2014/8/19

ダイエット食品にこんにゃく  

非常にこんにゃくはダイエットに適した食品だといえます。
ぷにぷにした独特の食感があるこんにゃくは、こんにゃくいもの地下茎をすりおろして固めてできた食品です。
食物繊維がたっぷりのこんにゃくんはダイエットに良い食品で、脂肪やコレステロールの吸収をゆっくりにする効果があるといいます。
グルコマンナンという成分は腸内をきれいにする効果もあります。
ダイエットにこんにゃくを中心に考えられた方法があるように、こんにゃくはダイエットにとって頼もしい存在であるといえるでしょう。

水が全体の成分の9割を占めているこんにゃくは、カロリーの低い食品です。
たくさん噛んで食べるとお腹がいっぱいになるので、低カロリーでもしっかり食べた感覚になるでしょう。
他の食品とも味があっさりしているのでよく合い、カロリーをおさえたさまざまなメニューを作ることができます。

ダイエットのためにこんにゃくだけを毎日食べるという過激な方法もよく知られています。
こんにゃくに依存するようなダイエットはNGです。
体を壊してしまうこともあるでしょうし、栄養もかならず不足してくるといえるでしょう。
摂取カロリーや栄養バランスなどをきちんと考慮して、計画的に利用ことが、ダイエット食品としてこんにゃくを使う場合には不可欠です。
0

2014/7/9

食事で体脂肪を減らして減量する  

体脂肪の減量には幾つかの方法がありますが、基本的なやり方はカロリーの調節です。
ですが、カロリーを減らすためにと食事の摂取量を大幅に減らしていると、体脂肪の減量がむしろ難しくなってしまうものです。
人間の体は、カロリーを摂取せずに痩せようとすると、筋肉から量が減っていきます。
ただし、筋肉量が落ちると新陳代謝も落ちてダイエットがしづらくなるので、食事制限のしすぎは考えものです。

体脂肪を減らすためにカロリー摂取量を制限したいという人は、成人が一日で必要とするカロリー量の8割が目安です。
年齢や一日の活動量によっても異なりますが、男性なら1,840kcal、女性なら1,440kcalくらいの食事をすることで、健康的な減量が可能です。
体脂肪をスムーズに減量するには、食事は抜かずに3回きちんととりましょう。

カロリー量も漠然と少なくするだけでなく、食事内容を調節することも大事です。
ただ脂質や炭水化物を抜くことでカロリーを減らすという方法は問題があります。
カロリー量を調節しつつ、3大栄養素や微量栄養素の確保はしっかり行うようにしましょう。

食事の時間帯や、食事にかける時間も重要な点です。
一日のうち、遅い時間に食事をするほど体脂肪が溜まりやすくにります。
夕飯は軽めに摂取する習慣をつけるようにしましょう。
体脂肪の減量をしたいのであれば、何をどれだけ食べるか注意をしましょう。
0




AutoPage最新お知らせ