)が叶い、海外赴任が決まりました。
わたしにとって、12年ぶりの海外生活。
家族でロンドン移住(3年)に向け、やることが大幅に増えました。
ま、まだ何も着手してないけど。っていくのもまだまだ先だけど。


どうにかこうにか、駆け抜けてきたフルタイム母生活も、今年いっぱいになりそう。
それどころか、秋口には退職かなぁ。
仕事に未練がないと言ったらウソになるし、もう先が見えてしまった感が強くて、
どうにもこうにも、仕事へのモチベーションが高まらない。。。

あーもう辞めたいなぁ、でも息子たちも頑張ってるし、私も頑張ろう、、
割り切ってお金だって必要!仕事だって充実感たっぷり!
で切り抜けてきたところも、
放課後遊んだり、習い事したり、っていう「小学生の日常」を、
最後は満喫させてあげるべきじゃないか。
こんなに毎日「やりがい搾取」されて、どうにか気持ちでつないでたところも、
来年度は、年度末まで駆け抜けられないし、もういいかな〜
って、黒い影が迫ってきてるところが大きい。

ロンドンに行く

という事実は、到底変えられないものになっているし、
正直わたしも、海外生活楽しみだし、一緒に行けるなんてラッキーそのもの!
なーんて思っている。


このままあと11か月、続くのかなぁわたし。
それよりも、これから乗り越えなければいけない様々な課題、手続き、その他諸々、
あと1年でできるのかなぁ?と、漠然とした不安。


今年は、激動の一年になりそう。
0

2016/12/1  12:18

師走  

息子の持久走大会応援のため、休みを取ってみました。が、雨で明日に順延。☔
ぽっかりと空いた、ひさーーーーしぶりの平日休み!YEY一人休み!!

今日こそは「君の名は。」を見に行く!!!
と思っていたのに、ためまくった家事をこなし、こまごまとした整理整頓が気になりだし、
あれもこれもと手を付けているうちに、、お迎えまでに見られる回を逃してしまった。

これからまだ、買い物も済ませたいし、
なによりも、たまっている書類仕事、写真整理もやりたい。

あーーー、休みなんてあっという間。
平日働いている日もあっという間。
人生、あっという間です。


そして、気づいたら12月。
11月は、仕事を詰め込みすぎたせいか、最後の週末は発熱してダウン。。
講師依頼を受けていた仕事をドタキャンするというありさま。。。
健康第一だなーと痛感。

その躓きをカバーするために、、、この一週間は最悪だった。

早朝4時半から仕事仕事仕事、息子たちは完全に放置
いったい私は何やってんだーーー
毎日毎日ヨソの子供のために骨折りして準備して仕事して
休憩もままならない毎日でクタクタになって
帰ってきてもまだ残った仕事して家事は投げ出して旦那に丸投げし
絵本を読んでーとせがむ次男でさえはいはいはいとあしらい


と、黒い感情に蓋をして、どうにか12月を迎えました(^^;)
今日というお休みが、本当にありがたい。
今朝は完全にオフモードになってしまい、まさかの寝坊w
長男も起きてなくて、学校に送り出すのでさえドタバタww

きっと、この調子で、2016年が終わってしまうのでしょう。
わたし、今年なんかしたか??
っていうくらい、「手ごたえ」というか、「やりがい」的なものを、仕事ではあまり得られず。
とにかく毎日を回すのに必死でした。
あ、でもそれが「成果」かな。
毎日の生活を、「当たり前の毎日」としてキープするのって、努力をやめたらできないもんね。

と、自分で自分を讃えます。


11月は、どーにかこーにか、形だけでも七五三のお祝いもできたし、
週末は食べたいものをたべる!と、あちこち外食に出かけたり、
平日と土日のスピードに緩急つけて、どうにかここまでやってこられた。

毎日毎日、来る日も来る日も家でも仕事してる私を見て、
息子たちはどう思ってるんだろう??

ほとんど相手してないときも多くて、なんか申し訳ないなって思うんだけど、
私が何か書いたり作ったりしてると、次男も一緒にやるようになって、
「ママはお仕事していくらもらってるの?」なんて、長男は生意気な質問してくるようになって、
ちょっとずつ、「働いてる母」の背中をみている?と思うことも。

「いい背中」を見せられるよう、シャキッとしたいなーと思うのでした。

1




AutoPage最新お知らせ