受精能力

2012/7/3 
女性は100万〜200万個の卵子を持って生まれてくるが、そのうち75%は思春期までになくなる。
卵子は日々消滅するが、生き残ったものには 「出生時に創られた本来の遺伝的要素が含まれている」。
 これに比べ、精子はもっと頼りない。射精のたびに数百万個の新しい精子細胞が再生成されるが、
細胞が再生されるたびに、「遺伝コードにエラーが生じる確率が高まる」。
それら「新しい」精子には受精能力があったとしても、突然変異が含まれている危険性がある。
04年に刊行された『The Male Biological Clock』(男性の体内時計)の著者、ハリー・フィッシュ氏は、
「男性が年を取るにつれ、受精可能な精子はなくならないとしても、そのDNAの多くは異常である可能性がある。

検索にヒットしやすい商品
起業・フランチャイズ
介護福祉士
価格の裏側 ボウリング場編
価格の裏側 たばこと税金
園の選び方
起業・SOHO
海!!小田急で江ノ島へ
横浜大さん橋国際客船ターミナル
一般労働者派遣
0



AutoPage最新お知らせ